独学デザイン入門

グラフィックデザインの配色の選び方や考え方について便利ツールも紹介

この記事はこんな人に向けて書いています。

・デザインをしたいんだけれど、どんな色使いにしようか迷ってしまう

・自分で選んだ色がどうもしっくりこない

・簡単にできる配色の選び方を知りたい

今回は、簡単にできる配色の選び方や配色の考え方についてご紹介していきます。

どうぞ最後までご覧になってください。

グラフィックデザインのプロがやっている配色を簡単に考える方法

グラフィ

デザイニャー
デザイニャー
デザインをしようとしていて、ベースの色は決まっているんだけど、その色にあう配色ってどうやって選べばいいのかわからないことが多いニャン。

先生
先生
そういうことってよくあることだよね。基礎知識を学んでおくことにこしたことはないけれど、実際にやろうとするとなかなか難しかったりするよね。

そんな時のお助けマンになる配色ツールをいくつかご紹介します。

Adobe Colorを使って気に入った色から色を抽出

まずはAdobe Colorから。

Adobe Colorに画像や写真を取り込むと、その画像や写真などから配色パレットを作ることができます。

先生
先生
Adobe Colorは、AdobeIDがなくても使えるけれど、できたカラーパレットを保存する場合には、AdobeIDが必要になるよ。

写真にはたくさんの色が存在していて、例えば季節を感じる写真を取り込めば、その季節に合った配色を作れますし、その写真や画像の雰囲気が配色で感じることができます。

Adobe Colorのページを開いたら「テーマを抽出」をクリックして、図の四角の枠の部分から

ファイルをドラッグ&ドロップした写真から自動で色を抽出してくれます。

 

Adobe Colorで色を抽出してみた

先生
先生
この写真を例にしてみよう

Adobe Colorを使って抽出すると、こんな風になりました。

↓     ↓

赤の矢印の先を見てください。

これは「カラフル」というカラームードで抽出して見たものです。

先生
先生
もし、これがしっくりこないと感じたら、他のテイストを選んでみてね

Adobe Colorにキーワードを入力するとおすすめの配色を教えてくれるサービスも

先生
先生
Adobe Colorには、キーワードを入力することでおすすめの配色を教えてくれる機能もついているんだ。

おせち料理

華やか

夏休み

このように幅広い単語で、名詞でも形容詞でも配色を出してくれます。

デザイニャー
デザイニャー
これ、便利だし面白いニャン。

自動的にランダムに配色を選んでくれるツール

 

アイディアや元になるものが何もない状態でも、ランダムや自動で配色を選んでくれるツールを使えば、新たな配色を見つけられます。

考えても何も出てこない時は頭を空っぽにして配色を見るのがオススメ!何か新しい発見があるはずです。

Coolors

次におすすめな配色ツールはcoolors

スペースキーを押すとランダムで配色パレットを作ってくれます。

このように5色のパレットがランダムで出ています。

ここからスペースキーを押すと、違う5色のパレットが出てきます。

またスペースキーを押してみます。

全然違う5色のパレットが出てきましたね。

こんなふうに、スペースキーを押すとその度にランダムに、どんどん違う配色のパレットが出てきます。

一つの色を固定してその色を下にして配色を組むこともできます。

必ず入れたい色を選択して「Toggele Lock」をクリックすると、その色が固定されて、その色を軸に配色を自動的にランダムに出してくれます。

またスペースキーをクリックしてみます。

固定されている色に合い、それでいて全然違うパターンの配色を出してくれるので、とても便利です。

デザイニャー
デザイニャー
本当に配色のアイデアが浮かばない時に心強いお助けツールだニャン。

Scheme Color

Scheme Colorは、1万種類以上というほどの大量のカラースキームを後悔しているWebサイトです。

配色の編集もでき、細かい機能が多すぎる配色パターンから、自分好みの組み合わせを見つけることもできます。

HUE360

HUE360は、色の明るさを設定して、右側のカラーホイールの色をクリックすると、クリックして選択した色に合う色だけが残っていくので、好きな色で自由にカラーパレットを作成することができます。

グラフィックデザインの配色に関する10個の基本原則

デザインを作る上で一番悩まされることの一つには、配色決めも入っているのではないでしょうか。

ここでは、配色の色を決めるときに役に立つ「色の基本原則10個」について、一つ一つお話していきます。

 

その1カラーホイールの各色の意味を理解する

カラーホイールの12色のそれぞれの色のイメージを理解しておくことが大切です。

「色」が表す意味を知ることで、デザインをするときに適切な色を選べます。

愛、気力、激しさ
黄色 喜び、知性、激しさ
新鮮さ、安全性、成長
安定、信頼、落ち着き
王位、富や財産、女性らしさ

出典:デザイナーが知っておきたい、配色のきほん原則10個まとめ

その2 類似色を使う

類似色を利用すると、配色を綺麗にまとめることができます。

メインカラーの両隣にある色を加えた3色使いが理想的です。

その3 補色を使う

メインカラーの反対側にある色のことを補色と言います。

メインカラーと補色を組み合わせることで配色を美しく表現することができます。

その4 コントラストがきつかったら分けてみる

補色を使って色を選んだ時に、コントラストが強い場合には、補色の代わりにその両隣にある2色を選んで使うと、配色を整えられます。

その5 バリエーションが必要だったら2色の補色を使う

3色以上の配色にする時には、メインカラーを2色選択して、そのそれぞれの補色を加えると、デザイン性を保てた配色にすることができます。

その6 色のトライアングルを作る

もしユニークな配色にしたい場合には、メインカラーを支点とした三角形を描くことで配色をうまく合わせることができます。

その7 単色でまとめる

単色のみを使うときに、色の濃淡を変化させるようにすると、統一感がある配色にすることができます。

その8 あえて色をつけない

作るデザインによっては色を使わないことでいい配色を作ることができることもあります。

先生
先生
ロゴデザインを作るときなどにも、シンプルなモノクロカラーでより際立たせることができることもあるよ。

その9 色合いを考える

色調、色合い、色の濃淡、色の明暗を調節することで親しみやすさや落ち着いた雰囲気、エレガントさをより繊細に表現できます。

その10 CMYK RGB を使う

シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4つで色を表すCMYK

赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)の現職を混ぜて色を表現するRGB

それぞれの色を表現する方法によって、表すことができる配色も違ってきます。

先生
先生
さまざまな色の表現方法の可能性を探っていきたいね。

気持ちが良く感じる色のルール

 

先生
先生
色相環ってあるけれど、これは配色をするときに考えやすいように作られているんだ。

色相環について少し理解するだけでも、配色パターンやコンセプト定義の幅が広がって、配色をする時に時間の短縮ができます。

調和を理解する

先生
先生
色相環の並び方は、自然界にある色に基づいて並べられているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
色相環の円の上部が黄色で、下部が青になっているけどこれにも意味があるのかニャン?

先生
先生
黄色が太陽で、青が暗い海とか夜の闇と考えると良いよ。

デザイニャー
デザイニャー
黄色に近い色が明るくて、青に近い色が暗い配色の場合はどうなのかニャン。

これをナチュラルハーモニーと言って色相環はまさにそれを表しています。

先生
先生
ナチュラルハーモニーを表す色相環は、自然な並びだと思えるよね。

逆に、黄色に近い色が暗くて、青に近い色が明るい配色はどうでしょう。

デザイニャー
デザイニャー
これはナチュラルハーモニーと逆で、不思議な感じがするニャン。

先生
先生
これをコンプレックスハーモニーと言うんだ。

デザイニャー
デザイニャー
これらをどのように考えれば配色がうまく行くのかニャン?

先生
先生
そこで色相環を使えば、色の調和を簡単に見出すことができるんだ。

これらはあくまでパターンの一部ではありますが紹介します。

・線で結んだ反対側

・3つ選んだ同士が等間隔

・色同士が隣り合わせ

先生
先生
また色相差と言って、色同士が色相環で離れているか近づいているかで、配色の印象も異なってくるんだ。

体の緊張感は色で左右される

先生
先生
色による興奮作用の考え方も理解しておいた方がいいよ。

ライトトーナス値と言って、赤は最も興奮する色で、筋肉が緊張して脈拍も上がります。

反対にベージュやピンクなどの淡い色は、赤と比べてリラックスします。

明度と彩度がもつイメージ

出典:色でイメージをコントロールする配色理論講座

ブランドが与えるイメージや、ターゲットになる人物や年齢を思い浮かべましょう。

誰に好かれて誰に嫌われるかを具体的にするために、色のトーンがイメージを持つことを理解していくことが大切です。

トーン名 記号 イメージ
ペールトーン p うすい、軽い、あっさりした、弱い、女性的、若々しい、優しい、淡い、かわいい
ライトグレイッシュトーン ltg 明るい灰みの、落ち着いた、渋い、おとなしい
グレイッシュトーン g 灰みの、にごった、地味な
ダークグレイッシュトーン dkg 暗い灰みの、陰気な、重い、男性的な、固い
ライトトーン lt 浅い、澄んだ、子供っぽい、爽やかな
ソフトトーン sf 柔らかな、穏やかな、ぼんやりした
ダルトーン d 鈍い、くすんだ、中間色的
ダークトーン dkg 暗い、大人っぽい、丈夫な、円熟した
ブライトトーン b 明るい、健康的な、陽気な、華やかな
ストロングトーン s 強い、くどい、動的な、情熱的な
ディープトーン d 深い、濃い、充実した、伝統的な、和風の
ビビッドトーン v さえた、鮮やかな、派手な、目立つ、生き生きした

出典:ツーブロッカ

 

正しい色の選び方

これまでは機能性のお話ししてきましたが、納得できるデザインにするには何が大事なのかというと、「意味」や「意図」があることです。

先生
先生
これからは、ここまでお話ししてきた知識をデザインに活用するときに、何を考えていけばいいのか考えていこう。

1伝えたいターゲットのことを考えよう

まず、どの辺りの年齢層をターゲットにするのかを考えましょう。

男性なのか女性なのか、子供なのか大人なのかでどんな色が好きなのかが異なるという研究結果があります。

そして高齢になると、目の中のタンパク質が黄色に色づくために視界が黄ばむことで、正確な色を判別することが困難になることも考えられます。

デザイニャー
デザイニャー
全ての人が使える配色は難しいってことだニャン。

2「デザインが何を伝えるのか」というテーマの理解

「デザインが何を伝えるのか」ということですが、目立つから赤とか金色、でも良いかも知れませんが、デザイナーだからこそ、気がつくことができてどうすれば実現するかを知っています。

商品がどんなことを発信したくて、デザインでそれをどう伝えるのか。

デザイニャー
デザイニャー
それには配色がそれに合っているのか、ということが大切になるわけだニャン。

3役に立つ妥当な色を選ぶ

そこで、選んだ色が妥当であるかどうかを確認します。

多くの人は茶色よりも青を好むとしても、テーブルを買う場合を考えてみると、何色のテーブルが欲しいのかと問われるとどうでしょうか。

デザイニャー
デザイニャー
おそらくほとんどの人が茶色のテーブルを選ぶニャン。

先生
先生
それはテーブルには茶色が「妥当」な色だと思われているからだよね。

グラフィクデザインの配色のためのおすすめ本

先生
先生
ここでは、デザインをするのに必要な配色について詳しく書かれた本を紹介するね。

・すべての人に知っておいてほしい配色の基本原則

・基本はかんたん配色のルール

・ちゃんと知りたい配色の手法

配色の基礎が身につく本3選デザイナー初心者に学んでもらいたい配色の基本について詳しく書かれている本を3冊紹介しています。...

まとめ

この記事では次の30のことについてお話ししてきました。

グラフィックデザインのプロがやっている配色を簡単に考える方法

Adobe Color使って気に入った色から色を抽出

Adobe Colorで色を抽出してみた

自動的にランダムに配色を選んでくれるツール

Coolors

Scheme Color

Hue360

・グラフィックデザインの配色に関する10個の基本原則

・その1カラーホイールの各色の意味を理解する

その2 類似色を使う

その3 補色を使う

・その4 コントラストがきつかったら分けてみる

・その5 バリエーションが必要だったら2色の補色を使う

・その6 色のトライアングルを作る

・その7 単色でまとめる

・その8 あえて色をつけない

・その9 色合いを考える

・その10CMYKRGB を使う

気持ちが良く感じる色のルール

・調和を理解する

・体の緊張感は色で左右される

明度と彩度がもつイメージ

・正しい色の選び方

・1伝えたいターゲットのことを考えよう

2「デザインが何を伝えるのか」というテーマの理解

3役に立つ妥当な色を選ぶ

・グラフィックデザインの配色のためのおすすめ本

配色を選び出す実践的な方法をご紹介してきました。

写真だけでなく、私たちが生活している身の回りには、配色に関するヒントがたくさん溢れています。

配色に関する基礎的な知識を頭に入れながら、街中や身の回りなどでお気に入りの配色が見つかったら、写真に撮って記録してみたりして見るのも良いですね。

それでも配色のことで悩んだりする時には、今回紹介した方法を試してみてくださいね!