グラフィックデザイン

グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!

この記事は次のような方に向けて書きました。

・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。

・グラフィックソフトを安くで買う方法を知りたい。

・グラフィックソフトの操作方法はどこで学べばいいか知りたい方。

上記3つのことをこれから詳しく解説していきますので、どうぞ最後までご覧になってください。

グラフィックデザインをするときに使う3つのソフト

先生
先生
グラフィックデザインをするときには、主に次の3つのソフトを使うよ。

・Illustrator

・Photoshop

・InDesign

Illustrator

先生
先生
Illustratorは、よく「イラレ」と略して呼ばれることが多いよ。

イラストレーターという名前からも想像がつくように、イラストを作るソフトでですが、その他にも次のようなデザインを作るのにも使われています。

・名刺、チラシ

・ロゴマーク

・看板デザイン

・ノベルティデザイン

先生
先生
Illustrator一つで、幅広いデザインワークをこなすことができるんだ

デザイニャー
デザイニャー
使い勝手が良いソフトなんだニャン。

Illustratorの特徴

先生
先生
Illustratorは、ベクターデータという形式でモニターに描画されるんだ。

ベクターデータは、拡大縮小しても描画が荒れないのが特徴です。

デザイニャー
デザイニャー
デジカメなどで撮った写真をモニターで拡大してみたり、大きく引き伸ばして印刷した時などに、画像がギザギザと荒れて見えたりすることがあるニャン。

先生
先生
それは、写真のデータがビットマップデータであるためだよ。

ベクターデータでは、拡大しても描画が荒れて見えることはありません。

Photoshop

先生
先生
Photoshopは、よく「フォトショ」と略されて呼ばれることが多いよ。

Photoshopは、次のようなものを作るのによく使われます。

・画像合成

・写真の編集

・バナー作成

・ホームページデザイン

デザイニャー
デザイニャー
Photoshopは、写真の画像を扱うときに使われるんだニャン。

Photoshopの特徴

先生
先生
Photoshopは、ビットマップデータの形式でモニターに描画されるんだ。

ビットマップデータは、ドットがたくさん集まって写真などの画像が描画されていて、階調が滑らかなのが特徴です。

写真で撮った画像と全く同じ画像をIllustratorのベクターデータで再現するのは難しいです。

先生
先生
Illustratorのベクターデータで再現するのも不可能というわけではないけれど、パソコンの負担が大きくなって、画面の再現が追いつかないこともあるからね。

Photoshopの画像は拡大すると劣化することも

Illustratorで作った名刺のベクターデータは、デザインのなかにビットマップデータがなかった場合は、大きく引き伸ばしても画質の劣化はありません。

しかし、Photoshopのデータは大きく拡大すると、画質が劣化して荒れます。

先生
先生
Photoshopで扱うデータは、ドット(ピクセル)が集まったものだったよね。Illustratorで作るような図形を編集するのではなく、Photoshopでは、ピクセルを編集するんだ。

小さなドット(ピクセル)の集合でできた画像は、グラデーションや微妙な会長などは綺麗に表現力できるという利点がありますが、拡大表示していくと、画像がギザギザになっていきます。

デザイニャー
デザイニャー
だからPhotoshopで作ったデータは画像サイズに気をつけないといけないんだニャン。

先生
先生
そう。要するに、あまり拡大しすぎると画像の品質が悪くなるということなんだ。

InDesign

先生
先生
InDesignとは、IllustratorやPhotoshopと比べたら、初心者の方にはあまり馴染みがないとは思うけれど、一言で言うと編集ソフトのことだよ。

InDesignは、次のようなものを作るのに使われます。

・名刺、チラシ

・フリーペーパー、パンフレット、カタログ

・ノベルティデザイン

・看板

デザイニャー
デザイニャー
これってIllustratorと同じなんじゃない?

先生
先生
そうだね。InDesignとIllustratorはよく似た機能を持っているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
じゃあ、InDesignの特徴ってなんなのかニャン?

InDesignはページものを効率的に作成できる

パンフレットやカタログ、フリーペーパーなどのページものでは、一定のルールで文字や写真を配置していくことが多いです。

先生
先生
InDesignの特徴は、次のようなものだよ。

・文字設定や段落設定で文字を綺麗に見せる

・ページ送りの管理がやりやすい

・パーツの管理がやりやすい

・IllustratorやPhotoshopで作ったファイルをパーツとして利用するのに便利

・InDesignのファイルの一部をパーツとして使用できる

デザイニャー
デザイニャー
Illustratorでも同じことができますが、InDesignで編集する方がより効率的なんだニャン。

グラフィックソフトの特徴を把握しよう

ここまでIllustrator、Photoshop、InDesignの紹介をしてきたけれど、どうでしたか?

どのソフトでも同じことができて、目的のデザインを作ることができます。

デザイニャー
デザイニャー
llustratorとInDesignは特に近いみたいだニャン。

先生
先生
Illustratorで雑誌などのページものを作ることができるし、また、InDesignでロゴを作ることもできる。中にはすごく珍しいんだけれど、Photoshopでチラシを作ることもできるんだ。

ロゴマークをであれば、いろんな加工をしたり、印刷物やWebの両方のメディアで使うので、Illustratorで作る方が向いています。

ポスターやチラシであったら、IllustratorでもInDesignでも可能ですが、印刷会社やクライアントからどちらかを指定される場合もあります。

そして、雑誌などのページもののデザインだったらInDesignが向いています。

先生
先生
このように、3つのグラフィックソフトのなかで似た機能もありますが、より使いやすい特徴があるので、うまく使い分けて使っていこう。
これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...
グラフィックデザインに関する資格取得をデザイン力を身につける手段にこの記事は、次のような疑問を持った方へ向けて役立つように書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、資格って...

グラフィックソフトAdobe Creative Cloudを安く購入する方法

先生
先生
Adobe Creative Cloudは、月間、または年間契約で使用することができるよ。

グラフィックデザイナーが使う、Illustrator、Photoshop、InDesignの3つを買うには、Adobeの公式ページを見てみると、コンプリートプランが月額4980円で、コンプリートプランを年間で一括払いにするには税込64540円が必要です。

デザイニャー
デザイニャー
結構な金額だニャン。他に方法はないのかニャン?

先生
先生
もう少し安くで購入するには次の2つがあるよ。

・Amazonでセールスを狙う

・学生になって学割価格で購入する

Amazonで購入する

先生
先生
Amazonで購入すると、Adobe公式サイトで買うよりも4780円安くなるよ。

 

さらに、セール期間には20〜30%オフになっていて、12ヶ月版で購入すると、約4200円〜48000円ほどになります。

デザイニャー
デザイニャー
セール期間を狙いたいニャン。

先生
先生
先生:1年ごとの更新が面倒な場合は、Amazon限定の24ヶ月版、36ヶ月版もあるし、お得でもあるんだけれど、一括払いにするには値段が高いのが難点かな。

 

 

学生になって学割価格で購入する

先生
先生
AdobeCCを安く購入するには「学生になる」と言うのがもう一つの方法だよ。

デザイニャー
デザイニャー
なんだかプロが仕事で使うのにいいのかニャン?

先生
先生
それが違法でもないし、ずるくもないんだよ。個人としての商用利用はセーフなんだ。

会社員でもフリーランスでもフリーターでも学生でも申し込めばスクールの生徒になれますし、学生の期限が切れそうになってもの同じコースを繰り返し申し込むことができます。

デザイニャー
デザイニャー
でもスクールのAdobeCCの価格ってどうして安いんだろうかニャン?

実は、スクールはAdobe社とパートナーシッぴを結んでいて、スクールの受講生に「学割の製品」と「コース」を一緒に合わせて販売することが認められているからです。

「Adobeスクールパートナープログラム」といって、Adobeの製品の使用方法を初めから学びたい初心者の方から、さらにスキルを習得してキャリアアップしたいという幅広い方々へ独自の教材やトレーニングサービスを提供するプログラムがあります

このプログラムには

・プラチナスクールパートナー

・ゴールドスクールパートナー

・ブロンズスクールパートナー

の3つがあります。

このプログラムの参加特典として受講者に向けて、特別価格版の販売や学生・教職個人版をトレーニングコースとパッケージにして提供されています。

先生
先生
プラチナスクールパートナーとして、ヒューマンアカデミーというスクールが認定されているよ。

ヒューマンアカデミーとはAdobe公式パートナーの一つで、ヒューマンアカデミーDTPスクールでは、

・DTPデザイナー

・DTPデザイン

・Illustrator

・Photoshop

・InDesign

の講座が充実しています。

先生
先生
また、デジハリONLINEやUdemyでもAdobeのソフトの基礎を学ぶことができるよ。

 



グラフィックデザイナーとして就職するための会社の選び方や求人サイトこの記事は、次のような方に向けて書いた記事です。 ・グラフィックデザイナーとして会社で働きたい ・グラフィクデザイナーに...
【未経験で独学でもOK】グラフィックデザインの勉強方法について解説この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザイン未経験で独学で学びたい方 ・独学でグラフィックデザイン...
グラフィックデザインスクールあなたに合ったおすすめのスクールご紹介この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいけれど、どんなスクールがあるか知りたい ...

まとめ

先生
先生
ここまで次の12個のことについてお話ししてきたよ。

・グラフィックデザインをするときに使う3つのソフト

・Illustrator

・Illustratorの特徴

・Photoshop

・Photoshopの特徴

・Photoshopの画像は拡大すると劣化することも

・InDesign

・InDesignはページものを効率的に作成できる

・グラフィックソフトの特徴を把握しよう

・グラフィックソフトAdobe Creative Cloudを安く購入する方法

・Amazonでセールスを狙う

・学生になって学割価格で購入する

グラフィックデザインをするには、やっぱりAdobe社のソフトが欠かせません。

フリーソフトもあるにはありますが、プロのグラフィックデザイナーのほとんどはAdobe社のグラフィックソフトを使っているので、グラフィックデザイナーとして働くのであれば、お金を払ってでもAdobe社のソフトを使うことをおすすめします。