グラフィックデザイン

グラフィックデザイナーとして就職するための会社の選び方や求人サイト

この記事は、次のような方に向けて書いた記事です。

・グラフィックデザイナーとして会社で働きたい

・グラフィクデザイナーになりたいのだけれど会社の選び方がわからない

・グラフィックデザインの求人の選び方を知りたい

・グラフィックデザイナーになりたいのだけれど自分に適性があるのかどうかを知りたい方

これらことをこの記事で簡潔丁寧にお話ししていきますので、どうぞ最後までご覧になってください。

グラフィックデザインってどんな仕事?

グラフィックデザインとは、クライアントの意向をもとに、印刷物やWebサイトに載せる広告を作ったり、ゲーム会社でキャラクターや背景のデザインを作ったりする仕事です。

クライアントの意向を聴きながらデザインを作って納品まで行うので、コミュニケーション能力やスケジュールの管理能力が必要とされます。

先生
先生
毎日新しいことへチャレンジしていく仕事なので、刺激を感じるし、飽きることがないというデザイナーも多くいるよ。

デザイニャー
デザイニャー
デザイナー次第で、仕事の幅や可能性をどんどん広げていくことができるんだニャン!

また、大きな看板の広告を作ったり、CG作品などが世間に出回ったりすることもあるので、たくさんの人に自分が作ったデザインをみてもらえるところが大きな魅力だと言えます。

【初心者デザイナー必見】グラフィックデザインの仕事の紹介と仕事の流れ グラフィックデザインの仕事をしたいと思うんだけれど、どんな仕事なのかわかっているのかというと、まだ全然わかっていない感じだし、漠...

グラフィックデザイナーの就職する会社の選び方

先生
先生
グラフィックデザイナーになりたくて就職先を選ぶ時には、自分が「どんなグラフィックデザインをしたいか」をよく考えて選ぶと良いよ。

・広告代理店

・印刷会社

・制作プロダクション

・企業の宣伝部・商品開発部

などによって特色があるので、手がける広告や媒体もそれぞれ違います。

そして、

・グラフィックデザイナーとしてどの分野で仕事をしたいのか

・自分の強みを活かして働けるのはどのような会社なのか

をよく考えた上で、就職先を決めると良いでしょう。

「グラフィックデザイナーになって何を実現させたいのか?」「なぜグラフィックデザイナーでなければいけないのか?」といった点をよく考えて明確にして、就職活動の時に会社に自分を売り込むためのメッセージを作ることが大切。

グラフィックデザイナーになるための就職活動のアドバイス

グラフィックデザインなどのデザイン系の就職活動をする際には、デザインのスキルや資格も重要なものの一つですが、それに加えて応募するときには、面接の時にポートフォリオを提出することも非常に大切です。

先生
先生
自分のデザイン作品をまとめたポートフォリオは、グラフィックデザイナーを目指す人にとって必須のものだよ。

ポートフォリオで自分のデザインスキルや制作に取り組む姿勢をアピールできますし、他の就活生との差別化にも役立ってくれます。

また、自己分析や企業研究もグラフィックデザイナーの面接を攻略するのにとても大切です。

希望や想いを語るだけでなく、具体的なエピソードを添えて話をしていくと、面接官から興味を持ってもらえ、就職内定にぐっと近づきます。

そして、グラフィックデザイナーも含めたデザイナーという職種は、自由で何でも許されるというイメージがありますが、面接時には、清潔感があり誠実さが伝わるような服装にすることが大切です。

先生
先生
グラフィックデザイナーはクラアントとともにデザインを作っていく仕事なので、面接時に奇抜な服装やおしゃれさを強調した服装だったりしたら、好印象は持たれないよね。

髪型や化粧、服のシワなどといった細かい点に気を配って笑顔を意識することが、面接攻略の鍵となります。

グラフィックデザイナーが就職する会社

グラフィックデザイナーとして働ける会社は主に次の通りです。

・広告代理店

・印刷会社

・制作プロダクション

・企業の宣伝部

・企業の商品開発部

・メーカーの広報部

・プロダクション

・ゲーム会社

・スマホアプリの開発企業

・映画、アニメ制作会社

・フリーランス

印刷物のデザインは縮小傾向ですが、インターネット広告などの電子媒体の業績は好調です。

デザイニャー
デザイニャー
だから、印刷物だけでなくて、Web業界にも強いグラフィックデザイナーの需要は高まってきてるんだニャン。

先生
先生
会社の枠から仕事の幅を広げて働きたい場合にはフリーランスとして独立する選択肢もあるから、最初のうちは会社でたくさん経験を積みながら人脈を広げていくと、後々仕事を回してもらい安くなるよ。

最近ではスマホゲームが流行っているので、ゲーム会社の2Dのグラフィックデザイナーの人気もどんどん上がってきています。

それに加えて、3DCGの技術も持っていたら、アニメやVR、そして映画業界でも活躍できることもあります。

グラフィックデザイナーとして就職活動する時の求人の探し方

グラフィックデザインの求人を探すには、就活ポータルサイトは、総合的に職種を網羅しているので、事務職や営業職などは見つけやすいのですが、デザイナーなどの専門的な職種を見つけるのはやや難しいでしょう。

先生
先生
グラフィックデザイナーの求人探しているのであれば、マスコミやコンテンツ業界に特化した就職サイトを利用してみるのが良い方法だよ。

クリ博ナビだったら、マスコミや広告、映像、ゲーム、そしてIT業界といった、クリエイティブな業界に特化しています。

先生
先生
クリ博ナビだったら、クリエイティブ業界に特化した求人情報や、イベントやセミナーなどで、業界に関する生の声も聞ける機会が多いからおすすめだよ。

さらにクリ博ナビでは、オンライン上で参加可能の講座や説明会も行っているので、地方の学生や、学業などで忙しい就活生でも気軽に参加できます。

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザイナーを目指す学生であったら登録していると便利だよニャン。

その他にも求人ボックスindeedでもグラフィックデザインの仕事が探せます。

グラフィックデザイナーに向いている人

先生
先生
グラフィックデザイナーは、技術が必要な専門職なので、向き不向きがあるんだ。

グラフィデザイナーに向いているのは次のような能力を持っている人です。

・論理的思考

・プレゼンテーション能力

・コミュニケーション能力

グラフィックデザインの仕事するには、論理的思考が必要です。

デザインを作る際に、意図していることがターゲットに伝わるように情報を取捨選択して、マーケティングをよく理解する必要があります。

先生
先生
グラフィックデザインにはアーティスト的な感覚も大切だけれど、それよりも論理的思考に基づいてデザインを作っていく職業なんだ。

企業によっては、デザイナーが自分でクライアントにプレゼンやヒアリングをすることもあるので、制作物の説明をするプレゼンテーション応力や、どんなデザインが求められているかの認識をすり合わせるコミュニケーション能力もグラフィックデザイナーには求められます。

【デザイン初心者必見】グラフィックデザイナーに向いているのはこんな人! グラフィックデザイナーに向いている人の特徴 自由な発想力 コミュニケーション...

グラフィックデザイナーに求められるスキル

前にも触れた通り、グラフィックデザインは専門的な仕事なので、グラフィックデザイナーんあるためには、次のようなスキルを磨く必要があります。

・デザイン力

・グラフィックソフトを使う技術

・発言力

デザイン力

グラフィックデザイナーには、使いやすいだけでなく、流行を意識したデザインを作る力が求められます。

デザイン力は、個人のセンスだけで決まるものではなく、配色や構図を決めるデザイン理論や日々流行をチェックする情報収集をすることで、デザイン力をつけることができます。

グラフィックソフトを使う技術

グラフィックデザインの仕事をするには、IllustratorPhotoshopなどのグラフィックソフトを使いこなす力をつけましょう。

先生
先生
簡単に説明すると、Illustratorやイラストが描けるソフトでPhotoshopは写真を加工することができるソフトだよ。

これらのソフトを使って、ポスターやロゴマーク、商品パッケージなどのデザインをします。

グラフィックデザインをするためのソフトは?Adobe社がおすすめ!この記事は次のような方に向けて書きました。 ・グラフィックデザインをするために使うソフトについて詳しく知りたい。 ・グラ...

発言力

前にも触れましたが、グラフィックデザイナーには、ヒアリング力やプレゼンテーション能力も求められることがあります。

自分が作ったデザインがどうしてこのようになったのか、そしてそのデザインの良さを伝える発言力も不可欠です。

グラフィックデザインの仕事で必要な10個のコミュニケーション力とはグラフィックデザイナーとしてやっていくには、コミュニケーション力が必要だとよく言われています。 ただ、パソコンで黙々と作業をするだ...
これから【グラフィックデザイナー】を目指す方へ!身につけたいスキルグラフィックデザインの仕事をしたくて、これから学んで行きたいんだけれど、どうしたら活躍できるデザイナーになることができるの?? 大...

グラフィックデザイナーに役立つ資格

グラフィックデザイナーは、日々デザインスキルの向上が求められる仕事です。

なので、向上心やチャレンジ精神をアピールするためにも、次のような資格を持っておくことをおすすめします。

・Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

・Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

・DTPエキスパート認定試験

・色彩検定(R)

・Adobe認定アソシエイト(ACA)

グラフィックデザインに関する資格取得をデザイン力を身につける手段にこの記事は、次のような疑問を持った方へ向けて役立つように書いています。 ・グラフィックデザイナーになりたいんだけれど、資格って...

グラフィックデザインの勉強する3つの方法

グラフィックデザインの勉強をするには、次の3つがあります。

・専門学校で学ぶ

・独学で学ぶ

・未経験からできる仕事を始める

学生がグラフィックデザイナーを目指すには、デザイン系の専門学校などで基礎を学んで、卒業後に企業に就職することが多いです。

学校に通う以外にも独学で学んだり、未経験OKの会社に就職する方法もあります。

年齢やスキル、現在の立場や自分の希望に合わせて選ぶと良いでしょう。

https://www.620nobuko.com/?p=742

まとめ

ここまで次の12のことについてお話ししてきました。

グラフィックデザインってどんな仕事?

グラフィックデザイナーの就職する会社の選び方

グラフィックデザイナーになるための就職活動のアドバイス

グラフィックデザイナーが就職する会社

グラフィックデザイナーとして就職活動する時の求人の探し方

グラフィックデザイナーに向いている人

グラフィックデザイナーに求められるスキル

デザイン力

・グラフィックソフトを使う技術

・発言力

・グラフィックデザイナーに役立つ資格

・グラフィックデザインの勉強する3つの方法

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザイナーとして働くための会社の選び方や求人の探し方を教えてもらうことができたニャン。

先生
先生
また、どんなタイプの人がグラフィクデザイナーの適性があるか、グラフィクデザインの仕事をするためにどんなスキルを持っていると即戦力になるかについてもお話ししてきたよ。

それから、グラフィックデザインの仕事に役に立つ仕事やグラフィックデザインの勉強する方法についても簡単にお話ししてきました。

私たちは、グラフィックデザイナーとして働きたい‼︎ グラフィックデザインが好き‼︎ という方を応援しています。

他にも役立つ記事を書いていますので、ご興味を持たれましたらどうぞご覧になってくださいね。