独学デザイン入門

グラフィックデザインに関する資格取得をデザイン力を身につける手段に

この記事は、次のような疑問を持った方へ向けて役立つように書いています。

・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、資格って必要なの?

・グラフィックデザインの勉強ってどんな方法でしたらいいの?

・グラフィックデザインの資格を取るために、学校に通った方がいいの?

グラフィックデザインの資格はなくてもできなくはないですが、資格を取るとために勉強することで、グラフィックデザインのスキルが身につきます。

そして、お金に余裕があったらスクールに通うのが一番のおすすめです。

この記事では、グラフィックデザインに役立つ資格の紹介や、そのための勉強法、そしておすすめのデザインスクールのご紹介をします。

どうぞ最後までご覧になってください。

資格を取るのは仕事で活かせるデザインスキルを身につける手段

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインを仕事にしたいんだけれど、やっぱり資格を持っていないとできないのかニャン?

先生
先生
ううん。グラフィックデザインの仕事をするのに、資格は特に必要ないよ。

ただ、グラフィックデザインの仕事をできるようになるには、

・Illustrator

・Photoshop

・Indesign

といった、ソフトの知識。そして、

・配色

・写真

・タイポグラフィ

・レイアウト

といった表現力。

そのほか、即戦力になる実践レベルのスキルを身につけておくことで、グラフィックデザインの仕事をすることに近づきます。

グラフィックデザインを学ぶ時には、資格を取ることが目的ではなく、仕事として活かせるデザインスキルをつけるのに、資格取得を利用するくらいの気持ちで。

資格を取ることでスキルアップになるばかりではなく、転職活動でも評価されるポイントにもなりますし、特に現場経験が浅かったり、未経験からグラフィックデザイナーになりたい人は、ポートフォリオと一緒に資格もアピールすることで、有利になります。

そして、晴れてグラフィクデザインの仕事についてからすぐに働けるようになるために、基礎ばかりでなく実践的な部分まで身につけておいた方が良いです。

先生
先生
特にIllustratorとPhotoshopは、グラフィックデザインの仕事するのに必ず使うツールだから、必ず身につけておいた方が良いよ。
これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...

グラフィックデザインのスキルを磨くのに役に立つ5つの資格

ここでは、グラフィックデザインのスキルを磨くのに役立つ資格は次の5つです。

・Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

・Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

DTPエキスパート認定試験

・色彩検定(R)

・Adobe認定アソシエイト(ACA)

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Illustratorとは、イラストや図形、文字などを作成したりレイアウトしたりするといったような、グラフィックデザインをするのに必須のAdobe社のソフトです。

試験は、スタンダードエキスパートの二種類があります。

スタンダードでは、実技と実践が出題され指示通りの作業ができることを確かめる試験です。

エキスパートでは、実技と実践に加えて知識の範囲が加わり、より実践的なデザインを制作することができるかを確かめる試験です。

受験料

受験料は、スタンダードが7600円で、エキスパートが8600円です。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshopとは、画像を加工したり調整したりするAdobe社のソフトで、グラフィックデザインの仕事をするのに欠かせません。

試験は、スタンダードとエキスパートの2種類があります。

Illustratorと同じく、スタンダードは実技と実践が出題され、指示通りの作業ができるかどうかの確認をする試験で、Photoshopは、実技と実践に知識の範囲も加わり、より実践的なデザインを制作することができるかを確かめる試験です。

受験料

受験料は、スタンダードが7600円で、エキスパートが8600円です。

DTPエキスパート認定試験

DTPエキスパート認定試験とは、パソコンでデータを作って印刷をすることで、デザイナーや編集者、DTPのソフトを使って印刷物のレイアウトをするオペレーターを目指す人が受ける試験です

DTPエキスパート認定試験では、DTP概論や印刷技術、色、情報システム、コミュニケーションの5種類があり、学科試験、実技試験(課題形式)で出題されます。

DTPエキスパート認定試験の合格に加えて、実技試験も合格すると、DTPエキスパート・マイスターの認定がされます。

DTPエキスパート認定試験は、2年間の認証期間が設けられていて、認証を継続させるためには、更新試験を受験して条件を満たすことが必要です。

受験料

DTPエキスパートの受験料は15000円で、DTPエキスパート・マイスターは21000円。DTPエキスパートからDTPエキスパート・マイスターへのアップグレードの試験は9000円です。

色彩検定(R)

色彩検定は、色に関する技術や知識についての問題が出る試験です。

具体的には、

・色の基礎

・配色技法

・専門的な分野における利用方法

などを色の理論を認定する検定です。

検定レベルは、U C(ユニバーサルカラー)3級、2級、1級、の4種類があります。

・U Cは、色のユニバーサルデザインについて知識を深めたい人に向けた検定

・3級は色を学び始めた人に向けた検定

・2級は色彩を仕事に活かしたい方に向けた検定

・1級は、さらに色彩についての提案力をつけたいプロ向けの検定

先生
先生
デザインをする時には、配色について考えることが多いので、色彩検定を通して色彩の知識や技術をつけておいて損はないよ。

受験料

受験料は、UCが6000円、3級は7000円、2級が10000円、1級が15000円です。

Adobe認定アソシエイト(ACA)

Adobe認定アソシエイトは、IllustratorとPhotoshopに分かれて実施される検定です。

Illustratorの試験では、イラスト、デジタルグラフィックや、Illustratorのことについての内容が主題され、Photoshopでは、デジタル画像やPhotoshopについての内容が出題されます。

受験料

受験料は、一般価格では10780円で、学割価格が8580円です。

グラフィックデザインに関する5つの資格を取るそれぞれのメリット

先生
先生
ここでは、グラフィックデザインの資格を取るとどんなメリットがあるのか、それぞれ解説していくね。

Illustrator(R)能力検定の資格を取るメリット

・Photoshop(R)能力検定の資格を取るメリット

認証試験DTPエキスパートの資格を取るメリット

色彩検定の資格を取るメリット

・アドビ認定アソシエイト(ACA)の資格を取るメリット

Illustrator(R)能力検定の資格を取るメリット

Illustratorの検定を取得するメリットは、デザインをするのに必要な視認性や芸術性のスキルを学習でき、身につけられることです。

また、資格取得のために系統的に学習することで、効率的な操作方法を身につけることができ、それによってデザインをするときの作業時間を効率的に短縮することにも繋がります。

グラフィックデザインの仕事に就職するときや転職するときに、このIllustratorの資格を身に付けるのはおすすめです。

Photoshop(R)能力検定の資格を取るメリット

Photoshopの資格を取得するメリットは、Photoshopを操作する際の効率的な操作方法が身につき、計画的にデザインの仕事を進められるようになって、締め切りまでに納品することができる力が身に付くことです。

カメラで撮った写真を加工する時に、Photoshopのスキルを活かすことができますし、ツールを使いこなせるようになることで、写真を思い通りに仕上げることができます。

Illustratorの資格とともに、グラフィックデザインやWebデザインの仕事に就職したり転職したりするときにおすすめの資格です。

認証試験DTPエキスパートの資格を取るメリット

DTPエキスパート認証試験は、グラフィックデザインの中でも、印刷物のDTPの仕事をする人に役立つ資格です。

この資格を取得することで、就職や転職活動をする際にも有利になります。

DTPエキスパート認証試験に合格した人のスキルは、採用を決めるための指標になりますし、入社後もDTP制作に関する仕事を進めるために必要な知識として役に立ちます。

色彩検定の資格を取るメリット

色彩検定を取得するメリットは、グラフィックデザインの他にも、アートやアパレル、ファッションなどといったいろいろな分野の仕事をする人に役に立つことです。

特にグラフィックデザインやWebデザインの仕事をしている人は、広告デザインを作る仕事が多いので、ターゲット層などのいろいろな要素を考えながらデザインをする必要があります。

色彩検定の資格を取るために勉強することで、配色のイメージや色彩などに関する知識を幅広く持っていることで、クライアントや同僚からも信頼されるデザイナーになれるという強みになります。

アドビ認定アソシエイト(ACA)の資格を取るメリット

アドビ認定アソシエイトの資格を取得すると、就職や転職をするときのグラフィクデザインのスキルの証明にすることができます。

アドビ認定アソシエイトの資格を取るために勉強をすることによって、画像制作やデザインのスキルや、他のデザイナーと仕事をする際の共通認識を身につけることができます。

そしてアドビ認定アソシエイトは、世界共通の資格なので、この資格を取得すると世界で通用する実力を持っているという証明になり評価されます。

グラフィックデザインの資格取得のための勉強法とおすすめの本

先生
先生
ここからは、グラフィックデザインの資格を取得するための勉強法について解説していくね。参考になる本もご紹介していきます。

グラフィックデザインのテキストや問題集を読み解く

グラフィックデザインの資格を取るために勉強するためには、資格を運営している機関が販売している公式テキストや公式問題集を使って勉強するのが一番おおすすめです。

また、 IllustratorやPhotoshopの使い方についての本や、デザインのことについて詳しく書いてある本なども読んで理解すれば、さらにグラフィックデザインのスキルが身につきます。

先生
先生
グラフィックデザインの資格取得の勉強におすすめの本については、以下の記事が参考になるよ
【必勝】グラフィックデザインの資格取得の対策になる【おすすめの本】この記事は次のような人のために書いています。 ・グラフィックデザインのスキルを身につけたい ・グラフィックデザインの就職...

グラフィックデザインの勉強ができるスクール



グラフィックデザインを勉強するためには、仕事で活かせるデザインスキルを身につけるべきです。

独学でも良いのですが、金銭的に余裕があるのであれば、デザイン系のスクールに通うのもおすすめです。

東京デザインプレックス研究所というスクールがあるのですが、スクールに通っている方が、就職もしやすいですし、グラフィックデザインの仕事についてからの実践的なことも学べます。

東京デザインプレックス研究所は、グラフィックデザインの基礎から実践的なことまで学べるという部分もしっかりしています。

グラフィックデザイナーに求められる5つのスキル

ここまでグラフィックデザイナーになりたい人に役立つ資格を紹介しましたが、ここからは、グラフィックデザイナーに求められるスキルについて詳しく解説します。

グラフィックデザイナーに求められるスキルは次の5つです。

・コミュニケーション力

・情報収集力

・Webデザインの実績やポートフォリオ

・イラストレーションのポートフォリオ

・写真のポートフォリオ

コミュニケーション力

グラフィックデザイナーには、コミュニケーション力が必要です。

グラフィックデザイナーは、いろいろな業界のクライアントのデザインを制作したり、社内のアートディレクターやカメラマン、イラストレーターやオペレーターと力を合わせて仕事を進めるからです。

クライアントの要望を的確に汲み取れるヒアリング能力も含めて、コミュニケーション力は必須です。

情報収集力

グラフィックデザイナーには、情報収集力が必要です。

流行のデザインをチェックしたり、デザインを制作するのに使うツールなどの最新情報を入手する必要も必要だからです。

他のグラフィックデザイナー間の共通言語にもなりますし、クライアントの業界の常識などの情報収集も必要です。

Webデザインの実績やポートフォリオ

最近では、グラフィックデザイナーが、Webデザインも制作している会社も増えてきています。

デザインの経験が少ない人であったら、Webデザインの実績やポートフォリオは、就職や転職活動をするときに強みになります。

イラストレーションのポートフォリオ

イラストに自信があるのであれば、イラストレーションの作品をポートフォリオに加えておくこともおすすめです。

会社によっては、イラストのスキルが評価されることもあります。

写真のポートフォリオ

写真を勉強している場合は、自分で撮った写真をポートフォリオでアピールしてみましょう。

予算が少ない仕事をする場合は、グラフィックデザイナーがカメラを使って撮影をすることもあります。

グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。 ・グラ...

まとめ

ここまで次の21このことについてお話ししてきました。

・Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

・Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

DTPエキスパート認定試験

色彩検定(R)

・Adobe認定アソシエイト(ACA)

グラフィックデザインの資格を取ることのメリット

Illustrator(R)能力検定の資格を取るメリット

・Photoshop(R)能力検定の資格を取るメリット

認証試験DTPエキスパートの資格を取るメリット

色彩検定の資格を取るメリット

・アドビ認定アソシエイト(ACA)の資格を取るメリット

グラフィックデザインの資格取得のための勉強法とおすすめの書籍

・グラフィックデザインのテキストや問題集を読み解く

Illustrator®クリエイター能力検定におすすめの書籍

・グラフィックデザインの勉強ができるスクール

グラフィックデザイナーに求められる5つのスキル

・コミュニケーション力

・情報収集力

・Webデザインの実績やポートフォリオ

・イラストレーションのポートフォリオ

・写真のポートフォリオ

グラフィックデザインの資格を持っていると、グラフィックデザインの仕事をするときにいろいろなところでメリットを得られるし、役に立ちます。

グラフィックデザインの資格を持っていることで、就職や転職の際に有利になることも珍しくはありません。

この記事を参考にして、あなたもグラフィックデザイン関する資格を取得していただけたら嬉しいです。