グラフィックデザイン

これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキル

グラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの??

大学や専門学校に通わなくても、グラフィックデザイナーになれるのかしら?

そんなふうに考えてもやもやしている方がいらっしゃるかもしれません。

グラフィックデザイナーには、大学や専門学校に通わなくてもなることは可能です。

この記事で紹介していることを実践してみたら、グラフィックデザイナーとして活躍できるかもしれませんよ!?

グラフィックデザインとして働くためのスキルについて一つ一つ詳しく丁寧に解説していきますので、どうぞ最後までご覧ください。

グラフィックデザインの仕事とは

先生
先生
グラフィックデザインとは、主に次のようなものを作る仕事だよ。

・ポスター

・商品のパッケージ

・パンフレット

・看板

・雑誌の表紙

・本の装丁

・ゲームのビジュアル

・Webページ

よく誤解されがちなのですが、グラフィックデザインの仕事は、センスがいいとか絵が描けるというだけではできません。

クライアントが求めていることを的確に掴んで、問題解決をするために、さまざまな職業の人たちとチームを組んで、一つのデザインをするのがグラフィックデザイナーの本質です。

【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・これからグラフィックデザイナーを目指している人 ・グラフィックデザインが...

グラフィックデザインの仕事で必要なスキル

先生
先生
グラフィックデザインの仕事をするために必要なスキルは、主に次のようなものだよ。

・デザインのスキル

・美的センス

・デザイン理論

・フォント・書体の知識

・色彩

・ソフトウェアのスキル

・コミュニケーションのスキル

・Webマーケティングのスキル

・プレゼンテーションのスキル

先生
先生
一つづつ解説していくね

デザインのスキル

先生
先生
グラフィクデザイナーにまず第一に求められるのは、デザインスキルだよ。

デザインスキルには

・レイアウト

・配色

・タイポグラフィー

などが挙げられます。

広告やパッケージ、Webサイトなどのデザインを作る仕事をするため、親しみやすさや、多くの人が惹かれるデザインを作らないといけません。

新商品のポスターをデザインする際には、商品の良さや特徴を伝え、ターゲットに「買いたい」と思わせるようなデザインスキルが必要です。

先生
先生
デザインのスキルは、センスだけでなく、デザインの基礎や理論を身につけることでその能力を伸ばすことができるんだ。

グラフィックデザイナーは、イラストが描けるにこしたことはありませんが、例えイラストが得意ではなくても、フォントの選び方はレイアウトの仕方などのセンスを磨くことで、魅力的なデザインを作ることができます。

...
【徹底解説】絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる? デザイナーには絵を描くのが好きな人が多いのは本当? ...

美的センス

先生
先生
センスだけではデザインはできないとは言うけれど、優れたデザインを作るには、美的センスも問われるよ。

自分にはセンスがないって言う人でも、美的センスは、デザインの基礎や理論を学ぶことで後からでも磨くことができます。

例えば、良いものをたくさん見て、なぜそのデザインが良いのかを考えたり、センスがあるものを身の回りに置いて生活したりするなどのインプットをすることで美的センスは磨かれます。

デザイン理論

先生
先生
デザインには、「デザイン理論」と言うものがあって、ある程度の部分まで掴んでおくことが重要だよ。

代表されるものに「黄金比」があります。

先生
先生
「1.1618」とか「約5.8」と言う比率で作られているロゴデザインなどもあるよ。

また、色相環という、色彩学における理論も、重要なポイントになります。

色には無数のパターンが存在するけれど、色相環の理論を身につけておけば、配色もスムーズに決めることができます。

先生
先生
ある程度、デザイン理論について知っておくことで、デザイン制作を滞ることなく進めることができるかもしれないね。
【デザイン力UP】グラフィックデザインの基礎を学んで技術を磨こうグラフィックデザインの基礎と言えば、デザインの4大原則がよく知られていますね。 しかし、他にもデザインをする上で役に立つ原則がいく...

フォントの知識

ポスターや広告、パッケージなどのデザインを制作する場合には、「フォント」についての知識を知っておくことや必要です。

先生
先生
フォントは、多種多様なものが無数と言えるほどあったり、また新しいフォントも次々とリリースされているよ。

そのような数多いフォントの中から、制作するデザイン最適なものを選ぶためには、幅広い知識を常に仕入れておく必要があります。

手がけている広告やポスターなどのデザインに、どのフォントがマッチするのかを選ぶためのセンス磨くために、いろんなフォントを日々チェックすることが必要です。

グラフィックデザインに欠かせないフォントの特徴と選び方の3ポイントこの記事は、こんな方におすすめです。 グラフィックデザイナーになりたくて、勉強しているんだけれど、フォントの種類が多すぎて、どれに...

色彩

デザイニャー
デザイニャー
色によって人が受ける印象はそれぞれ変わるよニャン。

先生
先生
だから、さまざまな要素を考えながら一番いい配色をする必要があって、グラフィックデザイナーにはその技術が必要なんだ。

普段の生活でも、黒の服を着るよりも白の服を着た方が太って見える、と言うように、人は色から印象を無意識に得ていることが多いです。

色の組み合わせで、違和感や不快感を与えてしまうこともあるので、グラフィックデザイナーにとっては、色彩能力が必要不可欠です。

先生
先生
与えたいイメージを表すためにも、色相・彩度・明度という色の3要素や配色の方法をきちんと理解することが大事だよ。
グラフィックデザインの配色の選び方や考え方について便利ツールも紹介この記事はこんな人に向けて書いています。 ・デザインをしたいんだけれど、どんな色使いにしようか迷ってしまう ・自分で選ん...

ソフトウェアのスキル

先生
先生
デザイナーになろうとしているのなら、IllustratorやPhotoshopという名前はよく耳にするよね。

IllustratorやPhotoshopは、グラフィックデザイナーに必ず必要なデザインソフトです。

先生
先生
これらのソフトを使いこなせるようになることが、グラフィックデザイナーになる第一歩だよ。

Illustratorは、イラストを描いたり、文字をレイアウトしたりなどのデザインができるソフトです。

Photoshopは、写真の加工や合成などレタッチに必要なソフトです。

デザイナーはこの2つのソフトをほぼ100%使って、ポスターや商品パッケージ、ロゴなどのデザインを作るので、使えるようになりましょう。

そして、IllustratorとPhotoshopに加えて、InDesignというソフトがあるのですが、このソフトは、ページ数が多いパンフレットや雑誌などの書籍のレイアウトを作るのに便利です。

先生
先生
これらのツールを使うスキルをつけることで、グラフィックデザイナーとして活躍する場が増えるよ。
グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。 ・グラ...

コミュニケーションのスキル

グラフィックデザイナーは、よく知らない人には、パソコンに向かって1人で作業をするというイメージがあ理ますが、実際はどうなんでしょう。

グラフィックデザイナーは、ディレクターやコピーライター、カメラマンなど、他のスタッフとチームを組んで、一つのデザインを作り上げる仕事です。

なので、周りと円滑にコミュニケーションを取れないと、クライアントの意図を正しく受け止められなかったりするなど、独りよがりの作品になってしまうことにもなりかねません。

デザイニャー
デザイニャー
チーム内の仲間と上手にコミュニケーションを取ることが不可欠なんだニャ。
グラフィックデザインの仕事で必要な10個のコミュニケーション力とはグラフィックデザイナーとしてやっていくには、コミュニケーション力が必要だとよく言われています。 ただ、パソコンで黙々と作業をするだ...

プレゼンテーションのスキル

グラフィックデザイナーには、プレゼンテーションのスキルも求められます。

なぜなら、どういった意図でデザインを作るのかを説明する場面も多いからです。

デザインの意図を正しく伝えることができないと、デザイナーが独りよがりな制作をしていると思われることになるかもしれません。

頭の中のイメージを正しく具体的に表現するためにも、プレゼンテーションのスキルを身につけることは大事です。

グラフィックデザインの仕事に役立つ資格

先生
先生
グラフィックデザインの仕事をしていく上で、役に立つ資格は主に次の3つだよ。

・Illustratorクリエイター能力認定試験

・Photoshopクリエイター能力認定試験

・色彩検定

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorを使ってグラフィックコンテンツ制作の能力を測る試験で、エキスパートとスタンダードの2種類があります。

エキスパートの資格を取れると、高いレベルの画像編集能力があることを証明することができます。

Photoshopクリエイター能力認定試験

画像を加工したり調整するなどの力を測る試験です。

Illustratorクリエイター能力認定試験と同じで、サーティファイが主催しています。

色彩検定

色に関する知識と技能に関する試験で、色彩活用能力が証明できる資格です。

色彩検定には、3級から1級まであり、グラフィックデザイナーの仕事に役立つ資格です。

未経験からグラフィックデザイナーになる3つの方法

先生
先生
デザイン経験がない状態からグラフィックデザイナーになる方法には、次の3つが挙げられるよ。

・デザインが学べる大学や専門学校へ行く

・独学でデザインを学ぶ

・未経験OKのデザイン会社で働く

デザインが学べる大学や専門学校へ行く

大学や専門学校では、配色のスキルやイラストのスキル、フォントデザインスキル、そしてグラフィクックソフトのスキルなど、総合的に学べます。

グラフィックデザインスクールあなたに合ったおすすめのスクールご紹介この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいけれど、どんなスクールがあるか知りたい ...

独学でデザインを学ぶ

独学でデザインを学ぶには、デザイン系の本や動画サイトで学習します。

グラフィックデザイナーとして働くために必要な知識やグラフィックソフトを操作するスキルが習得できます。

そして、デザインのスキルをアップさせるために、第三者に協力してもらってクライアントワークの練習をすると、客観的な意見を取り入れる力を身につけることができます。

未経験OKのデザイン会社で働く

独学でデザインのスキルがある程度身に付いたら、未経験OKの会社へ就職してアシスタントとして、フィードバックを受けながら経験を積む方法もあります。

書籍や動画サイトでは学べなかった、実務をするのに必要な知識やスキルが身につけられます。

【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・これからグラフィックデザイナーを目指している人 ・グラフィックデザインが...
あなたも独学でグラフィックデザイナーになれる効果的な勉強方法を解説この記事は次のような人のために書きました。 ・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、独学の勉強方法を知りたい ・グ...

まとめ

この記事では、次の18のことについて解説してきました。

・グラフィックデザインの仕事とは

・グラフィックデザインの仕事で必要なスキル

・デザインのスキル

・美的センス

・デザイン理論

・フォントの知識

・色彩

・ソフトウェアのスキル

・コミュニケーションのスキル

・プレゼンテーションのスキル

・グラフィックデザインの仕事に役立つ資格

・Illustratorクリエイター能力認定試験

・Photoshopクリエイター能力認定試験

・色彩検定

・未経験からグラフィックデザイナーになる3つの方法

・デザインが学べる大学や専門学校へ行く

・独学でデザインを学ぶ

・未経験OKのデザイン会社で働く

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザイナーとして働くために、どんなスキルが必要なのかがわかったニャン。

先生
先生
グラフィックデザインの仕事には、美的センスがあった方が良いけれど、それはデザインの理論を学ぶことで身につくから、諦めないでグラフィックデザインの仕事を目指して欲しいよ。

グラフィックデザインのスキルを身につけるためには、デザイン関係の資格を取ることを利用するのも手です。

デザイニャー
デザイニャー
ニャルほど!試験勉強を通して、グラフィックデザインのスキルが身に付くんだニャン!よし!ここは一つ頑張るニャン!!