グラフィックデザイン

グラフィックデザインを独学で身に着ける方法【王道は本で学ぶ】

この記事では、大学やスクールに行かないで、グラフィックデザイナーになりたいあなたへ向けて、グラフィックデザインとは何かからに始めて、独学でもグラフィックデザイナーになるためにはどうしたら良いかについてを詳しく解説していきます!

グラフィックデザインとは

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインってなんだニャ?

先生
先生
グラフィックデザインというのは、次の6つのことを手掛ける仕事だよ。

・ポスター
・カタログ
・商品のパッケージ
・雑誌の表紙
・書籍の装丁
・看板

先生
先生
グラフィックデザイナーは、主にデザイン事務所や広告制作会社、企業の商品開発部や広告宣伝部等で活躍しているんだ。

モノ作りが好きな人だったら、グラフィックデザインはその楽しさを存分に味わえる仕事で。自ら作った作品が世の中で反響が大きければ、クライアントから高く評価され、それによって大きな達成感を感じることができます。

デザイン初心者でも独学でグラフィックデザイナーになれる!

デザイニャー
デザイニャー
これからグラフィックデザイナーになりたいと思っているんだけれど、本当に独学でもなれるのかと思うと胸がモヤモヤするんだニャン…。

先生
先生
そうなんだね。そんなデザイニャーみたいな人たちに朗報! 結論から言うと、今までデザインにまったく触れていなかった人でも、グラフィックデザイナーになることはできると、先生は個人的に思うよ!

特別な資格がなくてもグラフィックデザイナーになれる

グラフィックデザイナーとして働くためには、プロの資格はなくても、グラフィックデザイナーであることを名乗ること自体は自由で誰にでも可能です。

先生
先生
とはいっても、堂々と自他共に認められて、プロのグラフィックデザイナーだと言えるようになって、安定した収入を得られるようになるためには、知識やスキル、経験などいろいろと身につけなければならないものはあるよ。

デザイニャー
デザイニャー
一人前のグラフィックデザイナーとして食べていけるようになるには、それなりの労力が必要なんだニャ!

美大や専門学校に行かなくてもグラフィックデザイナーにはなれる

先生
先生
そして、美大や芸大とか、デザイン系の専門学校を卒業していないと、グラフィックデザイナーにはなれないのかというと、そんなことはないよ。

デザイニャー
デザイニャー
でもそういうスクールに通っていないと知識や技術を身に着けるのには、時間がかかりそうだニャン。

先生
先生
そうだね。独学で学ぶのには、しっかりとした覚悟は必要だよ。
グラフィックデザインスクールあなたに合ったおすすめのスクールご紹介この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいけれど、どんなスクールがあるか知りたい ...

グラフィックデザインを独学で学ぶ5つのポイント

グラフィックデザインを独学で学ぶためのポイントは次の5つです。

・目標や目的を明確に立てる
・いつまでに達成するか決める
・グラフィックデザインの現状を正しく理解する
・デザインの王道は本で学ぶ
・実際に手を動かして実践する

一つずつ掘り下げてみましょう。

目標や目的を明確に立てる

デザイニャー
デザイニャー
デザインができるようになりたいと思ってるんだけれど、どうやって勉強していけばいいのかわからないニャン。

先生
先生
それは、目標が曖昧だからだね。独学でグラフィックデザイナーを目指すのであれば、まずは具体的な目標や目的を決めよう。どんなグラフィックデザイナーになりたいのか、オリジナルのグッズ、例えば、TシャツをデザインしたいでもOKだよ。

デザイニャー
デザイニャー
デザインのスキルで実際に成し遂げたいことを決めるんだニャ!

さらに、

・こんなテイストのデザインをつくれるようになりたい!
・デザインのスキルを使って、こんな活動をしたい!
・アーティスト系にデザイナーになりたい!
・職人系デザイナーになりたい!

というように、目標を明確化してみましょう!

ただ漠然と勉強するよりも、デザインのスキルが身につくスピードも速くなりますよ!

目標をいつまでに達成するのかを決める

デザイニャー
デザイニャー
スクールに通っていたら、目標を卒業までに設定できるけれど、独学でグラフィックデザインを学ぶとなると、そうはいかないわニャン。

先生
先生
目標や目的を明確にしたら、いつまでに達成するのかを決めておこう。

デザイニャー
デザイニャー
デザイニャーはミュージシャンだから、3ヶ月後のライブのポスターを制作する、とかだニャン。

先生
先生
具体的に日時が決まっていたら、モチベーションを保って、グラフィックデザインの勉強を進めることもできる。

デザイニャー
デザイニャー
そうなったら、やるしかないと腹をくくって自分んを追い込むことができるニャン。

先生
先生
そして、実力がついてきて、グラフィックデザイナーとして就職するのであれば、実際にグラフィックデザインの求人を転職サイトなどで探して応募してみるといいよ。

デザイニャー
デザイニャー
それはいきなりだニャン!

先生
先生
独学でグラフィックデザインのスキルを身に着けようとしても、時間だけが過ぎてしまって、いつまでも挑戦できないのはよくないよね。自分のデザインスキルを客観的に診てもらうためにも、実際に転職サイトで応募して、プロのグラフィックデザイナーにデザイニャーの作った作品を見てもらうという意味で、大きなメリットになるかもしれないでしょう。

いつまでもチャレンジできないまま、時間だけが過ぎていくのを避けるためにも、プロのデザイナーに自分の作品を見てもらうという意味でも、転職サイトでグラフィックデザインの求人に応募してみよう!(うまく採用してもらえればメッケもん)

グラフィックデザインの現状を正しく理解する

先生
先生
そして、グラフィックデザインを職業にしたいなら、今のグラフィックデザイナーの需要や現状、そして将来性についてもよく知っておく必要があるよ。

デザイニャー
デザイニャー
今現在のグラフィックデザインの動向や求められるスキル、そして新しい技術も出てくるから、よく調べておくことにするニャン!

デザインの王道は本で学ぶ

 

デザイニャー
デザイニャー
独学でデザインを学ぶのであれば、本が強い味方なんだニャン!

先生
先生
そうだね。独学でデザインを本気で学びたいのであれば、本はデザインの王道を教えてくれる強い味方になるね。デザインの基本を知っているのと知らないのでは、作り出す表現の幅に雲泥の差が生まれるんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
もう、自力でやれるところまでやるしかないニャン!

先生
先生
今は本に加えてインターネットによってデザインの知識を、格安であったり無料で学ぶことができるから良い世の中になったよね。

デザイニャー
デザイニャー
自力でやってみてから、限界を感じたらスクールに通うことも検討すればいんだよニャ!

実際に手を動かして実践する

先生
先生
そして、実際に手を動かしてデザインをたくさん作ってみよう。

デザイニャー
デザイニャー
デザイニャーにはまだそんな自信がないニャン。

先生
先生
まずは良いと思うデザインを真似してみることだよ。

①良いと思うデザインがどこが良いのか箇条書きにする。
②その要素を取り入れながらマネしてポスターやロゴなどを作ってみる。

先生
先生
最初はうまく作れないかもしれないけれど、とにかくたくさん作品を作ってみて、問題を見て、それを改善していく。こうして繰り返していくことによって、デザイン力が上達していくよ。

マネするデザインを見つけるおすすめ本は次の2つです。

勉強しながら作品を作っていくことが大事!

グラフィックデザインを本で学ぶ【おすすめ4選】

先生
先生
ここではデザインを独学するのにおすすめの本を紹介するよ。

1.まずはグラフィックデザイナーの心構えを学ぶ

・何から勉強していいのかわからない人
・まずデザインとはについて押さえておきたい人
におすすめ

2.デザイン初心者に読んでもらいたい本

・デザインの良い悪いが説明できるくらいにわかりたい人
・デザインをこれから学ぶ人
におすすめ

3.デザインの基礎を本で学ぶ

・楽しみながらデザインを学びたい人
・プロのデザイナーがどうやってデザインしているのかその思考を知りたい人
におすすめ

4.グラフィックソフトの操作方法を学ぶ

・illustratorとPhotoshopを使えるようになりたい人。
におすすめ

グラフィックデザインを独学で学ぶときの本の選び方とおすすめ本20選これからグラフィックデザインを学んでいこうとするために、すごく参考になる本を、20冊ピックアップして、ご紹介しています。初心者デザイナーさん、独学で学ぼうとされている方、そして、デザイナーじゃないんだけれど、仕事でデザインをつくることになってしまった、という方におすすめの記事です。...

作った作品を発信する

先生
先生
力がある程度ついてきたら、作ってみた作品をネットで発信して、たくさんの人に見てもらうというのも良いと思うよ。

デザイニャー
デザイニャー
なんだか勇気がいりそうだけれど、身がひきしまるし、どんな反応が返ってくるか緊張するけれど楽しそうだニャン。

先生
先生
人に見てもらうことで、デザインスキルの成長がスピードアップするかもしれないよ!

クラウドソーシングを利用する



先生
先生
そして、クラウドソーシングに登録して利用するのもおすすめだよ。

クラウドソーシングとは、仕事をしてくれる人を募集している企業と、仕事が欲しいクリエイターをオンラインでつなぐサービスのこと。

先生
先生
クラウドソーシングをおすすめするのは、練習過程がお金になることもあるかもしれないからなんだ。。

デザイニャー
デザイニャー
ニャ、ニャニ!

先生
先生
そしてクラウドソーシングの良いところは、すごくリアルな感じで仕事を体験できるところなんだ。

クラウドソーシングにもいくつかありますが、CrowdWorks
は有名で案件も豊富。

先生
先生
クラウドソーシングといえば、ライターというイメージが強いかもしれないけれど、デザインの案件も多いし、コンペ方式での案件だったら、ほかのデザイナーの作品も見ることができて、刺激にもなるし、学びも多いよ。
【未経験で独学でもOK】グラフィックデザインの勉強方法について解説この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザイン未経験で独学で学びたい方 ・独学でグラフィックデザイン...
あなたも独学でグラフィックデザイナーになれる効果的な勉強方法を解説この記事は次のような人のために書きました。 ・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、独学の勉強方法を知りたい ・グ...

まとめ

先生
先生
ここまでたくさん学んできたね!
まとめ

・グラフィックデザインとは
・デザイン初心者でも独学でグラフィックデザイナーになれる!
・特別な資格がなくてもグラフィックデザイナーになれる
・美大や専門学校に行かなくてもグラフィックデザイナーにはなれる
・グラフィックデザインを独学で学ぶ5つのポイント
・目標や目的を明確に立てる
・いつまでに達成するか決める
・グラフィックデザインの現状を正しく理解する
・デザインの王道は本で学ぶ
・実際に手を動かして実践する
・グラフィックデザインを本で学ぶ【おすすめ4選】
・1.まずはグラフィックデザイナーの心構えを学ぶ
・2.デザイン初心者に読んでもらいたい本
・3.デザインの基礎を本で学ぶ
・4.グラフィックソフトの操作方法を学ぶ
・作った作品を発信する
・クラウドソーシングを利用する

先生
先生
グラフィックデザイナーになると決めたら、とにかく手を動かして早く実践に移すことだよ。

デザイニャー
デザイニャー
やると決めたらやるしかない!独学であっても、頑張るニャン!