グラフィックデザイン

グラフィックデザインの仕事で必要な10個のコミュニケーション力とは

グラフィックデザイナーとしてやっていくには、コミュニケーション力が必要だとよく言われています。

ただ、パソコンで黙々と作業をするだけでなく、デザイナー以外のスタッフとコミュニケーションを上手に取れるようにならないと、良い作品は作れません。

そこでこの記事では、デザイナーに求められる10個のコミュニケーション力についてお話ししていきます。

どんなコミュニケーション能力が大切か、またどうやったらコミュニケーション力が身につくかがわかるようになりますので、最後までご覧になってください。

グラフィックデザイナーにはコミュニケーション力が必須

グラフィックデザインの仕事は、コピーライターやディレクターといった他のスタッフと力を合わせて一つのデザインを作り上げる仕事なので、コミュニケーションが欠かせません。

デザイニャー
デザイニャー
ただパソコンに向かって黙々と作業をしているだけではないんだニャン。

デザイナー以外の他のスタッフとコミュニケーションが取れないと、クライアントの意図が汲み取れず、デザイナーの独りよがりの作品を作ってしまうということが発生します。

先生
先生
こういったことは、グラフィックデザイナーだけではなく、アートディレクターも同様だよ。

課題解決には考えるデザインが必要

デザインの能力は、下流工程のスキルと上流工程のスキルに分かれます。

先生
先生
さらに細分化すると、観察力、発想力、分析力、表現力に分けることもできるけれど、今回はそれを圧縮して説明するね。

新人デザイナーは作るデザインからスタート

 

先生
先生
新人のうちはまず、下流工程の仕事を任されるんだ。

下流工程の仕事は、Webだったら特定のページや機能を指しますし、グラフィックであればバナーなどの「作るデザイン」のことを指します。

この「作るデザイン」のスキルが上達するにつれて、上流工程の仕事である「考えるデザイン」の仕事を任されるようになってきます。

デザインのレベルが上がってくると考えるデザインが必要に

「考えるデザイン」の仕事を任されるようになると、ただ作るだけでなく、デザインの課題をつかみ、仮説を立てて、どういう理由でこの表現方法が適切だから、こういうデザインいなった、と説明をする力が必要になってきます。

クライアントとコミュニケーションをとって、意図を汲んでリサーチをして仮説を立てるという「考えるデザイン」から「作るデザイン」への道筋を立てられる力がデザイナーには必要です。

ただし、これをするには、同時に環境づくりも必要になることもあるから、全てのデザインワークですぐに実践できるものでもありません。

先生
先生
デザインについて詳しく知らない上流の人たちが決めたことを、言われた通りにデザインすることが、ベストではないということは、デザイナーでなくても少しは理解できるよね。

考えるデザインをするには高いコミュニケーション力が必要

上流工程の「考えるデザイン」をするには、クライアントとやり取りをする、高いコミュニケーションの能力が必要になります。

先生
先生
ここでは、コミュニケーションの悪い例と良い例についてあげていくね。

・クライアントの話を汲み取れず、デザインが狙った意図と違うデザインになってしまう。

・デザインの要望の具体化がうまくできなくて、制作するときになども手戻りが発生。

・アウトプットが期待通りにできず、クライアントからクレームが来てしまう。

・100%に近い形でクライアントとの意思疎通が取れる

・具体的なイメージと抽象的なイメージの間のギャップを減らす説明ができる

先生
先生
といったように、上流工程の「考えるデザイン」になると、デザイナーのクオリティはもちろん、高いコミュニケーション能力が必要になるんだ。

デザイナーに求められる10個のコミュニケーション能力

先生
先生
これから、デザイナーに求められるコミュニケーション能力を次の10の段階でお話ししていくね。
  1. アプローチ
  2. ヒアリング
  3. カウンセリング
  4. コーチング
  5. ディレクション
  6. プレゼンテーション
  7. コンサルティング
  8. セルフモニタリング
  9. リサーチ
  10. クロージング

1.アプローチ

デザイナーなど、クリエイターというと、声を掛けづらかったり、気難しいといった印象を持たれがちかもしれませんが、入りの段階でコミュニケーションが上手になれば、本題へスムーズに入り込むことができます。

先生
先生
どんなクライアントでも、その相手に合わせてコミュニケーションを上手に取ることができれば、打ち解けるスピードが早くなり、仕事がどんどん弾んでいくよ。

2.ヒアリング

ヒアリングで上手にコミュニケーションをとって、クライアントから情報を引き出せる能力はとても大事です。

先生
先生
この能力は軽視されがちかもしれないけれど、ヒアリングで情報を引き出せなかったら、このアイディアは浮かんでこなかったということはとても多いんだ。

ヒアリングの段階で、クライアントに質問をしたりして、いろんな情報を引き出すことはとても大事なコミュニケーション能力です。

3.カウンセリング

先生
先生
相手の心をケアして対話をしていく能力をカウンセリングと言うんだ。

一度心を開くと、どんどん深い本音を気持ちよく出すことができるようになります。

自己開示が促せて、本音を引き出すことができれば、相手から特別視されていきます。

4.コーチング

 

話題を投げかけたり質問をすることによって、その相手の可能性を高めていく能力をコーチング能力と言います。

先生
先生
自己拡大ともいって、相手の発言や指摘によって新しいプラスの自分を見つけることができるんだ。

クリエイティブな案件を通して、クライアントが新しいプラスの側面を見出すことができるようになったら、「作れる」というだけの存在ではなくなります。

5.ディレクション

 

先生
先生
ディレクターという職業がありますが、クリエイター自身がディレクションの能力があるにこしたことはないよ。

デザインなどのクリエイティブな案件は、デザイナー1人だけではなく、いろんな人との力を合わせて成り立つことも多く、壮大で複雑な案件であるほど、ディレクション能力が重要になってきます。

的確な指示をするだけでなく、クライアントの本音を聞き出したり、可能性を見出すことができてこそ、ディレクションの指示が大きく効いてきます。

6.プレゼンテーション

プレゼンテーション能力に優れているかどうかで、同じ企画でも実行に打つかどうかが変わってきます。

プレゼンテーションとは、わかりやすく本質を伝えることも大事ですが、プレゼンを聞く側や審査する側がその提案を実行したくなるように、相手の背中を押すような力を持っていることが大切です。

7.コンサルティング

先生
先生
コンサルティング的なコミュニケーション能力を身につけたデザイナーは、より強力だよ。

なので、主に制作物を仕上げて納品するという仕事の場合は、デザイナー自身でプライベートで数字が動くものを運営して解析できると、コンサルティングできるネタが自然と増えていきます。

8.セルフモニタリング

 

自分の言動と周囲の反応を見ながら、的確な解釈をして言動を調整する能力をセルフモニタリングと言います。

先生
先生
わかりやすく言えば、ビジネス的に痛くならないようにチェックする能力とでも言って、こういった能力は求められることが多いんだ。

また、クライアントのセルフモニタリング能力が低いこともありますが、相手のセルフモニタリング能力は、そう変わるものではないので、うまく相手を転がすようなコミュニケーションを取ることが大切です。

セルフモニタリング能力が高いと、自分自身も痛くならず、また痛い相手と接する際にも上手にプロジェクトを進めることもできます。

9.リサーチ

 

コミュニケーション能力とは関係ないと思われがちなリサーチ能力ですが、何をインプットしているか、また何をインプットする気があるのかによって、相手と絡んだ時の能力は大きく変わります。

先生
先生
リサーチ能力があれば、コミュニケーション能力がなくても、優れた働きをすることができるよ。

10.クロージング

 

最後の締めで、クロージング能力があるデザイナーは、どこに行っても成功できます。

また、コミュニケーションを通して、狙ってクロージングできると、自分のクリエイティブを通して狙って転換する力にも繋がります。

先生
先生
数字を動かせるデザイナーとして、クロージング能力はとても大切だよ。

コミュニケーション力を高めるためには

 

デザイニャー
デザイニャー
コミュニケーションの重要さはわかったけれど、コミュニケーション力を高めるためには、どうしたらいいんだニャン?

コミュニケーション力は、読書はネットだけでは身につけることが難しい能力です。

デザイナーは手を動かす技術職というイメージが強く、コミュニケーションが主な職種でもありません。

そういったイメージから、デザイナーにコミュニケーション教育は必要ないと考える会社も多いです。

人と対面して「聞く」「話す」という行動が伴うコミュニケーション力を早く成長させるには、仲間や上司にレクチャーしてもらいながら、現場で実践を繰り返していくことが必要です。

デザイナーに一番大事なのはコミュニケーション能力

 

デザイニャー
デザイニャー
でも、そもそもデザインの技術がないデザイナーには価値のあるものは作れないから、コミュニケーション力をつけるのはその後にしては良いんじゃないのかニャン?

その意見も確かにと思う方も多いと思います。

しかし、完成度の高いデザインが作れたとしても、デザイナー以外の人にうまく説明できなかったばかりに没になったり、クライアントの意図と食い違ったりしてしまったら、せっかく技術を身に付けたとしても意味がありません。

先生
先生
また、デザイナーはみんな、「作るデザイン」について日々研鑽して実力をつけているのは当たり前のことだよ。

だから、デザイナーにはコミュニケーション能力が、必要な基礎能力として一番大事なのではと思います。

【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・これからグラフィックデザイナーを目指している人 ・グラフィックデザインが...

まとめ

この記事では次の15個のことについてお話ししてきました。

・グラフィックデザイナーにはコミュニケーション力が必須

・課題解決には考えるデザインが必要

・新人デザイナーは作るデザインからスタート

・デザインのレベルが上がってくると考えるデザインが必要に

・考えるデザインをするには高いコミュニケーション力が必要

・デザイナーに求められる10個のコミュニケーション能力

  1. アプローチ
  2. ヒアリング
  3. カウンセリング
  4. コーチング
  5. ディレクション
  6. プレゼンテーション
  7. コンサルティング
  8. セルフモニタリング
  9. リサーチ
  10. クロージング

デザイニャー
デザイニャー
兎にも角にもデザイナーにはコミュニケーション力が大事だということがよくわかったニャン。

先生
先生
キャリアを積むにつれて、コミュニケーション力が求められるということがわかったね。

コミュニケーション力を身につけるには、上司や同僚にレクチャーしてもらいながら、現場で実践を繰り返していきましょう。