グラフィックデザイン

あなたも独学でグラフィックデザイナーになれる効果的な勉強方法を解説

この記事は次のような人のために書きました。

・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、独学の勉強方法を知りたい

・グラフィックデザインの勉強におすすめの本を知りたい

・本当に独学でグラフィックデザイナーになれるのか不安

このような疑問や悩みをもたれているあなたのために、授業形式でまとめてみました。

どうぞ最後までご覧になってください。

独学でグラフィックデザインを勉強をする上で大切なこと

先生
先生
グラフィクデザインを独学で勉強する上で大切なことは次の2つだよ。

・ゴールを明確に設定する

・短期集中で勉強する

ゴールを明確に設定する

グラフィックデザインの勉強をするのにまず大切なことは、ゴールを明確に設定することです。

先生
先生
ゴール設定がなければ、グラフィックデザインの勉強を始めても挫折しやすいからなんだ。

特に働きながらグラフィックデザインを目指されている方は、勉強時間が少なくなるので、効率的に学習を進めていくべきです。

先生
先生
ゴールを設定するのに大切なのは、次の2つだよ。

・グラフィックデザインができるようになる定義は、ポスター制作ができるようになること

・それを達成する期限を儲ける

この2つを明確にした上で勉強していきましょう。

短期集中で勉強する

未経験からデザインを学んでデザイナーになりたいという方もいると思いますが、ダラダラと勉強をするべきではありません。

先生
先生
その理由は次の2つだよ。

・デザインのスキルは実践で身につくし、成長できるから

・就職・転職をするには、ポートフォリオを作ることが必要だから

先生
先生
つまり、グラフィックデザインの基礎を抑えたら、クラウドソーシングなどを利用して実際に制作物をたくさん作る方が、スキルアップにもなるし、転職活動にも良いからということなんだ。

クラウドワークスランサーズのようなクラウドソーシングは、グラフィックデザインの実績を作るのに手っ取り早いのでおすすめです。



デザイナーを名乗るのに資格は不要だし、デザイナーになってからも活動しながら勉強は続けるものなので、早く行動に移して初心者から抜け出しましょう。

独学で学ぶべきデザインスキル

先生
先生
デザインとは、根本となるデザイン思考を中心にして、次のような要素で成り立っているよ。

・配色

・レイアウト

・制作ツールの扱い など

デザイニャー
デザイニャー
これだけ全てを学んだ上で、デザインができるということなんだニャン。

先生
先生
グラフィックデザイナーとして学ぶべきスキルは次の2つだよ。

・デザインの基礎(デザインの4大原則)

・グラフィック制作ツール(Illustrator、Photoshop)

カフェメニュー表余白色付き
デザインの4大原則独学でデザインを学んでいるデザイン初心者さんへ向けた、デザインの4大原則について紹介しています。近接(proximity) 整列(alignment)対比(contrast)反復(repetition)...
グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。 ・グラ...

先生
先生
グラフィックデザインは、デザインの基礎とグラフィック制作ツールを操作できればOKだよ。

デザイニャー
デザイニャー
これで、名刺やポスターは作ることができるニャン。

グラフィックデザインを勉強する上で最初に読むべき本

先生
先生
グラフィックデザインを勉強する上で最初に読むべき本は次の2冊だよ。

・ノンデザイナーズ・デザインブック

・なるほどデザイン

ノンデザイナーズ・デザインブック

グラフィックデザインができるようになるには、最初にデザインの基礎を理解することが必要です。

デザインの基礎とは、デザインの4大原則と言われる「近接」「整列」「反復」「コントラスト」です。

このノンデザイナーズ・デザインブックには、この原則について書かれています。

先生
先生
この本は、多くのデザイナーが読んでいるベストセラーだよ。デザイニャーも読んでみて。

なるほどデザイン

先生
先生
「なるほどデザイン」は、デザインって何なのか初歩の初歩を学びたい方におすすめだよ。

さらにもっと踏み込んでグラフィックデザインを勉強するには、次の方な本を読んでみるのをおすすめします。

・グラフィックデザインについてのテクニカルな本を3冊読む

・雑誌

・美術書

グラフィックデザインにつてのテクニカルな本を3冊読む

先生
先生
まず、操作の本を読むのではなく、テクニカルな本を読んでみよう。

驚くほどテクニックが上がるので、グラフィックデザインの勉強をするためには、同じジャンルの本を3冊読んでみましょう。

グラフィックデザイン基礎講座

 

 実用的なチラシデザイン

やさしいデザインの教科書

雑誌

先生
先生
次は、デザインの雑誌を読んでみよう。

雑誌というよりもマガジンで、有名な本では「デザインノート」「MdN」というものがあります。

定期販売になっているので、デザインの情報の最先端を得られます。

雑誌に載っている最先端のデザインと自分が作ったデザインを見比べて、自分とその作品の距離に気がつきましょう。

先生
先生
グラフィックデザインの勉強は、まずはその距離に気がつくことだよ。

美術書

先生
先生
最後に美術書だよ。

美術書とは、写真集みたいなものです。

美術書を観て、世の中の評価の高い作品をみることで、見る目を養うことができます。

そういったものを読んでいくことで、デザインスキルが上がりますし、もしかしたら、そういったものに興味を持つからデザインが上がるとも言えるのかもしれませんが、デザイン力があるデザイナーの事務所には山ほど美術書のような本があると言われています。

ダリ展(図録)

デザイン制作のツールの使い方を学ぶ

先生
先生
本でグラフィックデザインの基礎を学んだら、次は制作ツールに触ってみよう。

覚えるべきツールは、

・Illustrator

・Photoshop

が一般的です。

グラフィックデザインを独学で学ぶときの本の選び方とおすすめ本20選これからグラフィックデザインを学んでいこうとするために、すごく参考になる本を、20冊ピックアップして、ご紹介しています。初心者デザイナーさん、独学で学ぼうとされている方、そして、デザイナーじゃないんだけれど、仕事でデザインをつくることになってしまった、という方におすすめの記事です。...

本以外のグラフィックデザインの勉強方法

先生
先生
グラフィックデザインの勉強をするのには、本で学ぶことをお話ししてきたけれど、ここでは本以外の方法をご紹介するよ。

・人に聞く

・街中のデザインを見る

・デッサンを学ぶ

人に聞く

グラフィックデザインの勉強をするのに大事なことは、「人に聞く」ことです。

先生
先生
その「人に聞く」にも2通りあるんだ。

・ダメ出しをしてもらう

・なぜ?という疑問を持つ

ダメ出しをしてもらう

まず、一つ目の「人に聞く」は、自分が作ったデザインに対してのダメ出しを聞くことです。

一生懸命作った作品にダメ出しをされるのは、とても苦しいことですが、人の意見を聞くことはとても大事です。

悔しいこともあるだろうけれど、そこからさらなる努力をし、そういったことを積み重ねていくことで、デザイナーとして成長していくのです。

ここで大切なのは、デザインに詳しくない人ではなくて、デザインに詳しい人に聞くことです。

先生
先生
デザインに詳しくない人に聞いても、的確なアドバイスをしてもらえないからだよ。

なので、プロのデザイナーやデザインに詳しい人に見てもらって、あなたのデザインに対する意見を聞いてみましょう。

デザイニャー
デザイニャー
できればデザインの師匠を持てればいいニャン。

なぜ?という疑問を持つ

一方、「なぜ?」という疑問を持って聞くことが、もう一つの「聞く」です。

気になったデザインの作品の作者が近くにいる場合に、「なぜこんなふうに作ったのですか」と聞いてみましょう。

すると、あなたには思いつかないというような発想を聞けたりすることもあります。

あなたが思った疑問の答えを、聞きたい相手にぶつけていきましょう。

そこで、答えを聞くことができることも大事ですが、まずは、疑問を持ってアンテナを立てること自体が大事です。

街中のデザインを見る

家の中にこもってデザインの勉強をするのも良いけれど、外に出てみると、よりデザインの勉強ができます。

先生
先生
外に出てみると、特に街中には、優れたデザインの作品がたくさんあるよ。

ポスターや看板などをデザイナー目線でたくさん見てみましょう。

そして、チラシやリーフレットなどを持って帰りましょう。

持って帰れないなら携帯カメラやデジカメなどで写真を撮ってみましょう。

このように、デザインに関するアンテナをたくさん立てるのです。

先生
先生
でも、持って帰って終わりではないよ。

デザイニャー
デザイニャー
ファイリングして、コレクションのようにして、作品集を作るんだよニャン。

先生
先生
それではまだ甘い!ファイリングするのも良いけれど、結局見なくなることもなきにしもあらずなんだよね。

そこでおすすめなのが、集めたデザインを壁に貼るなど目に見えるようにすることです。

そして、そのデザインの感覚がついてもういい、と感じたら、どんどん剥がしていくという行為を繰り返していくことで、デザインを見る目が養われていきます。

デッサンを学ぶ

先生
先生
デッサン美術の基本で、デッサン力があるとデザイン力を身につけるのにも良いんだ。

デザイニャー
デザイニャー
絵が描けないとデザインができないからってことだニャン。

先生
先生
そう。デザインで立体を作りたい時に、遠近法であったり、影の描き方がわからないと、IllustratorやPhotoshopなどで立体を作成しようとしても、うまく表現できないんだ。

他にもスケッチを描いたりする能力や観察力が身につくので、デザインにも活かすことができるから、デッサンを学ぶことがおすすめなのです。

デザイニャー
デザイニャー
紙と鉛筆があれば、どこでもすぐに始められるのがデッサンの良いところだニャン。

デッサンの勉強方法

デッサンはアートスクールや絵画教室などでも勉強できますが、あまりお金をかけたくない場合は、本でも学ぶことができます。

 

デッサンを始めるなら、まずは鉛筆の持ち方や練り消しの使い方といった、基礎の基礎から学べる本があるので、おすすめです。

デッサンの基本

意図的に勉強時間を取る

グラフィックデザインを習得したのであれば、意図的に勉強時間をとって、デザイン力を身につけましょう。

デザイン制作が忙しくなってくると、デザイン力向上のインプット意識がなくなりがちになりますが、そうなるといつかはデザインの引き出しが亡くなってしまい、良くありません。

なので、毎日作業時間をする前に時間を決めて、勉強時間を取るようにしましょう。

毎日デザインの仕事をする前の20分間は、デザインの勉強時間をとると決めて勉強してみましょう。

例えば

・本を読む

・手書きでタイポグラフィを描く練習

・デザインに関するブログ記事を読んでみる

このように意図的にデザインのスキルを向上をさせるために時間を作ってみましょう。

先生
先生
これができるかどうかで、デザインスキルが向上していくと思うよ。

クラウドソーシングを利用して簡単な案件にチャレンジする

ある程度グラフィックデザインの基礎を学んだら、クラウドソーシングを利用して、仕事をすることをおすすめします。

デザイニャー
デザイニャー
ついに実践だニャン。

ランサーズやクラウドワークスなどでクライアントワークを実際にすることで、修正箇所などがわかって勉強になりますし、実績を積むことができます。

グラフィックデザインの副業におすすめのクラウドソーシング3選と戦略この記事は次のような方のために書いています。 ・グラフィックデザイナーとして会社で働いているけれど、給与が少ないので副業を始め...

ポートフォリオを作る

クラウドソーシングなどの実績をポートフォリオにしてみましょう。

デザイニャー
デザイニャー
ポートフォリオってなんだニャン?

先生
先生
ポートフォリオとは、自分の実力をみてもらう作品集のようなものだよ。

ポートフォリオができたら、実際に就職・転職活動をスタートさせましょう。

【採用される!】グラフィックデザインのポートフォリオの作り方のコツこの記事は次のような方のために書きました。 ・グラフィクデザインの仕事に転職したいのでポートフォリオの作り方を知りたい ...

本気で学びたいならデザインスクールへ通うのもあり

ここまでグラフィックデザインの勉強用法について解説してきましたが、やっぱり挫折する人も出てきます。

もし本当にグラフィックデザインを本気で勉強したいと思っているのであれば、デザインスクールに通うのがおすすめです。

最近のデザインスクールはオンラインでもできますし、社会人向けにもできています。

グラフィックデザインスクールあなたに合ったおすすめのスクールご紹介この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいけれど、どんなスクールがあるか知りたい ...

まとめ

ここまで次の25個のことについてお話ししてきました。

・独学でグラフィックデザインを勉強をする上で大切なこと

・ゴールを明確に設定する

・短期集中で勉強する

・独学で学ぶべきデザインスキル

・グラフィックデザインを勉強する上で最初に読むべき本

・ノンデザイナーズ・デザインブック

・なるほどデザイン

・グラフィックデザインにつてのテクニカルな本を3冊読む

・グラフィックデザイン基礎講座

・実用的なチラシデザイン

・優しいデザインの教科書

・雑誌

・美術書

・ダリ展(図録)

・デザイン制作のツールの使い方を学ぶ

・本以外のグラフィックデザインの勉強方法

・人に聞く

・街中のデザインを見る

・デッサンを学ぶ

・ダメ出しをしてもらう

・なぜ?という疑問を持つ

・デッサンを学ぶ

・デッサンの勉強方法

・デッサンの基本

・意図的に勉強時間を取る

・クラウドソーシングを利用して簡単な案件にチャレンジする

・ポートフォリオを作る

・本気で学びたいならデザインスクールへ通うのもあり

デザイニャー
デザイニャー
ここで紹介したことを実践に移したら、随分デザイン力が身につきそうだニャン。

先生
先生
独学でやるだけやってみて、晴れてグラフィックデザイナーの仕事ができるようになれたらそれでよし。そしてもっと本格的に学びたい!と思うのであれば、オンラインで学べるデザインスクールもあるので、思い切って入学するのもいいよ。

私たちは、あなたの夢が叶うのを応援しています!