グラフィックデザイン

【デザインの幅拡大】ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違い

この記事では、

・ビジュアルデザインとグラフィックデザインとの違い

・ビジュアルデザインの仕事がどんなものなのか

・ビジュアルデザインのスキルを身につけるために必要な

などについて深く踏み込んでいきます。

全部読み終えると、ビジュアルデザインについて理解することで、グラフィックデザインやWebデザインの仕事にも活かせるようになります。

どうぞ最後までご覧になってください。

ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違い

 

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインとビジュアルデザインってどう違うのかニャ?

ビジュアルデザインというのは簡単に言うと

・絵

・写真

・コンピュータグラフィックス

など、目に見えるような表現で伝えることを目的としたデザインのことをいいます。

先生
先生
私たちが生活している空間で、目に見える形で働きかけるデザインのことをビジュアルデザインって言うんだよ。

一方、グラフィクデザインとは、ビジュアルデザインの中の一つとなっていているものを指します。

先生
先生
これから、グラフィックデザインとビジュアルデザインについて詳しく解説していくよ。

グラフィックデザインとは

先生
先生
グラフィックデザインというのは、商品などのサービスの情報やメッセージを文字や画像を使って魅力的に伝えるデザイン手法のことを言うんだ。

・ポスター

・チラシ

・パンフレット

・カタログ

・本

・雑誌

などの印刷物のデザインのことをグラフィクデザインといいます。

【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・これからグラフィックデザイナーを目指している人 ・グラフィックデザインが...

ビジュアルデザインとは

一方、ビジュアルデザインとは、絵や写真だけでなく、

・映像

・イラスト

・写真

・文字

などを使って、目に見える形で情報を伝えるデザインのことを指すもので、ポスターや雑誌、Webサイトなど、日常的に目にすることが多いものです。

また

・広告

・出版

・パッケージデザイン

・Webデザイン

・イラストレーター

・雑貨デザイン

などの印刷物からWebデザインまで映像や音声以外の伝達方法など、目に見える情報を扱う分野をビジュアルデザインといいます。

デザイニャー
デザイニャー
つまり、グラフィクデザインはビジュアルデザインという枠の中に含まれるデザインの一つということになるんだニャ。

ビジュアルデザインと関係のある主な6つの仕事

 

デザイニャー
デザイニャー
ビジュアルデザインに関する仕事について詳しく知りたいニャン。

ビジュアルデザインに関する仕事には主に次の6つのものがあります。

・広告

・出版

・パッケージデザイン

・Webデザイン

・イラストレーター

・雑貨デザイン

 

広告

先生
先生
商品の宣伝で、ポスターやCMなどのビジュアルデザインを作成するものを広告というんだ。

デザイナーは、広告代理店やデザイン事務所で働いていて、クライアントの要望を聞き出しながら、デザイン案を提案しています。

出版

 

先生
先生
本や雑誌、カタログなどの出版物のデザインをエディトリアルデザインと言うんだ。

出版社とやりとりして、読みやすく美しい書面を作り出すのが、エディトリアルデザインの仕事です。

本の表紙を専門に作るデザイナーのことをブックデザイナーと言います。

 

パッケージデザイン

 

先生
先生
パッケージデザインとは、食品やお菓子などの包装やCDジャケットなどのデザインのことを指すんだよ。

パッケージを見て商品が変われることがあり、商品の売れ行きを左右するデザインであると言えます。

 

Webデザイン

 

先生
先生
ビジュアルデザインも、最近では印刷物だけでなく、Webの仕事も多くなっているんだ。

Webの見た目のデザインでは、美しさだけでなく操作のしやすさも意識することが必要と言うことと、Webサイトを作るために、HTMLやCSSというコーディングの知識や技術を求められることがあります。

Webデザインとはどんな職業か?未経験からの勉強方法から就職までこの記事は次のような人のために書いていています。 ・未経験からWebデザイナーになりたい ・Webデザインの勉強はどんな...

 

イラストレーター

先生
先生
イラストレーターは、パンフレットやポスターなどの印刷物からWebサイトまで、媒体を問わずにすることが多い仕事だよ。

イラストレーターには、クライアントが考えているイメージをイラストで表すことが求められるので、画力の高さだけでなく、コミュニケーション能力や柔軟な発想力が求められます。

【徹底解説】絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる? デザイナーには絵を描くのが好きな人が多いのは本当? ...

雑貨デザイン

先生
先生
雑貨や文房具などのデザインもビジュアルデザインの仕事だよ。

雑貨デザインには、デザインスキルだけでなく、流行をキャッチする力や商品を売るためのマーケティング知識も求められます。

 

ビジュアルデザインをするのに必要な4つのこと

ビジュアルデザインを学ぶ際に必要なのは次のことです。

・コンセプトの考え方

・タイポグラフィの知識

・写真の知識

・イラストレーションのスキル

先生
先生
基本的なことを掴めたら、実際にデザインを作って経験を積んでいくことが大切だよ。

 

コンセプトの考え方

ビジュアルデザインで情報を伝えるには、「誰に、何を使えるか」と言うコンセプトを決めることがいちばん重要です。

先生
先生
コンセプトをしっかり立てることができていたら、素材やレイアウトなどは自然に決まるものだからね。

デザイニャー
デザイニャー
と言うことは、ビジュアルデザインのスキルを身につけるには、まずはコンセプトの考え方を身につけることが大切なんだニャ!

本やネットでもコンセプトの考え方について学ぶことができますが、直接、現役のプロから直接話を聞けると、より実践的で高度な考え方が身につきます。

【重要】グラフィックデザイン制作に肝心なコンセプトの立て方を解説!グラフィックデザインをするにおいて、あらかじめコンセプトを立てておくと、クライアントに満足してもらえるデザインが作ることができます。 ...

タイポグラフィの知識

グラフィックデザインには、文字や書体、文字組みなどのタイポグラフィが欠かせません。

文字を読みやすくするためには、適切なフォントを選んで、文字をきれいに配置することが大切です。

先生
先生
そして、単に読みやすくするだけでなくて、文字そのものをデザインすることもタイポグラフィのうちに入るんだよ。
グラフィックデザインをするなら知っておきたいタイポグラフィについて「タイポグラフィって何なのかな??」 なんとなく書体のことであることはわかっているけれど、詳しいこととなると何のことを指しているの...

写真の知識

ビジュアルデザインで写真を活用するときには、Photoshopを使って加工編集をしたりする技術や、レイアウトの方法などの知識が役に立ちます。

また、デザイナー自身が写真を撮れる必要は必ずしではないけれど、構図の理解をすることや、素材が足りないときにデザイナー自身が用意したりするためにも、写真撮影はできないよりもできた方が良いです。

 

イラストレーションのスキル

デザインで情報をよりわかりやすく伝えるためには、イラストレーションのスキルも有効です。

先生
先生
Illustratorを使えば、バナーやロゴ、アイコン等を自分で作ることが出来るようになるからね。

今では、イラストレーションはビジュアルデザインに必要な要素となっているので、イラストが描けてデザインもできるデザイナーが求められることが多いです。

【徹底解説】絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる? デザイナーには絵を描くのが好きな人が多いのは本当? ...

ビジュアルデザインの12の基本

デザイニャー
デザイニャー
ビジュアルデザインがどんなものなのかが大体わかったけれど、ビジュアルデザインって、ハードル高そうなんだよニャン。

先生
先生
ここではビジュアルデザインの基本についてお話ししてみるから、ぜひ参考にしてみて。

・レイアウト

・余白

・線

・色

・タイポグラフィ

・スペース

・バランス

・スケール

・アライメント

・フレーミング

・テクスチャ

・ビジュアルコンセプト

 

レイアウト

layout

配置を決めることを、レイアウトと言います。

・ポスター

・雑誌

・Web

など、どんな媒体のデザインを作るときでも、レイアウトの知識を使います。

・横書きの場合はZ型

・縦書きのものはN型

・WebサイトなどはF型

と言うように人間の視線は動きます。

デザインをする際に、重要な情報をその目線の始めの点に置くようにするなど、人間の視線の動きに合わせてレイアウトを決めます。

...
【デザイン力UP】グラフィックデザインの基礎を学んで技術を磨こうグラフィックデザインの基礎と言えば、デザインの4大原則がよく知られていますね。 しかし、他にもデザインをする上で役に立つ原則がいく...

 

余白

先生
先生
また、デザインを作るには、余白を利用することも効果的だよ。

関連性の高いもの同志を近くに配置して、また関連性の低いものは余白を入れて配置します。

要素を詰め込みすぎないで、余白を適度に作ることで、見やすくて良いデザインになります。

 

 

世の中にあるデザインは全部、線と線の組み合わせを使って表現されています。

先生
先生
どんなポスターやパンフレット、雑誌にWebサイトでも、デザインの要素を分解してみれば、線の集合体だと言うことを知っておこう。

 

色は、様々な意味をデザインに与える要素です。

先生
先生
街にある信号や標識などをみると、赤は禁止、黄は注意を促すといったように、色それぞれに意味があるよね。

それぞれの色が持つ意味は、デザインをする上で非常に重要です。

グラフィックデザインの配色の選び方や考え方について便利ツールも紹介この記事はこんな人に向けて書いています。 ・デザインをしたいんだけれど、どんな色使いにしようか迷ってしまう ・自分で選ん...

タイポグラフィ

先生
先生
さっきも紹介したけど、文字を適切な書体にしたり色をつけたりして表現して、その配置を工夫することで、デザインを魅力的に見せる手法のことを『タイポグラフィ』と言うんだ。

ビジュアルがどんなに優れていても、タイポグラフィがイマイチだと、全てが台無しにななることもあります。

グラフィックデザインをするなら知っておきたいタイポグラフィについて「タイポグラフィって何なのかな??」 なんとなく書体のことであることはわかっているけれど、詳しいこととなると何のことを指しているの...

 

スペース

 

先生
先生
そしてまた、さっきも説明した余白なんだけれど、余白が多すぎるとデザインが中途半端になるし、かといって少なすぎるとごちゃごちゃと乱雑なイメージを与えてしまうんだ。

余白にはデザインを引き立てる役目があるので、バランスの取れた余白を作ることが大切です。

 

バランス

 

良いデザインを作るには、『バランス』を大切にすることも重要です。

整然と整った配置だけでなく、デザインに軽重をつける必要があることもあります。

先生
先生
同じ文字でも太字と細字、また、黒と白では視覚的にも違うからね。

 

スケール

 

そして、『スケール』とは、要素の大きさのことを指しています。

例えば、新聞を見てみると、新聞には見出しが大きく取られているなど、スケールは、大事な部分に目を引かせるために、有効です。

デザイニャー
デザイニャー
バランスでもスケールにおいても言い換えると、『メリハリ』が大切ってことだニャン。

先生
先生
ただ、全体のバランスを考えて調整しないと、逆効果になることもあるからね。

 

アライメント

あまり聞き慣れませんが、整列のことを『アライメント』と言います。

デザイニャー
デザイニャー
デザインの要素同士が整然と並んでいないデザインは、バランスが不安定なように見えてしまうニャン。

先生
先生
それに、文字列などにおいては特にアライメントが重要で、上から下、左から右というように、文字列が見る人の視線の動きに沿っていないと読みづらく感じるよね。

 

フレーミング

『フレーミング』というのは写真用語から来ていて、構図や切り取り方を意味します。

先生
先生
ビジュアルデザインにおいては、画像を切り取って表現することでデザインをより引き立たせたりして、メッセージを強調してアピールすることができるんだ。

 

テクスチャ

 

デザインに質感を持たせる表現方法のことを『テクスチャ』と言います。

テクスチャをかけることで、エンボス加工をしたような表情をつけたり、質感をザラザラした感じにさせたりすることができます。

先生
先生
でもやりすぎると、安っぽいデザインになってしまうこともあるから、度を越さないように適切に用いることが重要だよ。

 

ビジュアルコンセプト

『ビジュアルコンセプト』というのは、

・どうしてこのビジュアルを使ったりフォントを使ったのか。

・どんな意味を込めているのか。

・どのような思想や意図を持ってデザインしたのか

ということを表すものです。

先生
先生
ビジュアルコンセプトというのは、長年使われている優れたデザインには、必ずといっても良いほど込められているんだ。

 

ビジュアルデザインにおいて4つの大切なこと

ビジュアルデザインの目的は、デザインで情報を伝えることです。

ビジュアルデザインにおいて大切なことは次の4つです。

・注目点

・ヒエラルキー

・感情

・理解

ここでは、ビジュアルデザインを見る人が情報を正しく受けられるための必要なポイントについてお話ししていきます。

 

注目点

 

ビジュアルデザインの中でも遠くに目を引く部分のことを『注目点』と言います。

先生
先生
とても優れたデザインのポスターなどは、見る人に強く印象深く残る部分があるんだけれど、これは、そのポスターを作ったデザイナーがその部分を『注目点』として目立たせるようにしているからなんだ。

注目点を作る際には、どうしてその要素を目立たせたいのかをよく考えて、要素の色やサイズ、そして配置する位置に工夫することが大切です。

 

ヒエラルキー

 

デザインの要素の優先順位を表すものことを『ヒエラルキー』と言います。

先生
先生
同じ要素を使ったデザインであっても、テキストを目立たせるか、それとも画像を目立たせるかによって、それぞれの重要度が変わるんだよ。

デザインを作る際に、そのデザイン伝えたいことはなんなのか。そのためには何を優先して伝えるかを分析して考えることが考える必要があります。

 

感情

 

デザインは、そのデザインを見る人に色々な『感情』を起こします。

先生
先生
人を癒すようなサービスをしたいのに、パンフレットが真面目で堅い感じのデザインであったら、そのデザインを見る人の信頼を得られにくいということなんだ。

デザインをみた人にどのような気持ちを持って欲しいのかを考えながら、ポジティブな感情を持ってもらうことが大切です。

 

理解

デザインというのは、情報を伝えるためにあるもなので、見る人にその情報が伝わらなければ意味がありません。

デザイニャー
デザイニャー
一つのデザインを見る人みんなに正しく情報が伝わることが大切だってことだニャン。

アートは、見る人がそれぞれあれこれと解釈して楽しむものですが、情報を正しく伝えられていると言えるわけではありません。アートとデザインを混同してしまう人がいますが、そうならないように注意しましょう。

 

まとめ

ここまで次のことについてお話ししてきました。

・ビジュアルデザインとグラフィックデザインの違い

・グラフィックデザインとは

・ビジュアルデザインとは

・ビジュアルデザインと関係のある主な6つの仕事

・広告

・出版

・パッケージデザイン

・Webデザイン

・イラストレーター

・雑貨デザイン

・ビジュアルデザインをするのに必要な3つの知識と1つのスキル

・コンセプトの考えた方の知識

・タイポグラフィの知識

・写真の知識

・イラストレーションのスキル

・ビジュアルデザインの6つの基本

・レイアウト

・余白

・線

・色

・タイポグラフィ

・スペース

・バランス

・スケール

・アライメント

・フレーミング

・テクスチャ

・ビジュアルコンセプト

・ビジュアルデザインにおいて2つの大切なこと

・注目点

・ヒエラルキー

・感情

・理解

デザイニャー
デザイニャー
グラフィックデザインとビジュアルデザインの違いの部分から、ビジュアルデザインの仕事のこと、ビジュアルデザインをするのに必要な知識やスキル、そして、基本についても教えてもらったニャン。

先生
先生
ビジュアルデザインについて理解できていたら、グラフィックデザイナーとしての仕事にも活かせるから、しっかり頭に入れておこうね。
【初心者必見】グラフィックデザインとは?学び方や必要なスキルや適性この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・これからグラフィックデザイナーを目指している人 ・グラフィックデザインが...