独学デザイン入門

グラフィックデザインの平均年収を詳しく解説【年収アップの方法も】

この記事は、次のような人たちのために書いています。

・グラフィックデザイナーになりたくてどれくらいの年収なのかを知りたい。

・スキルアップして年収をアップさせる方法を知りたいグラフィックデザイナー。

この記事を読んだら、

・グラフィックデザインの平均年収

・会社員デザイナーの平均年収

・フリーランスデザイナーの平均年収

・年代別のグラフィックデザイナーの平均年収

・グラフィックデザイナーの年収をあげる方法

などがわかるようになります。

どうぞ最後までご覧になってください。

グラフィックデザイナーの平均年収

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザイナーの平均年収ってどれくらいなのかニャン?

先生
先生
グラフィックデザイナーの年収は、日本の平均年収よりも低い傾向にあるんだよ。

グラフィックデザインの仕事の平均年収は約424万円。

月給にすると35万円で、初任給は21万円くらいが相場になっています。

派遣社員やアルバイト・パートの平均時給はそれぞれ 1695円、1011円。

正社員の給料分布でもボリュームが多いところで359414万円といったところで、グラフィックデザイナーの平均年収の424万円は、このゾーンよりも高い水準にあります。

全体の給与幅をみてみると、304742万円というように比較的広くなっているので、同じグラフィックデザインの仕事でも、その勤務先や経験、そして求められるスキルによっても年収には大きな差があると言われています。

会社員グラフィックデザイナーの平均年収

先生
先生
会社員グラフィックデザイナーの平均年収を詳しく話していくよ。

転職・求人サイトDODAが調査した「平均年収ランキング2019を参考に解説していきます。

会社員グラフィックデザイナーの平均年収は、335万円です。

クリエイティブ職種全体の平均年収は377万円なので、そこからみるとグラフィックデザイナーの年収はやや低めであると言えます。

クリエイティブ職種の中で比較的年収が高いのは、クリエイティブディレクターやアートディレクターが465万円で、ウェブプロデューサーやディレクターが446万円になっています。

デザイニャー
デザイニャー
どうやら、デザイナーからキャリアアップして、管理職や責任者になると、収入が明らかにアップするようだニャン。

また、勤め先の会社の規模によっても年収に差が出るようです。

厚生労働省が2019年に公開した賃金構造基本統計調査によると次のようになります。

・社員数100人未満・・・平均年収407.1万円

・社員数1000人未満・・・平均年収402.8万円

・社員数1000人以上・・・平均年収512.1万円

(統計データはデザイナー全体の平均年収)

デザイニャー
デザイニャー
大企業になると年収が大きく伸びているようだニャン!!

先生
先生
これは、毎月の給料が増えるというだけでなくて、ボーナスなどの特別給与の支給額が大きいところなんだ。

社員数100人未満の会社で働くグラフィックデザイナーのボーナスが41.7万円なのに対して、社員数1000人以上の大企業で働くデザイナーのボーナスが88.1万円と倍以上になっています。

また、大手広告代理店で働くグラフィックデザイナーのやり手の中には、年収1000万円を超えることもあります。

フリーランスのグラフィックデザイナーの平均年収

先生
先生
次は、フリーランスのグラフィックデザイナーの年収をみていこう。

クラウドソーシングサービスのランサーズの調査によると、フリーランスのグラフィックデザイナー全般の平均年収は、300万円から400万円ほどです。

先生
先生
この数字の中には本業だけでなく副業として働いているグラフィックデザイナーもいるようなんだ。

会社で働きながらフリーランスの仕事をするというダブルワーカーのグラフィックデザイナーは、本業の収入と合わせた年収は高くなることが多いようです。

デザイニャー
デザイニャー
本業で身につけたグラフィックデザインのスキルを副業でアウトプットできるから、効率的にスキルアップできるんだろうニャン。

クラウドソーシング大手のクラウドワークスが公開しているデータでは、クラウドワークスのサービス利用者で月収20万円を超えているのは、2015年のデータによると111名と出ています。

デザイニャー
デザイニャー
やっぱり副業で稼げるグラフィックデザイナーは少ないってことかニャン。

しかし、大きな案件を引き受けるようになると、年収700800万円稼いだり、中には1000万円を超えるグラフィックデザイナーもいます。

フリーランスで働くには、諸経費や年金・健康保険なども全額自己負担しなくてはいけないので、実際の手取りは同じ年収の会社員よりも少なくなっています。

先生
先生
フリーランスとして働くには、そういった支出も計算に入れることも頭に入れておこう。

年代別のグラフィックデザイナーの平均年収

先生
先生
次は、年代別のグラフィックデザイナーの平均年収をみていこう。
  • 20代:296万円
  • 30代:356万円
  • 40代:389万円
  • 50代~: 414万円

デザイニャー
デザイニャー
20代では300万円にわずかに届いていないし30代から50代になるにつれて少しずつ伸びている感じなのかニャン。

20代や30代の若年層の場合は、グラフィックデザイナーとしての経験が少ないので、アシスタントとして修行をかねている採用形態が多いので、収入は一般的な会社員よりも少ない数字になっています。

そして、一般的な職種と違って年齢を重ねていっても収入はそう大きな伸びをしないところもグラフィックデザインの仕事の特徴です。

先生
先生
グラフィックデザインの仕事は、年齢を重ねた分だけ比例的に収入が上がるのではなく、経験や実力がものをいう職業ということだよ。

グラフィックデザイナーの年収を上げる方法

デザイニャー
デザイニャー
年齢に応じた収入アップがみられないことがわかったけれど、なんとか年収をあげる方法がないのかニャン?

先生
先生
あるにはあるよ。グラフィックデザインの仕事をしながら収入をアップさせるには次の4つの方法があるよ。

経験を積みながらスキルアップする

他の会社に転職する

フリーランスとして独立する

・副業で働く

経験を積みながらスキルアップする

グラフィクデザインの仕事は実力主義なので、経験と実績を積みながらスキルをあげることが、グラフィックデザインの業界で年収をあげることに繋がります。

グラフィックデザインの実力が一定以上身に付いたら、会社でも評価が上がって、収入アップや昇進に繋がります。

デザイニャー
デザイニャー
年収をアップさせるためにデザインスキルを伸ばすにはどうしたらいいのかニャン?

先生
先生
デザインスキルを伸ばす方法は、次の3つです。

・インプットする

・良いデザインを模写する

・時間管理する

これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...

インプットする

デザインをするには、原則や理論があって、それらを学んで実践することで、デザインのスキルを伸ばすことができます。

普段から時間があるときにデザインに関する本を読んで、インプットしたり、良いデザインをよく見てインプットしましょう。

良いデザインを模写する

デザインスキルを伸ばすには、良いデザインを模写することも重要です。

先生
先生
もちろん納品するデザインを作るのに、他のデザインをパクったりするのはNGだけれど、良いデザインを模写しながら分析することは、デザインスキルを伸ばす力にはなるよ。
【デザイン力アップ】効果のある模写のやり方とコツについて徹底解説 デザイン力をつけるために模写することのメリット ...

時間管理する

時間管理をすることもデザインスキルを伸ばすのに大切な要素です。

先生
先生
どうしても忙しい時もあるだろうけれど、残業や徹夜をしての作業は、疲労と眠気で、仕事の効率を低下させるから、できるだけ避けた方がいいよ。

仕事には時間の余裕を持たせて期限を早めに設定することで、集中力を高めることができ、効率的と言えます。

時間管理をして効率をアップさせるとスピーディーに仕事を進めることができますし、浮いた分の時間をデザインのブラッシュアップに当てることができて、作品の完成度が上がり、良いことばかりです。

他の会社に転職する

今の会社よりも大きな会社へ転職することで、実力次第で大幅に収入がアップすることもあり、待遇が良い環境でデザインの仕事をすることができるかもしれません。

先生
先生
うまくいったら、100万円近い年収アップも見込めます。

デザイニャー
デザイニャー
えぇっ‼︎100!?

また、インハウスデザイナーを目指すのも一つの手です。

インハウスデザイナーとは、企業の広告宣伝部や商品開発部などに所属しているデザイナーのことで、自社製品やサービスなどのデザインを行っています。

インハウスデザイナーを雇っている企業は、大企業であることが比較的多くて、待遇も良いこととも多いです。

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインからWebデザインの仕事に転職するデザイナーも多いみたいだニャン。

先生
先生
グラフィックデザインの仕事での経験をWebデザインの仕事で活かせることが可能だからね。

Webデザインとは、一言で言うと、Webサイトのデザインを行う仕事で、配色や文字の配置などといった、グラフィックデザインのスキルを大いに活かすことができます。

グラフィックデザインの経験は、Webデザイナーやプロダクトデザイン、そしてUI/UXデザインなどでも活かすことができます。

そしてHTMLCSSなどといったマークアップ言語を学んでおくと、自分のWebサイトを作ることができるようになります。

先生
先生
グラフィックデザインのスキルに加えてマークアップのスキルを身につけられたら、転職活動が非常に有利になるんだ。

また、フリーランスのデザイナーの場合でも、プログラミングスキルがあったら、Webサイトの制作の仕事も受注しやすくなります。

Webデザイナーになるのであれば、転職をサポートしてくれるスクールもあり、転職のことに関する相談や面接対策などを行ってくれます。

そして転職のメリットは、年収アップだけではなく、労働単価が低かったり、残業や休日出勤が多いなどの仕事の環境が改善されるかもしれないということや、人脈が広がったりして、フリーランスとして独立した時に役立つこともあります。

フリーランスとして独立する

先生
先生
フリーランスとして独立することも、年収アップに繋がることもあるよ。

会社員と違って、自分の実力がそのまま収入に反映されます。

フリーランスとして独立することで、実力や努力次第で年収がアップするので、大きなやりがいを感じられるでしょう。

売上から経費などの諸経費を差し引いた報酬が、全部自分の収入になります。

先生
先生
だから、実力や経験があるグラフィックデザイナーは、年収が1000万円を超えることもあるよ。

デザイニャー
デザイニャー
でも、仕事が取れなくて収入が安定しないこともあるから、フリーランスとして独立するには、覚悟が必要でもあるよニャン。

フリーランスとして独立したいなら、会社員時代からの仕事での人脈を広げておくことがとても大切で、同じフリーランスとのネットワークにも入って、情報交換や相談しあえる関係を気づくことが大切です。

自分が忙しい時には仕事を他の人に回して、逆に別のデザイナーからのヘルプの要請があ会った時には仕事を引き受けるという関係を構築できると良いです。

先生
先生
フリーランスデザイナーになったデザイナーにおすすめの情報サイトを2つご紹介するね。

マイナビ独立・・・フリーランスの人に向けた支援サイト

JAGDA・・・グラフィックデザイナーが主催する職能団体の公式

まず、会社で働きながら副業でグラフィックデザイナーとして働ければ、それらを足して年収をアップすることが見込めます。

また、知人から頼まれてグラフィックデザインの仕事を受注することもできます。

さらに最近では、クラウドソーシングサービスという、企業と個人がオンライン上でマッチングして直接受発注できるサービスが存在します。

代表的なクラウドソーシングサービスには、ランサーズクラウドワークスというものがあります。

先生
先生
クラウドソーシングでは、グラフィックデザインの案件もたくさん募集されているから、仕事で身につけたスキルを活かしてチャレンジできるんだ。

社内規定で副業を禁止している企業もありますが、最近では副業OKの会社も増えてきていますので、その場合はやってみるのも一つの手です。

報酬に加えて、会社の仕事とはまた違った経験を詰めるところができるところが副業のメリットですので、副業をしながら経験や実力を積んで独立に繋げることもできます。

グラフィックデザインの副業におすすめのクラウドソーシング3選と戦略この記事は次のような方のために書いています。 ・グラフィックデザイナーとして会社で働いているけれど、給与が少ないので副業を始め...
先生
【初心者必見】デザイナーとはについて解説独学でデザインを学んでいる初心者デザイナーに向けて、デザインの種類や、デザインの仕事内容、デザイナーの資格を紹介しています。...

まとめ

この記事では次の12個のことについてお話ししてきました。

・グラフィックデザイナーの平均年収

会社員グラフィックデザイナーの平均年収

フリーランスのグラフィックデザイナーの平均年収

年代別のグラフィックデザイナーの平均年収

グラフィックデザイナーの年収を上げる方法

経験を積みながらスキルアップする

・インプットする

・模写する

・時間管理する

他の会社に転職する

フリーランスとして独立する

副業で働く

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインの仕事の年収は、他の職種の年収よりも低めだということがわかったけれど、年収アップの方法を教えてもらったニャン。

グラフィックデザインの仕事で年収を上げたいのであれば、たくさん経験を積んで、スキルアップのための努力をして、アートディレクターになるなどステップアップしたり、もっと条件の良い会社に転職したり。

また、会社員として実力をつけ、広げた人脈を活かしてフリーランスとして独立するという道もあります。

デザイニャー
デザイニャー
そして、会社で働きながら副業で働ければ、それらを合わせて年収アップすることもできるニャン。

年収アップを目指しているグラフィックデザイナーの方の参考になったら嬉しいです。