Webデザイン

Webデザインの仕事に向いている人とは?向いていなくても諦めないで

この授業は次のような人に受けていただきたいです。

・これからWebデザイナーになりたいと思っている人

・どうしたらWebデザインの仕事でうまくやっていけるか知りたい

この授業を受けていただくと、Webデザイナーに向いている人や向いていない人の特徴がわかり、どうしたらWebデザインの仕事をうまくやていけるのかが理解できるようになります。

どうぞ最後までご覧になってください。

Webデザインに向いている人も向いていない人もいる

どんな職業にも、向いている性格もあれば向いていない性格もあります。

もちろん、Webデザイナーにも向いている人もいれば向いていない人もいます。

先生
先生
この授業で、あなたがWebデザイナーに向いているのかどうかを確認してみよう。

ただ、向いている性格に当てはまらないからと言ってもWebデザイナーになれないと言うわけではないので、あくまで参考として受けて止めましょう。

Webデザインに向いている人の16個の特徴や性格

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーに向いている性格にはどんなものがあるのかニャン?

先生
先生
それは次の14個のことが挙げられるよ。

・地味な作業が苦にならない

・職人気質な性格

・繊細な性格

・効率を意識して仕事ができる

・アーティストやクリエイター気質

・流行に敏感で新しいものが好き

・こだわりが強い人

・何かを創るのが好きな人

・センスがいい人

・一つのことにじっくり向き合うことができる人

・デザインを論理的に考えられる人

・コミュニケーション能力がある人

・時間管理ができる人

・自由な働き方をしたい人

地味な作業が苦にならない

先生
先生
Webデザインに向いている性格としては、地道な作業が苦にならないと言うのがいちばん重要で、Webデザイナーになれるかどうかは、80%はこれで決まるよ!

コーディングデザインのどちらかか、あるいはその両方を楽しむことができる人はWebデザインに向いている人と言えます。

Webデザインの仕事は、ひたすらパソコンに受かってデザインを作ったりコーディング作業をすることが中心です。

先生
先生
地道な作業が苦にならず、じっくりと向き合うことが好きな人であれば、Webデザイナーに向いていると言えるよ。

会社員のWebデザイナーになると、週に5日はデザインやコーディングをする毎日です。

最初の頃は勉強もしないといけないので、土日も合わせてWebデザイン漬けの毎日になります。

デザイニャー
デザイニャー
えー!それって辛いニャン!!

先生
先生
でもそうじゃないんだ。Webデザインに向いている人は、それも楽しい作業なんだ。

ただ、うまくデザインができなかったり、納期ギリギリに仕事を収めないといけなかったりして色々な苦労がありますが、それでも楽しんでやっています。

大変で辛いけれど、楽しいからやめられないと感じる人がWebデザインに向いている人と言えます。

職人気質な性格

先生
先生
職人資質な性格の人もWebデザイナーに向いていると言えるよ。

Webデザイナーは、自分が作ったデザインに強い自信とこだわりを持って仕事をしないといけない職業です。

世の中の多くの仕事は、平社員から始まり、年齢を重ねていくごとにポジションが上がっていくことが一般的です。

しかし、Webデザインの仕事は、ポジションが上がっていくこともありますが、出世に興味がなく、ずっとWebデザインの仕事をしていたいと言う人も多いのです。

先生
先生
このように、Webデザイナーには職人気質の方が多い傾向にあると言うことだよ。

繊細で神経質な性格

Małgorzata TomczakによるPixabayからの画像

 

先生
先生
Webデザイナーには、大雑把な性格の人よりも少し神経質な人の方が向いていると言えるよ。

Webサイトは、文字の大きさが1pt違ったり写真の位置が本の数ミリ違うだけで、印象が大きく変わります。

申し込みボタンの位置が少し変わるだけで、購入率が上がることもあるので、そんな微妙な違いにこだわりながら、修正したり改善したりすることが必要になリます。

デザイニャー
デザイニャー
だから、少し神経質で細かいところが気ににある人の方がWebデザイナーに向いていると言うわけニャン。

また、

・なぜこの色を使うのか?

・クライアントが本当に実現したいことはなんなのか?

と言うように、本質や目的を考えることが良いデザインを作っていくために必要です。

効率を意識して仕事ができる

先生
先生
仕事をする時に、効率を意識することができる人もWebデザイナーに向いていると言えるんだ。

Webデザインやコーディングは手間がかかり時間もかかる作業です。

しかし仕事には期限がありますので、最新のエディターを使って自動化できる作業は自動するようにすると言う考え方で作業の効率化をすることはとても大切です。

Webデザイナーは大量の作業を抱えているので、自分で作業効率を意識し、効率化できる人はWebデザイナーに向いていると言えます。

アーティストやクリエイター気質

Valeriia Millerによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/3547625/

 

先生
先生
イラストを描くことができる人もWebデザイナーに向いているよ。

何もないところから何かを生み出したいというアーティスト気質やクリエイティブなことが好きな人もWebデザイナーに向いています。

Webサイトも一つの作品でありアートです。

頭の中にいつもあるアイディアを具現化したいと思っている人は、Webサイトのデザインを作るという仕事に大きな満足感を感じるでしょう。

流行に敏感で新しいものが好き

Webデザイナーの業界でも新しい技術やデザインが常に生まれます。

アンテナを張って新しいものを取り入れていくことで、自分のデザインの幅を広げたり、仕事の幅を広げていく元になります。

デザイニャー
デザイニャー
だから流行に敏感で新しいものが好きだったり、好奇心のある人がWebデザイナーに向いていると言えるんだニャン。

先生
先生
そうだね。Webデザインの仕事も流行やトレンドも多いからね。

こだわりが強い人

Webデザイナーであるからには、自分の仕事には自信をしっかりと持つことが必要です。

先生
先生
だから、こだわりを持って仕事ができる人はWebデザイナーに向いていると言えるよ。

デザイニャー
デザイニャー
こうあるべきである!と言う信念や執着心が強い人と言うことかニャン。

先生
先生
そうだね。頑固とも言うべきかな。

自分のデザインに自信を持ってクライアントと渡り合う力はWebデザイナーには必要ですが、こだわりが強すぎて、他人の意見を受け止められないような人はWebデザイナーに向いているとは言えません。

先生
先生
この辺がちょっと難しいかもしれないね。自分の価値観にこだわりすぎて、新しいトレンドやクライアントからの意見が受け入れられないとデザイン力も成長していくことはないからね。

ただ、明確な意図を持ってデザインをしたら、そのデザインに強い自信とこだわりを持つことが必要です。

デザイニャー
デザイニャー
つまり、オープンな姿勢と強いこだわりを合わせ持つことが大切と言うことなんだニャン。

何かを創るのが好きな人

Natallia Rakによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1675993/

 

先生
先生
絵やイラストを描くことが好きな人はもちろんWebデザイナーに向いていると言えますが、何か作りたいものがある人もWebデザイナーに向いているよ。

WebデザインはWebサイトや広告バナー、ロゴやアイコンなど、Web上で形に残るものをデザインする仕事です。

先生
先生
Webデザイナーの仕事内容は次の通りだよ。

・クライアントの要望を聞き取ってデザインの方向性を決める

・イメージに合う画像やイラストを制作する

・コーディングをしてイメージをWebサイトにする

制作物の規模はいろいろありますし、内容も案件ごとに違ってきますが、どのような作業でもめんどくさがらずに、より良いデザインを制作するためにこだわりながら取り組む姿勢がWebデザイナーには求められます。

子供の頃からものづくりが好きだったり、クリエイティブな仕事に興味ある人であれば、特にWebデザイナーに向いている可能性ありですよ。

センスがいい人

Key Notezによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1124092/

 

先生
先生
Webデザイナーにはデザインセンスが求められるけど、Webデザイナーと呼ばれる人には次の3つに分けられるよ。

・デザインを専門にするデザイナー

・HTMLやCSSを描くコーディングを専門とする人

・デザインとコーディングの両方を行う人

制作チームを組んで行う会社では、それぞれの得意分野に合わせて分業することが多いのですが、会社によっては、1人のWebデザイナーがデザインとコーディングの両方の作業をすることもあります。

コーディングの仕事をする人も、Webサイトの動きの良さを調整するためのセンスが必要です。

Webデザインの仕事に向いている人は、上手に情報をまとめて、見やすく、そしてカッコイイデザインを考えてそれを表現できる人だと言えます。

デザインを論理的に考えられる人

Webデザイナーは論理的にデザインを考えることが必要な場合があります。

クライアントからの要望を聞いてデザインを制作する必要がありますが、ユーザーにとっての使いやすさを考えながら、洗練されたデザインを作ることが重要です。

先生
先生
Webデザイナーがデザインを作る上で考えていくものには、例えば次のようなものがあるよ。

・メニューの位置

・配色

・文字の大きさ

・写真や商品などのロゴの配置

これらのことを直感だけで考えていくことは難しいです。

つまり、プロのWebデザイナーには論理的にデザインを考えることができる人に適性があると言えます。

一つのことにじっくり向き合うことができる人

先生
先生
一つのことにじっくりと向き合う人もWebデザイナーに向いていると言えるよ。

Webデザインの仕事は、パソコンに向かって地道な作業を黙々と続けていきます。

コーディング作業をひたすら続けていても苦にならないようであれば、Webデザインの仕事も苦になるどころか、楽しみながら続けることができるでしょう。

コミュニケーション能力がある人

Christina Morilloによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2-1181719/

 

先生
先生
Webデザイナーには、相手が言っていることを正確に理解することができるコミュニケーション能力がある人が向いていると言えるよ。

デザインセンスがあったり、コーディングスキルが高かったとしても、クライアントの要望を理解することができなければ、良いデザインを作ることはできません

Webサイト制作はクライアントあってのものです。

相手のニーズを引き出すコミュニケーション能力は、良いWebサイトやデザインを作る鍵となります。

時間管理ができる人

Joey Nguyễnによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/2113994/

 

先生
先生
しっかりと時間管理をして決められた時間内に仕事ができる人がWebデザイナーに向いていると言えるよ。

仕事には期限がありますので、限られた時間内で最高の仕事をすることがWebデザインには大切です。

自分が満足できるまで時間をかけられるのが理想なのですが、Webデザイナーは、現実には複数のタスクを抱えながら時間管理をしながら仕事をしています。

自由な働き方をしたい人

Jill Wellingtonによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/39853/

 

先生
先生
Webデザイナーは、自由な働き方を実現しやすい仕事でもあるよ。

Webデザインの仕事はパソコンが1台あればいつでも場所を選ばずに仕事ができます。

例えばWebデザイナーは次のような働き方も実現できます。

・主婦が在宅ワークで家事と育児を両立して働ける

・住み心地のいい地方に移住して、東京の仕事をリモートでする

・会社員が土日を利用して副業することで収入アップできる

・世界中を旅しながらWebデザインの仕事で収入を得る

デザイニャー
デザイニャー
こんな働き方に興味があるのであれば、Webデザインの仕事で実現できるんだニャン。

自由な働き方をしたいと本気で願うのであれば、新しい流行に敏感でなくても、または細かい作業が苦手な方でも、Webデザインの仕事で活躍していくことができますよ。

Webデザインに向いていない人の特徴や性格

先生
先生
逆にWebデザイナーに向いていない人の特徴や性格には次のようなことが挙げられるよ。

・頑固でこだわりが強すぎる

・コミュニケーション能力が低く聞く力がない

・時間管理が苦手

・飽きっぽい

・問題解決能力がない

・自由な発想力がない人

頑固でこだわりが強すぎる

デザイニャー
デザイニャー
頑固でこだわりが強いって、向いている人の性格に挙げられてたようだけどニャン?

先生
先生
確かにそうなんだけれど、悪い意味で頑固だったら、Webデザイナーとしての弱点にもなるんだ。

確かにWebデザイナーは自分の感性を活かしてデザインを作るんだけれど、一番大事なことは、クライアントが求めるデザインを作ることです。

先生
先生
それなのに、Webデザイナーが自分のこだわりを押し付けると、クライアントの要望と乖離してしまうことにもなるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
クライアントの意向を無視して自分の考えを押し付けるような頑固さはよくないニャン。

先生
先生
良いWebサイトを作りたいという気持ちは大切だけれど、仕事で作る制作物は、デザイナー個人の芸術作品ではないことを認識しておかないといけないよ。

デザイニャー
デザイニャー
プロのWebデザイナーは自分のこだわりで仕事の遅延や関係者との衝突を起こさないように気をつけましょう。

コミュニケーション能力が低く聞く力がない

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーはデザインやコーディングができれば良くて、コミュニケーション能力は必要ないって誰かがいってたんだけれど。

先生
先生
実際はそうじゃないよ。Webデザイナーにとってコミュニケーション能力は大切だよ。

Webデザイナーに必要なコミュニケーション能力というのは、話すことではなく、「聞く力」「質問力」です。

先生
先生
この能力が足りないと良い仕事はなかなかできないんだ。

クライアントからの要望を正確に聞いてデザインに反映させるためには、「聞く力」が必要です。

そして、優秀なWebデザイナーは、クライアント自身も気がついていない深い要望を引き出す「質問力」を持っています。

先生
先生
Webデザイナーの自己満足ではなく、クライアントあっての仕事のためにも、「聞く力」は大切だよ。

クライアントとスムーズに話し合いができ、クライアントが求めるものを引き出してビジュアル化するためにはコミュニケーション能力が必要です。

時間管理が苦手

決められた時間の中で最高の仕事をするのがWebデザイナーの仕事です。

好きなだけ時間をかけられるというわけではないのです。

納期に間に合うようにかつ最高なWebサイトを作るには、たくさんのタスクを抱えている中で時間を捻出していく必要があります。

デザイニャー
デザイニャー
時間管理が苦手な場合はどうしたら良いんだろうかニャン?

先生
先生
今は苦手でも大丈夫だよ。時間管理が苦手だったら鍛えていけば良いんだ。

限られた時間の中で最高の仕事をするためには、いかに時間を生み出すかにかかっていることがわかっているWebデザイナーは質の高い仕事をしていることが多いです。

それに対して、時間管理能力が低いままでそれを鍛えようともしない人はWebデザイナーには向いていないでしょう。

飽きっぽい

Karolina Grabowskaによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/7680377/

 

先生
先生
Webデザインの仕事は、根気強さが求められるよ。

クライアントからの何度にも渡る細かな修正依頼に応じないといけないことも多いですし、僅かな配置や色にこだわって微調整を行う仕事が発生することも珍しくないです。

単調作業のように思えて、それに飽きてしまうような人はWebデザインの仕事には向いていません。

Webデザインの仕事をしていくのであれば、常に新しいことを学ぶ姿勢に加えて、同じことを繰り返し作業することを苦と思わないことが大切です。

問題解決能力がない

先生
先生
問題解決能力がないこともWebデザインの仕事に向いていないこととして挙げられるのだけれど、これは他の職種とでは方向性が違うんだ。

エンジニアにとってのプログラミングでは、論理の積み重ねで問題解決にたどり着くことが求められるのに対して、Webデザイナーの方が自由度が高く、限りある時間の中でクライアントに満足してもらえる落とし所を見つけるのは難しいです。

勉強熱心で普段から引き出しを増やす努力をしている人が問題解決力の高いWebデザイナーと言えるでしょう。

自由な発想力がない

先生
先生
自由な発想ができない人もWebデザイナーには向きません

デザイニャー
デザイニャー
向いているとか向いていないとか考えても意味なんてあるのかニャン。

先生
先生
でも、向いていないと思える特徴を掴んで克服することができたなら、Webデザイナーとしての成長にも繋がるんだよ。

自分はWebデザイナーに向いていないと考えて諦めずに、どんな努力をするべきなのかを考えるきっかけとしていただけると嬉しいです。

Webデザインは未経験からでも転職できるのか?

先生
先生
未経験OKのWebデザインの求人情報はよくあるけれど、ここでの「未経験」は現場での実務経験がないという意味だよ。

デザイニャー
デザイニャー
知識やスキルが全くない場合はやっぱり厳しいんだニャン。

Webデザイナーは未経験でも、知識やスキルを持っていればなることができます。

先生
先生
全然違う職業からWebデザインの仕事に転職する人もたくさんいるよ。

デザイニャー
デザイニャー
文系でも大丈夫なのかニャン?

先生
先生
文系でもコーディングはできるから安心してね。

勉強すればWebデザインの仕事に必要な知識やスキルを身につけることができます。

先生
先生
Web業界の現場で必要なのは、実際にWebサイトを作ることができる人だからね。

確かに未経験者で実績がないと就職活動で不利になるのは事実ですが、デザインの基本のスキルをしっかり持っている人なら、会社で教育するという会社も多いです。

実績があり個人の意見が強いWebデザイナーよりも、未経験のWebデザイナーを会社のカラーに合わせて育てたいというところも珍しくありません。

Webデザイナーに向いているようなら転職しよう

ここまで取り上げた通り、Webデザインの仕事には向き不向きはあります。

この授業で紹介したWebデザイナーに向いている人の特徴に当てはまるようであれば、Webデザインの仕事に転職を検討してみてはいかがでしょうか。

性格的に向いていなくてもWebデザイナーにはなれるの?

しかし、Webデザイナーに向いていない性格の人はWebデザイナーになれるのかというと、次のようなことが言えます。

Webデザイナーに向いていない特徴に複数当てはまってしまったという方でも、Webデザイナーになることは可能ですよ!

Webデザイナーへの向き不向きは、一つの目安に過ぎず、判断基準の全てではないからです。

この授業で取り上げたWebデザイナーへの向き不向きを参考にして、Webデザインに向いている資質が身につくように自ら挑戦してみましょう

Webデザインの勉強は独学とスクールとどちらが良い?

Webデザインの勉強をするには独学で学ぶかスクールへ通うかのどちらかになります。

独学のメリットは、あまり費用がかからず、自分の都合に合わせて勉強することができることです。

デメリットとしては、モチベーションが保ちづらかったり、勉強内容が最新のものではない可能性もあるかもしれないことです。

そこで独学でWebデザインを勉強するにはコミュニティに属するという方法があります。

Webデザイナーが集まるコミュニティに入ることで、わからないことがあったら質問できたり、悩みを聞いてもらうこともできます。

一方、スクールに通うと、仲間同士でモチベーションを高めあうことができ、正しい勉強法でWebデザインが効率よく学習できることです

クールで学ぶデメリットとしては、社会人であると通うのが難しかったり、費用が高いなどが挙げられます。

現在は比較的安いオンラインスクールもありますので、費用面でネックな人も勉強することができます。

あなたの経済状況やライフスタイルに合わせて独学で学ぶかスクールで学ぶかを決めると良いでしょう。

Webデザインを習得するのは独学かが良いかそれともスクールかを解説この授業は次のような方におすすめです。 ・Webデザインを独学で学ぼうかスクールで学ぼうか迷っている方 ・あなたに合った...
Webデザインを無料でも勉強できるサイト9選|試しにやってみよう!この授業は次のような方へおすすめです。 ・Webデザインに興味を持ち始めている方 ・お金をかけずに気軽にWebデザインの...

Webデザインのスキルを身につけるためのおすすめのスクール

Webデザインのスキルを学ぶためにスクールを利用しようと考えている人もいると思います。

ここではWebデザイナーを目指すのにおすすめのスクールを紹介します。

Webデザイナーのスクールはたくさんありますが、ここではおすすめのスクールを厳選して2つ紹介します。

TECH CAMP

今最も有望な職業、カスターマーサクセスに未経験から挑戦しよう!2ヶ月でデジタルスキルを習得し、営業職や非IT業界から転職を実現。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG



現役クリエイターによる直接指導!Webクリエイタースクール【デジタルハリウッド STUDIO by LIG】
【初心者必見】Webデザインスクール|社会人や主婦の方でも学べますこの授業は次のような方におすすめです。 ・社会人の方でこれからWebデザインスクールで学習して就職したい方 ・どんなWe...

独学でWebデザインを学ぶおすすめの勉強法

未経験の人がWebデザイナーへ転職するところまで持っていくためには次の順番で勉強するのがおすすめです。

①コーディング

②Photoshopの操作を学ぶ

③デザインを学ぶ

Webデザインの仕事に転職したい人がよくやりがちな間違いとして、最初にデザインの勉強ばかりをしてしまうことが挙げられます。

しかし、採用する企業はデザイン力がある人よりも、完璧ではなくても一通りのサイト作成スキルがある人を求めています。

それに先にコーディングを勉強することで、この先も自分がWebデザイナーとしてやっていけるかどうかを見極めることができます。

先生:このような理由から、まず始めにコーディングを勉強しよう。

独学でコーディングが学べる学習サービスもありますし、最近ではYouTubeの動画でも良いものがありますので、それで勉強するのも良いでしょう。

コーディングをある程度勉強したら、実際に何かのサイトを見ながら模写コーディングをしてみるのも良いでしょう。

PhotoshopはAdobeが提供しているチュートリアルで勉強することで基本的な技術は身につけられます。

そして、デザインの勉強方法は次の3つです。

・本を読んでデザインの知識を身につける

・プロが作った作品を見てデザインの勉強をする

・自分で考えて架空のWebサイトを作ってみる

【厳選20冊】初心者がWebデザインをわかりやすく学べるおすすめ本この記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザインを物にしたいのだけれど、何から手をつけたらいいのか迷ってしまう ...

Webデザインの年収

Webデザインの平均年収は430万円で、日本の平均年収と同じくらいですが、キャリアを積んでアートディレクターやWebディレクターになると、高い人では年収800万円くらいまで上がります。

Webプロデューサーにまでなると、年収が1000万円以上にもなりますよ!

ただ、クリエイティブ関連の職種は実力によって年収のバラツキは大きく、より良い待遇を得ることを目指すのであれば、実了主義の業界といえます。

Webデザインの年収は?今より収入アップの秘訣や必要なスキルも解説この記事は次のような方におすすめです。 ・Webデザインの仕事に転職したいので、年収がどれくらいなのか知りたい ・Web...

Webデザインの需要は今後高まる

Webデザイナーの需要は今のところ右肩上がりで増加しています。

そして身につけたWebデザインの知識やスキルは一生役に立つ資産になります。

Webデザインのスキルを持っていればどこの会社も欲しがってくれますし、より年収が高い仕事につくこともできます。

この授業で紹介したWebデザインに向いている人の性格や特徴と当てはまる人がいるのであれば、ぜひWebデザインの仕事への転職を考えてみると良いと思いますよ!

近年では新型コロナウィルスの影響で、たくさんの業界に大きな打撃が走りましたが、Web業界はテレワークにも対応できる業界なので、今後もWebデザインの仕事の求人は増えていくことになるでしょう。

40~60代のエンジニア向けの求人サイト【SEES】

40代から60代でエンジニアとして働きたいと考えている方におすすめなのが、シニアエンジニア向けの求人サイト「SEES」です。

SEESとは、40代から60代のエンジニアに向けた案件紹介サービスです。

40代以上でエンジニア業界に転職するのはなかなか厳しいと言われています。

なので、転職ではなく、フリーランスとして案件を獲得することを考えた方が良いかもしれません。

SEESに掲載している案件は年齢不問のものが多いので、年齢に関係なくスキルや希望条件での仕事の案件を探すことができます。

取引者数が5,000社以上とたくさんあって、新しい案件が集まりやすくなっています。

SEESに登録すると、最新・未公開案件を獲得することもできますので、フリーランスになっても仕事が途切れるような心配はほぼありません。

あなたもSEESを利用してエンジニアとして新しい働き方をしてみませんか。

まとめ

先生
先生
この授業では次の34個のことについてお話ししてきたよ。

・Webデザインに向いている人も向いていない人もいる

・Webデザインに向いている人の16個の特徴や性格

・地味な作業が苦にならない

・職人気質な性格

・繊細な性格

・効率を意識して仕事ができる

・アーティストやクリエイター気質

・流行に敏感で新しいものが好き

・こだわりが強い人

・何かを創るのが好きな人

・センスがいい人

・一つのことにじっくり向き合うことができる人

・デザインを論理的に考えられる人

・コミュニケーション能力がある人

・時間管理ができる人

・自由な働き方をしたい人

・Webデザインに向いていない人の特徴や性格

・頑固でこだわりが強すぎる

・コミュニケーション能力が低く聞く力がない

・時間管理が苦手

・飽きっぽい

・問題解決能力がない

・自由な発想力がない人

・Webデザインは未経験からでも転職できるのか?

・Webデザイナーに向いているようなら転職しよう

・性格的に向いていなくてもWebデザイナーにはなれるの?

・Webデザインの勉強は独学とスクールとどちらが良い?

・・TECH CAMP

・デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

・Webデザインのスキルを身につけるためのおすすめのスクール

・独学でWebデザインを学ぶおすすめの勉強法

・Webデザインの年収

・Webデザインの需要は今後高まる

・40~60代のエンジニア向けの求人サイト【SEES】

Webデザイナーに向いている性格や向いていない性格にもたくさんあることをお話ししてきました。

あなたがWebデザイナーに向いていない特徴に当てはまるようでも、悲観することなくそれを参考にして、Webデザイナーに向いている資質になるように努力しましょう。

私たちは頑張るあなたを応援しています。