グラフィックデザイン

グラフィックデザインを独学で学ぶときの本の選び方とおすすめ本20選

この記事は、これからグラフィックデザインを独学で学びたい方へ向けて、どんな本を選ぶのかのポイントや、どんな本から順番に読んでいけばいいのかのアドバイスと、グラフィックデザイナーを目指す方へデザイン力が身ににつくのおすすめの本を20冊ご紹介していきます。

グラフィックデザインを独学するための本の選び方

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインの勉強したいんだけれど、いろんな本があって、どの本を選ぼうか迷ってしまうニャン。

先生
先生
教本選びはとても大事だよ。そして、デザイニャーの言うように、本の種類はたくさんあるよね。

自分に合った本を選ぶためのポイントは次の3つです。

・イラストが多くて、本に書いている内容が直感的に頭に入るもの

・勉強が長続きさせるために、その本を手に取るとやる気が出そうなもの

・その1冊で理論と実践の両方を学べるもの

知識ゼロからのグラフィックデザインの勉強はなにから始めたらいい?

先生
先生
ここでは、知識ゼロからグラフィックデザインの勉強をするには、何を勉強するべきについて、まずは大まかに分けると次の3つだよ。

・illustratorの操作方法

・Photoshopの操作方法

・デザインやレイアウトの勉強

先生
先生
デザインの本を選ぶときは、特に知識ゼロから目指す場合には、欲張って内容ぎっしりの本よりも、本の内容が薄くても一冊全部学べて達成感を得られるような本を選ぶことが、先生のおすすめかな。

デザイニャー
デザイニャー
初めから全部の機能を知る必要はないってことだニャン。

先生
先生
そして、図や写真が豊富に使われているフルカラーの本がおすすめだよ

デザイニャー
デザイニャー
まずは見やすくてわかりやすい本が良いんだニャ!

先生
先生
デザインをするためのソフトの操作方法と、レイアウトの考え方の両方をが身につければデザイナーとしての基礎はばっちりだよ。

グラフィックデザインの勉強の仕方の順番

先生
先生
そして、グラフィックデザインを勉強するために一番いい順番は次通りだよ。

・illustratorの操作方法

・Photoshopの操作方法

・デザインやレイアウトの勉強

デザイニャー
デザイニャー
さっきの何を勉強するべきと全く同じ内容だニャ!

先生
先生
そうなんだけど(笑)、この順番の理由は、流れ的に良いからなんだよ。illustratorは、グラフィックデザインをするときに一番大事でよく使うソフトだからね。次にPhotoshop。Photoshopはillustratorだけではできないことができるソフトなんだ。そして最後に、デザインやレイアウトの勉強をすることで、簡単なデザインができるようになるんだ。

デザインの考え方を学ぶことは、かっこいいおしゃれなデザインを作れる近道。簡単なデザインをつくれるようになってから理論を学ぶとより理解しやすい。

先生
先生
これから、先生がおすすめの本を紹介していくね!

illustratorのおすすめ2冊の本

先生
先生
illustratorの基本を学ぶのにおすすめの本は、次の2冊だよ。

・デザインの学校 これからはじめるillustratorの本

・illustratorはじめての教科書

デザインの学校 これからはじめるillustratorの本

 

先生
先生
まずは、超初心者向けのillustratorのおすすめ本は『これからはじめるillustratorの本』だよ。

デザイニャー
デザイニャー
中身をぱらぱらと見てみたけれど、かみ砕かれてillustratorの使い方の説明がされていて、とても分かりやすいニャン!

先生
先生
作例がいくつかあって、それを作りながらillustratorの基本の操作を身に着けることができる本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
実際に作っていくうちに習得できて、モチベーションもアップするニャン♪

illustratorはじめての教科書

先生
先生
この本も、初心者に向けてillustratorの基本操作の方法を解説している本で、実際に手を動かしながらillustratorの使い方を覚える手助けをしてくれる本だよ。

デザイニャー
デザイニャー
これさえ覚えておけば、というポイントを紹介してくれているニャン。

先生
先生
この本の最終目標のチラシ作成に向かって、順番に必要な操作を覚えていくというところが面白いところなんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
この本購入しようかニャン♪

Photoshopのおすすめ2冊の本

デザイニャー
デザイニャー
次はPhotoshop。ちょっと難しそうだけれど、良い本あるかニャ?

先生
先生
Photoshopを勉強するのにおすすめな本は次の2冊だよ。

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本

Photoshopはじめての教科書

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本

先生
先生
これからPhotoshopの基本操作を学びたい超初心者にぜひ手に取ってもいたい一冊だよ。

この本で

・写真の補正

・写真のトリミング

・写真の合成や加工

などを一通り学んだ後、ポスカードの作成がゴールになっています。

先生
先生
サンプルファイルもついているから、実際に手を動かしながら学習できるよ。

デザイニャー
デザイニャー
大きくて見やすい本だし、Photoshopの基礎を学ぶ最初に学ぶのに良いかもニャ!

Photoshopはじめての教科書

先生
先生
この本では、基本的なPhotoshopの使い方を中心として、この本の著者が初心者のころに知っておきたかったことや、Photoshopでわからなくて困っていたことなどの経験談が盛り込まれていて、興味深いんだよ。

・ドキュメントの作成の仕方

・編集範囲の選択

・画像の汚れやしみの消し方

・画像の明るさや色相の調整

・文字の入れ方

・画像のサイズ変更

といったPhotoshopの基本操作を学べます。

先生
先生
そして最終的には、ポストカードを作ることをゴールに設定されているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
Webからこの本の学習用のデータをダウンロードできるみたいだニャ。デザイニャーもポストカードをつくれるレベルまでできるようになりたいニャン!

デザインやレイアウトを学ぶおすすめ16冊の本

先生
先生
ここから16冊、とちょっと多いけれど、一冊一冊紹介していくね。

 

なるほどデザイン

・ノンデザイナーズ・デザインブック

・あるあるデザイン 

・ほんとにフォント 

・けっきょく、よはく

・やってはいけないデザイン

・デザインの基本ノート

・もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本

・クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本

・ロゴのつくりかたアイデア帖

・まねるだけで伝わるデザイン

・どうする?デザイン

・デザイナーじゃないのに!

・素人ですが、デザインしてみました。

・トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル

・トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル#2

なるほどデザイン

先生
先生
グラフィックデザイナー初心者、特に独学でデザインを学ぼうとしている人に一番おすすめしたいののが、この『なるほどデザイン』なんだ!

デザイニャー
デザイニャー
まず、表紙が印象的だよニャ。なぜか人間の顔が表紙にドン!と。

先生
先生
この本は、これまで紹介してきた本には載っていた、illustratorとかPhotoshop等のソフトの使い方については、説明されていなくて、どうやったらデザインが上手になるのか?ということが書かれているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
デザインの知識が詰まっている一冊なんだニャ!

先生
先生
そうだね。この本だけでなく、これから先紹介していく本は全部そうなんだけれどね。

デザイニャー
デザイニャー
デザインが上手になる知識って、例えばどんなことが書かれているのかニャ?ちょっとだけ教えてちょうだいニャン!

先生
先生
そうだねぇ。街に貼られたポスターとか、書店に行ったら本とか雑誌とかたくさん売られているじゃない?そういった日常的にあちこちの場所に存在する、デザインを作成していく上のコツとかポイントを、この本では実際のポスターや広告をたくさん紹介して、見ていて楽しめるように書かれている本、というところかな。

デザイニャー
デザイニャー
なんだか今の話をちょっと聞いただけでワクワクしてきたニャン!

先生
先生
初心者や独学でデザインを学ぼうとしている人だけでなくて、ある程度デザインの知識があるデザイナーにも活用できるような、デザインのテクニックとかポイントについても解説されているから、この本は、大人気でね、世の中のデザイナーで、この『なるほどデザイン』という本を知らない人はいないくらいなんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
へぇー!そんなに価値ある本なんだニャ!そんなにすごい本なのに、お手軽価格で買えちゃうところがたまらないニャン!!

先生
先生
デザイニャーや、この記事を読んでくださっている皆さんにぜひぜひ手に取ってもらいたい、超おすすめ本です‼

ノンデザイナーズ・デザインブック

先生
先生
続いて、世の中のデザイナーが一度は読んでいるという『ノンデザイナーズ・デザインブック』の本も超おすすめしたい本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
タイトルに『ノンデザイナーズ』と書いてあるということは、デザインが本業ではない人にも向けた本ということかニャ?

先生
先生
そうだね。元はデザイナーではない人に向けて書かれた本だから、難しい専門知識もなく、読みやすく説明されていながら、体型的に勉強できる本だよ。

デザイニャー
デザイニャー
写真や図がたくさん載っていて、初心者でもわかりやすく書かれているニャン。これなら買っても損はしないかんじだニャン。

あるあるデザイン

先生
先生
『あるあるデザイン』という本は、タイトルのように、こんなデザイン見たことあるよね!っていうような、あるあるなチラシとかポスターなどの広告のデザインんがたくさん紹介されている、おすすめの一冊だよ。

デザイニャー
デザイニャー
この本もぱらぱらと見るだけで楽しいニャン♪

先生
先生
いろいろなデザインの引き出しについて教えてくれている本で、いろんな要素や組み合わせなどいろんな手法があるよと教えてくれていて、ページをめくっていくのが楽しいんだ。!

デザイニャー
デザイニャー
この本も欲しい一冊だニャン。

ほんとにフォント

先生
先生
この本は、フォントの勉強をしたいんだけれど、難しそう!と思っている方におすすめの本だよ。

デザイニャー
デザイニャー
デザイニャーもフォントっていろいろありすぎて難しそうだなぁって、苦手意識があるニャン。

先生
先生
そうだね。でもフォントってとても大事で、どういう目的や雰囲気の広告に対して、どのフォントが合うのか?とか、全体的な要素のレイアウトの仕方が実践的に説明されているから、初心者のデザイナーに向いている本だと言えるよ。

けっきょく、よはく

先生
先生
この本も最近人気の本で、「余白」を意識したデザインを勉強するのにとてもいい本だよ。

デザイニャー
デザイニャー
素人ほど、余白をつくらず、埋めてしまおうとしがちだとはいうけれどニャ。

先生
先生
そうかもしれないね。この本は、ポスターやフライヤーをはじめ、名刺やパッケージ、冊子などのデザインについて解説されているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
新人デザイナーのNGなデザインと、先輩デザイナーのOKなデザインと比べることができるところが、わかりやすいニャン。

先生
先生
最近流行のシンプルなデザインであったり、ミニマルなデザインなどを学びたい人に最適な一冊だよ。

やってはいけないデザイン

 

先生
先生
次は、『やってはいけなデザイン』。この本は、デザイナーが本業ではないんだけれど、自分でデザインをしなくてはならないという人に向けて、こんな風にはやってはいけないよというポイントがまとめられている本だよ。

デザイニャー
デザイニャー
もちろん、独学でプロを目指すデザイナーの卵が読んでもためになる本なんだよニャ。

先生
先生
どうしたら失敗ではないデザインを作ることができるのか、ビフォーアフターでどこをどうして改善できるのかのポイントが解説されているんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
ニャるほど!これはわかりやすいニャン。

デザインの基本ノート

 

先生
先生
この本も、これからデザインを学んで身に着けたい人や、プロとして自信がない人に向けた、これ一冊でデザインの知識が身につく!という本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
デザイナーとしての心構えや現場で使える知識が詳しく書かれているみたいだニャン。

先生
先生
デザインの仕方の基礎知識や作品例を使って、実践的に解説されているから、デザインの仕事について理解しやしくて、とても勉強になる一冊だよ。

もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本


先生
先生
この本は、先生が特におすすめするデザイン本だよ!

デザイニャー
デザイニャー
タイトルからみると、クイズ形式でデザインやレイアウトを学べる本、というところかニャン。

先生
先生
そう!ポスターとかフライヤーなどの作例が2つ用意されていて、どちらが良いデザインなのかをクイズ形式で楽しみながら学べる本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そのクイズの作例がまた見ごたえのあるデザインで、見るだけでも楽しくて刺激になるニャン。

先生
先生
デザインの目的に対して、どちらの表現方法が適切かということを、作例を見比べながら体験することができるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
でも、クイズに正解することはできても、実際に自分に実践できるのかといえば、今の自分にはまだ自身がないニャン。

先生
先生
それができるようになるかは、本人の努力次第だよ。この本は、いろんなデザインの参考になるし、デザインの基本や原則みたいな基礎についても解説されているから、デザイン初心者にもおすすめの一冊だよ。

クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本


先生
先生
この本もおすおすめだよ!

ロゴのつくりかたアイデア帖


先生
先生
この本は、名の通り、ロゴの作り方のアイデアについて書かれた本だね。

デザイニャー
デザイニャー
ロゴ作るのって難しそうで、尻込みするニャン。

先生
先生
この本はそんな方に向けて、基本から実践までわかりやすく丁寧に書かれているんだ。ロゴの基礎知識から始まって、架空のオーダーが設定されて、実際にロゴ制作のステップ、そしてプレゼンのテクニックまで、一冊ロゴの制作における、いろんなノウハウが身につくんだ。

デザイニャー
デザイニャー
作例がバリエーション豊富だし、見ただけで楽しそうな本だニャン。

まねるだけで伝わるデザイン

デザイニャー
デザイニャー
自分でいざデザインをつくってみて、素人っぽいデザインになってしまったり、なんとなくあか抜けない、ダサいデザインどう直せばいいのかわからない、とか、そういう悩みを持った初心者デザイナーって多いんだよニャ。

先生
先生
うんうん。最初は誰だってそういうもんだよね。そこでこの『まねるだけで伝わるデザイン』という本では、そういったデザイナーのために、わかりやすく、手短に、そして難しくもなく優しく教えてくれるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そういったありがちな悩みをなくして、デザインするのって楽しいな!という気持ちにさせてくれるんだニャ!

先生
先生
チラシやポスター、名刺にDMなど、プロが知っている基本とコツを教えてくれて、初めての人でも真似て作ることで、プロっぽいデザインがつくれるようになれるという本で、先生もおすすめの一冊です。

どうする?デザイン

デザイニャー
デザイニャー
「かわいく」「おしゃれに」「シンプルに」「かっこよく」とか、デザインを作るときにクライアントから、要望されるけれど、受け止め方って様々あるからニャー。

先生
先生
そうだね。あとからクライアントが要望されていたことと、デザイナーの受け止めたことのズレに後で気が付くってことも無きにしもあらずだからね。

デザイニャー
デザイニャー
この『どうする?デザイン』という本では、そういったことにならないように、どうすればいいのかを解説されているものなのかニャン。

先生
先生
そうだね。この本では、架空のデザイン案件をもとに、そういう風なトラブルにそなえて、クライアントとどんなやり取りをすれば、クライアントの要望に的確に答えたデザインを作っていくことができるか、クライアントとデザイナーの会話をベースに、解説しているという、面白い本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
へぇ。それは画期的な本だニャン!

先生
先生
ヒアリングからはじまって、ラフ、提案、修正、校了まで、本番さながらに解説されているので、クライアントとのコミュニケーションの仕方も理解できるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
この本を一冊読むことで、クライアントからの要望に的確にこたえられるデザインを、よりスムーズに進められるようになるってことだニャン。

デザイナーじゃないのに!

先生
先生
この本の面白いところは、デザインの基本を漫画でわかりやすく解説されているというところなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
えっ、これもまたこれまで紹介されていた本はまた違う、斬新な本だニャン!

先生
先生
この漫画の主人公は、デザイナーでもないのに、パソコンを使えるってだけで、上司からチラシデザインの仕事を頼まれて、どうにかチラシを作り上げるんだけれど、デザイン経験のない主人公が作ったデザインは、言い方が悪いんだけれど、「ダサい」・・・(汗)そこで、デザインが得意な先輩から、デザインの基本を教えてもらうようすが漫画で描かれているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
デザイニャー、まずはこれから読んでみようかな♪

素人ですが、デザインしてみました。

先生
先生
この本も、さっきの『デザイナーじゃないのに!』と似ていて、漫画でデザインの基本をわかりやすく書かれてるんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
カフェでアルバイトを始めた主人公が、オーナーに頼まれて、カフェのメニュー作りに挑戦するところから始まるようだニャ。フムフム。

先生
先生
チラシとかDMとか見栄えよく作りたい非デザイナーみたいな人向けの本でね、デザインのコツを一つずつ学んでいく様子が漫画で描かれているから、わかりやすいし、面白いんだよね。

デザイニャー
デザイニャー
非デザイナーのような人に向けたデザイン入門書だニャン。

トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル

先生
先生
最後に『トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル』!!この本では、デザインの練習ができちゃうドリルみたな本でね、題材、素材、テキスト、完成見本のデータをパソコンでダウンロードすることができて、手を動かしながらデザインの技術の基本を学ぶことができちゃう本なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
頭ではわかっていても、いざ作るとなるとなかなか上手にはできないというのは、デザイン初心者にありがちだニャ!デザイナーもそうなように。

先生
先生
それができないのは、「やったことがないから」。誰だって、経験したことがないのに突然デザインができる!だなんて、天才でもない限りできないもんだよ。この本で実際に手を動かしながら完成見本を「トレース&摸写」で学んで、楽しくデザインの基本技術を学んでいけたら良いと思うでしょ。

トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル#2

先生
先生
そして、『トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル#2』も発売されているよ

デザイニャー
デザイニャー
この本もお買い上げするニャン!
グラフィックデザインを独学で身に着ける方法【王道は本で学ぶ】グラフィックデザイナーになるのは、スクールに行かなくても大丈夫!この記事では、独学でグラフィックデザイナーになりたい人へ向けて、勉強法を詳しく解説しています。...
【未経験で独学でもOK】グラフィックデザインの勉強方法について解説この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザイン未経験で独学で学びたい方 ・独学でグラフィックデザイン...

まとめ

ここまで以下のことについて解説し、全部で20冊の本を紹介してきました。

・知識ゼロからのグラフィックデザインの勉強はなにから始めたらいい?

・グラフィックデザインの勉強の仕方の順番

・illustratorのおすすめ2冊の本

・デザインの学校 これからはじめるillustratorの本

・illustratorはじめての教科書

・Photoshopのおすすめ2冊の本

・デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本

・Photoshopはじめての教科書

デザインやレイアウトを学ぶおすすめ15冊の本

なるほどデザイン

・ノンデザイナーズ・デザインブック

・あるあるデザイン 

・ほんとにフォント 

・けっきょく、よはく

・やってはいけないデザイン

・デザインの基本ノート

・もっとクイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本

・クイズで学ぶデザイン・レイアウトの基本

・ロゴのつくりかたアイデア帖

・まねるだけで伝わるデザイン

・どうする?デザイン

・デザイナーじゃないのに!

・素人ですが、デザインしてみました。

・トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル

・トレース&摸写で学ぶ デザインのドリル#2

デザイニャー
デザイニャー
どれもこれも良さそうな本ばかりで、実際に買おうと思っている本も何冊もあるニャン。

先生
先生
たくさんあるから混乱するかもしれないけれど、まずは一つ一つ本で学んで、デザインの考え方や技術を身に着けていってほしいよ。