グラフィックデザイン

【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性

この記事は次のような方へ向けて書いています。

・これからグラフィックデザイナーを目指している人

・グラフィックデザインがどんな仕事なのかを知りたい方

・Webデザインの基本としてグラフィックデザインを学びたい方

大半の企業が広告にグラフィックデザインを利用していのはなぜかというと、文章よりも情報が伝わりやすいからです。

商品を売るためにポスターチラシ店舗紹介のパンフレット会社案内、そして名刺など幅広いものになっています。

この記事では、それだけ幅広く使われている、なくてはならないグラフィックデザインについてご紹介していきます。

ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違い

デザイニャー
デザイニャー
ビジュアルデザインって一体なんなんだニャン?

先生
先生
ビジュアルデザインとは、視覚的な表現で伝えることを目的としたデザインのことで、次のようなもののことを指すんだ。

・絵

・写真

・コンピュータグラフィックス

つまり、生活している空間で視覚的に働きかける全てのデザインのことをビジュアルデザインと言います。

先生
先生
グラフィックデザインとは、ビジュアルデザインの中の一つということなんだ。
【デザインの幅拡大】ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違いこの記事では、 ・ビジュアルデザインとグラフィックデザインとの違い ・ビジュアルデザインの仕事がどんなものなのか ・ビジュアルデザインのスキルを身につけるために必要な などについて深く踏み込んでいきます。 全部読み終えると、ビジュアルデザインについて理解することで、グラフィックデザインやWebデザインの仕事にも活かせるようになります。 どうぞ最後までご覧になってください。...

グラフィックデザインってどんな仕事?

 

先生
先生
グラフィックデザインというのは、次のようなものを画面に構成する仕事だよ。

・写真

・イラスト

・文字

・動画

クライアントの意向を汲み取って、第三者であるターゲットにどんな風に伝えたらいいのかを考えたり提案するのがグラフィックデザイナーの役目であり仕事です。

先生
先生
大変な仕事ではあるけれど、自分が手がけたデザインを世の中に出せるというのは、やりがいが大きいし、それゆえ人気も高いんだ。

その一方で、ここ最近では、UIデザインと呼ばれる、いわゆるWebサイトやゲームなどに使われる分野もありますが、同じデザインではあるのですが、アジャイル手法と行って、テストを繰り返しながら進めるデザインで、グラフィックデザインとは異なります。

先生
先生
UIデザインは、機能性重視で、ビジュアルの方に重きを置いているグラフィックデザインと区別されているんだ。
【初心者デザイナー必見】グラフィックデザインの仕事の紹介と仕事の流れ グラフィックデザインの仕事をしたいと思うんだけれど、どんな仕事なのかわかっているのかというと、まだ全然わかっていない感じだし、漠...

グラフィックデザインは身の回りにたくさんある

 

先生
先生
私たちの身の回りにあるグラフィックデザインは、いろいろあるけれど、主にあげてみると次の6つのようなものだよ。

・パッケージ

・広告や販促物

・雑誌

・ロゴ

・装丁

・Web

デザイニャー
デザイニャー
当たり前のように身の回りにあるものばかりだニャン。

グラフィックデザインを使ったコミュニケーションの良さとは?

先生
先生
このように身の回りに溢れているグラフィックデザインだけれど、グラフィックデザインによって発生するコミュニケーションの良さとは具体的にどんなものなのか、これもいろいろあるけれど、主に次の5つのようなものがあるよ。

・わかりにくいものがわかりやすくなる

・印象深くなる

・感覚を刺激する

・記憶に残る

・信頼や安心感

わかりにくいものがわかりやすくなる

先生
先生
レイアウトイラスト写真を使うことで、情報を正確にわかりやすく伝えることができるのが、グラフィックデザインなんだ。

印象深くなる

先生
先生
文字だけだと長くなることを一撃で伝えることができるのが、グラフィックデザインの良い点なんだ。

・楽しさ

・高級感

・美味しそうな感じ などなど

感覚を刺激する

アート的な力を使って、可愛いとか美しさ、かっこよさなど、見た瞬間に「イイ!!」と思わせることが、デザインには重要です。

デザイニャー
デザイニャー
人間は感情で動くものだから、その感覚を刺激することが大切なんだニャ!

記憶に残る

そして、写真イラストレイアウト、そして配色などのアート的な力を使って、インパクトを与えて、記憶に残すようなデザインにすることも、デザイナーにとって大切です。

先生
先生
広告の場合とか、まずは見てもらうことが大事だから、インパクトを与えて誘導するみたいな感じかな。

信頼や安心感

信頼してもらったり安心感を与えるには、そのデザインの完成度を高めることが大事です。

先生
先生
逆に文字がバラバラとしていたり、一貫性がなかったりしたら、不信感を与えたり不安にさせたりするから注意だよ。
グラフィックデザインの仕事で必要な10個のコミュニケーション力とはグラフィックデザイナーとしてやっていくには、コミュニケーション力が必要だとよく言われています。 ただ、パソコンで黙々と作業をするだ...
これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...

見る人はデザインが良いかどうか瞬時に判断する

そして、プロのデザイナーでなくても、デザインの良し悪しは必ず判断されます。

先生
先生
高級ブランドとブランドものでないものは違うってわかるのと同じだよ。

デザイニャー
デザイニャー
お菓子の包装のデザインが良くなかったら、絶対に手に取らないもんニャ!

いくら良い商品でもデザインが微妙だったりダメだったりしたら、かなりの損失になるので、デザイナーは、必死になってアイデアを出して、それをブラッシュアップする必要があり、気を抜けないのです。

グラフィックデザイナーに求められるスキル

グラフィックデザイナーに求められるスキルは、大きく3つに分けられます。

・デザインスキル

・アプリケーションスキル

・コミュニケーションスキル

先生
先生
ひとつづつ解説していくね。

デザインスキル

グラフィックデザイナーに求められるものにはデザインスキルが挙げられますが、その中でもまた3つのものがあります。

・トレンドのリサーチをする力

・基礎画力

・色彩のセンス

ユーザーが使いやすいだけでなく、今の流行も意識してデザインをすることがデザイナーには求められています。

そしてデザイナーは、色の配置や構図を決めるというようなデザインの理論を学んだり、流行をチェックすることが欠かせません。

トレンドのリサーチをする力

先生
先生
ユーザーが使いやすいだけでなく、今の流行も意識してデザインをすることがデザイナーには求められているんだ。

グラフィックデザイナーは、トレンドに沿ったデザインを作ることが求められるので、常にアンテナを張って情報を収集することが大切です。

基礎画力

デザイナーでも、ある程度基礎画力があったほうが、デザインの構成や配置をするときにそれが役に立ちます。

デザイニャー
デザイニャー
基礎画力をあげる方法ってあるのかニャ?

先生
先生
基礎画力を上げるには、ものの形を観察するためにも、デッサンやスケッチをすると良いよ。

色彩のセンス

デザイニャー
デザイニャー
配色の勉強をしているんだけれど、なかなか難しいニャン。

先生
先生
色の理論を学んで、時代の流行をチェックするとで、色彩のセンスが磨かれるから、頑張ってね。

アプリケーションスキル

デザイナーにとって、デザインを作る際のアプリケーションを使えることは必須なんだけれど、主に次の3つのアプリケーションを使えた方求められます。

・Illustrator

・Photoshop

・InDesign

先生
先生
これらを使って広告ポスター、商品パッケージ、ロゴマークのデザインをするんだ。

Illustrator

イラストを書いたり、ロゴデザインや全体的なグラフィックを制作するソフトで、グラフィックデザイナーには必須のスキルです。

Photoshop

主に写真画像を加工するソフトで、幅広い場面で使われるため、これもグラフィックデザイナーにとって必須のスキルです。

InDesign

雑誌や書籍などのページ制作を行うための本格的なソフトがInDesignで、広告系のグラフィックデザイナーにとっては必要なスキルです。

グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。 ・グラ...

コミュニケーションスキル

クライアントが要望する企画案やコンセプトに答えながら、そのデザインのターゲット層にマッチするようなデザインを考えることが、グラフィックデザイナーには求められています。

クライアントが言っていることを押さえながら、クライアントが伝えたいんだけれど、言語化できていないことを読み取って、それをビジュアルにすることも大切です。

先生
先生
そして、デザインを考えることももちろん大切なのですが、自分が作ったデザインについてを伝える発言力も必要なんだ。

プレゼンテーションをすることも多くあって、このデザインになったのはどうしてなのか、このデザインのどこが良いのかをクライアントに説明する能力も不可欠です。

グラフィックデザインの仕事で必要な10個のコミュニケーション力とはグラフィックデザイナーとしてやっていくには、コミュニケーション力が必要だとよく言われています。 ただ、パソコンで黙々と作業をするだ...
これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...

グラフィックデザイナーの年収ってどれくらい?」

先生
先生
グラフィックデザイナーの気になる年収だけれど、335万円が平均年収で、年代によっても300〜415万円の間で、幅があるんだ。

所属している企業の規模によっても年収は違っていて、大企業など大きな会社になるほど年収が上がる傾向になっていますし、グラフィックデザインのスキルを身につけて独立してフリーランスになった場合は、その人のスキルやこれまでの実績次第で収入が多くなることもあります。

デザイニャー
デザイニャー
経験や能力次第で収入が左右されるんだニャ。
グラフィックデザインの平均年収を詳しく解説【年収アップの方法も】この記事は、次のような人たちのために書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたくてどれくらいの年収なのかを知りたい。 ...

グラフィックデザイナーの適性

先生
先生
ここで、グラフィックデザイナーに向いているのはどんな人なのかについて触れてみるね。

・論理的思考

・プレゼンテーション能力

・コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーに求められるものの一つに論理的思考というものがあります。

作品を作るときに、ターゲットとなる人に意図していることが伝わるように、情報を選択して、マーケティングを掴んだ上で、デザインを作る必要があるからです。

アーティスト的な感性も大切ではありますが、デザインを作るには、論理的思考が欠かせません。

また、所属している会社によっては、デザイナーがクライアントにヒアリングをしたり、プレゼンをしたりすることもありますので、プレゼンテーションの能力や、どのようなデザインを求められているのかを認識をすり合わせるコミュニケーション能力も求められます。

【デザイン初心者必見】グラフィックデザイナーに向いているのはこんな人! グラフィックデザイナーに向いている人の特徴 自由な発想力 コミュニケーション...

グラフィックデザインの仕事に役立つ資格

グラフィックデザイナーとして働く上で、役に立つ資格は次の通りです。

・アドビ認定エキスパート

・Photoshopクリエイター能力認定試験

・Illustratorクリエイター能力認定試験

・DTPエキスパート認証試験

・DTP検定

・色彩検定

先生
先生
しかしながら、グラフィクデザイナーは別に資格は必要なくて、就職するときや転職活動の時には、実力やセンスが問われるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
でも、デザイン力を身につけるために資格取得を利用するという手もあるよニャン。
グラフィックデザインに関する資格取得をデザイン力を身につける手段にこの記事は、次のような疑問を持った方へ向けて役立つように書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、資格って...

どうやったらグラフィックデザイナーになれる?

グラフィックデザイナーになるには、次の3つの方法があります。

・専門学校に通う

・独学でスキルを学ぶ

・未経験からできる仕事を始める

専門学校に通う

専門学校に通うメリットは、次の2つです。

・最新の技術が用意されている

・自分にあったカリキュラムが選べる

先生
先生
専門学校には、最新のパソコンが揃っているところが多いんだ。

デザイニャー
デザイニャー
自分で最新のパソコンを用意するのが難しい場合は、専門学校を利用するのが良いようだニャン。

先生
先生
そして、専門学校にはいくつかのカリキュラムが用意されているから、働きながら学べるとか、短期間で済むなど、自分に合ったカリキュラムを洗濯することができるんだ。
グラフィックデザインスクールあなたに合ったおすすめのスクールご紹介この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいけれど、どんなスクールがあるか知りたい ...

独学でスキルを学ぶ

デザインを独学で学ぶには、次の2つの方法があります。

・本

・オンライン講座

先生
先生
本やオンライン講座で、IllustratorやPhotoshopのの使い方が学べるし、またデザイン論など、基本的な考え方は本で学ぶのが良いよ。
【未経験で独学でもOK】グラフィックデザインの勉強方法について解説この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザイン未経験で独学で学びたい方 ・独学でグラフィックデザイン...

未経験OKの求人に応募する

先生
先生
会社はお金をもらいながらデザインを学べる学校と捉えて、未経験OKの求人に応募するのも一つの手だよ。

デザイニャー
デザイニャー
ニャ、ニャンと… !そんな手があるのか!

グラフィックデザイナーになるには、一定以上のデザインスキルが求められて、美大や専門学校で学んでから就職する人が多いのですが、中には独学でデザインスキルを学んで就職して活躍している人もたくさんいます。

就職活動の際には、自分のデザインスキルを伝える「ポートフォリオ」を作るのですが、中の作品だけでなく、ポートフォリオそのもののクオリティが重要視されることが大いにありえます。

選考の際には、製本やレイアウト、文字の扱いなどのクオリティが高い、エディトリアル作品のようなポートフォリオが集まるから、ポートフォリオ制作はしっかりしたものにする必要があるよ。

グラフィックデザイナーはどんなところに就職するの?

グラフィックデザイナーが就職するのは、主に次のようなところです。

・広告代理店

・広告制作会社

・またはフリーランス

広告代理店や広告制作会社では、制作部に入って、プロデューサーやディレクター、コピーライタープランナーといったいろんな人たちと話し合いながら、作業を進めていきます。

先生
先生
もっと仕事の幅を広げたいデザイナーは、フリーランスとして活動するよ。

フリーランスで働く場合は、最初は広告代理店や広告制作会社で経験を積んでから人脈を広げておくと仕事を回してもらいやすいです。

先生
先生
努力して信頼を得られると、収入増かも期待できるし、得意分野の仕事をすることもできるよ。

デザイニャー
デザイニャー
実力がないとできないことだけれど、フリーランスの働き方って、憧れるニャん。
グラフィックデザイナーとして就職するための会社の選び方や求人サイトこの記事は、次のような方に向けて書いた記事です。 ・グラフィックデザイナーとして会社で働きたい ・グラフィクデザイナーに...

まとめ

ここまで次の28個のことについてお話ししてきました。

・ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違い

・グラフィックデザインってどんな仕事?

・グラフィックデザインは身の回りにたくさんある

・グラフィックデザインを使ったコミュニケーションの良さとは?

・わかりにくいものがわかりやすくなる

・印象深くなる

・感覚を刺激する

・記憶に残る

・信頼や安心感

・見る人はデザインが良いかどうか瞬時に判断する

・グラフィックデザイナーに求められるスキル

・デザインスキル

・トレンドのリサーチをする力

・基礎画力

・色彩のセンス

・アプリケーションスキル

・Illustrator

・Photoshop

・InDesign

・コミュニケーションスキル

・グラフィックデザイナーの年収ってどれくらい?

・グラフィックデザイナーの適性

・グラフィックデザイナーの仕事に役立つ資格

・どうやったらグラフィックデザイナーになれる?

・専門学校に通う

・独学でスキルを学ぶ

・未経験OKの求人に応募する

・グラフィックデザイナーはどんなところに就職するの?
Z

グラフィックデザインは、雑誌の広告やポスターなどを作る、クリエイティブで華やかなイメージがあって、各種のデザイナーの中でもとても人気がある職業です。

そして、他の職種の人と一緒にデザインを作り上げていかないといけないので、コミュニケーション能力がものを言います。

また、何回もデザイン修正が出てくるので、それに対応する根気も必要です。

デザインソフトを使うことができて、デザイン制作をすることが好きな人は、デザイナーに向いているので、専門学校へ行く道もありますが、独学でスキルを身につけることもできますし、未経験 OKの仕事を始めたりする方法もありますので、チャレンジしてみるのも良いです。

たくさんの人と協力し合いながら、一つのデザインを作り上げて世の中に送り出せることに喜びを感じる人こそ、グラフィックデザイナーに向いているといえます。