独学デザイン入門

Webデザインの年収は?今より収入アップの秘訣や必要なスキルも解説

この記事は次のような方におすすめです。

・Webデザインの仕事に転職したいので、年収がどれくらいなのか知りたい

・Webデザインの仕事をしているのだけれど、年収を上げる方法があったら知りたい

・フリーランスのWebデザイナーとして独立したいのだけれど、ちょっと不安

この記事を最後まで読んでいただければ、今よりも年収を上げる方法や、フリーランスWebデザイナーとしての仕事の獲得方法や心得などを知ることができます。

どうぞ最後までご覧になってください。

目次
  1. Webデザイナーの平均年収
  2. Webデザインの仕事で年収を上げる方法
  3. Webデザイナーから転職したWebクリエイターの平均年収
  4. フリーランスWebデザイナーとして働く
  5. フリーランスWebデザイナーの平均年収
  6. フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得する2つの方法
  7. フリーランスWebデザイナーとして働くために気をつけたい3つのこと
  8. 未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す2つの方法
  9. Webデザインってどんな仕事
  10. Webデザインの将来性は明るい
  11. Webデザインに役立つおすすめの資格
  12. まとめ

Webデザイナーの平均年収

これから将来を見据えて何かスキルを身につけたいと思ったら、Webデザインの仕事がまず思い浮かぶ職業の一つです。

デザイニャー
デザイニャー
そんなWebデザインの仕事で、どれくらいの収入が入るのか、気になるニャン。

先生
先生
そこで今回は、Webデザインの平均年収について次の4つの視点で詳しく解説していくね。

・勤務形態別の平均年収

・地域別の平均年収

・条件別の平均年収

・年齢別の平均年収

勤務形態別の平均年収

Webデザイナーは、会社で働いている方もいれば、独立してフリーランスで働いているなど、さまざまな勤務形態があり、その勤務形態によって、平均年収も違ってきます。

例えば、広告代理店で働いているWebデザイナーは、450万円ほどの平均年収をもらっていることが多いです。

広告代理店の下請けになりやすいWeb制作会社やデザイン会社で働いているWebデザイナーの平均年収は350万円から380万円ほどと低くなります。

広告代理店と契約して常駐して働くフリーランスや人材派遣会社に所属しているWebデザイナーの平均年収は450万円ほどになります。

しかし、在宅で働くフリーランスWebデザイナーになると250万円の平均年収とぐっと低くなります。

とは言っても在宅で働くフリーランスWebデザイナーは、フルタイムで働いているのではなく、副業として働いている方も多いので、必ずしも年収が低いというわけではなく、週5のフルタイムでエージェントを利用して働くWebデザイナーの平均年収は、雇用されて働いているWebデザイナーよりも高い場合が多いです。

地域別の平均年収

先生
先生
次に地域別でWebデザイナーの平均年収を見ていくよ。

まず、Web制作の仕事が一番多い東京のWebデザイナーの平均年収はやっぱり最も多く、500万円近くになります。

そして、東京周辺や大阪、名古屋などの大都市の地域のWebデザイナーの年収は350万円から400万円くらいで高い傾向があります。

しかし、地方になると東京や大都市の地域よりも低い年収になることが多く、平均で280万円から315万円ほどになります。

デザイニャー
デザイニャー
ニャンで地方ではこんなに平均年収が低くなるのかニャン?

先生
先生
地方ではWebデザインの仕事の数が少なくて、東京や大都市の地域の仕事を下請けして働いているケースがあるからなんだ。

条件別の平均年収

Webデザインの職業は比較的なりやすく、同じ程度のスキルを持っているWebデザイナーは多いので、案件による収入の差はほとんどありません。

先生
先生
ここでWebデザイン以外のスキルを持つことで、他と差をつけて高い収入を得ることができるようになるんだ。

例えば、Webページだけでなく、JavaScriptなどの仕事ができるWebデザイナーは、プログラマーと同じくらいの収入が入ってきます。

また、Webディレクターという、チームをまとめることができる仕事もできるのであれば、Webディレクターと同じくらいの収入が期待できます。

先生
先生
このように、他と同じスキルだけだと低い年収で止まるけれど、ここで紹介したスキルを持っていることで、年収をアップすることが可能だよ。

年齢別の平均年収

先生
先生
次は年齢別に見ていくよ。

経験がまだ少ない20代前半の Webデザイナーの平均年収は300万円未満とかなり低いです。

そして、経験を積んでいって30代になると、平均年収は400万円以上になり、40代になると500万円以上の年収を期待することができます。

会社で働くWebデザイナーであれば、年齢が上がっていくとWebディレクターなど、役職につくことで年収が上がっていきます。

しかし、フリーランスで働くWebデザイナーの場合は、自分のスキルで評価されるので、Webデザイナーとしてのスキルだけでなく、プログラミングのスキルやディレクションスキルを身につけることで、高い年収を実現できるように努力する必要があります。

Webデザインの仕事で年収を上げる方法

先生
先生
Webデザインの仕事で年収をアップするためにできることは次の3つの方法があるよ。

・経験を積む

・キャリアアップをする

・自分に合った会社で働く

経験を積む

先生
先生
Webデザインの経験を積むには次の3つのことをする必要があるよ。

・Webデザインの幅を広げる

・ポートフォリオを作って実績を示す

・スキルを磨く

Webデザインの幅を広げる

仕事で色々な案件を担当してデザインの幅を広げていきましょう。

企業向け(BtoB)もユーザー向け(BtoC)の経験を積んだり、アプリや Webの経験などもできるというように、幅広い仕事ができることは、年収アップのためのアピールポイントになります。

ポートフォリオを作って実績を示す

Webデザインの年収をアップさせるためには、これまでどのようなものを作ってきたのかという実績が鍵になります。

特に20代後半から30代の若いWebデザイナーだったら、ポートフォリオで作品数やクオリティを示して、デザインの引き出しを多く持つことが強みになります。

スキルを磨く

先生
先生
Webデザインの基本スキルは次の3つだよ。

・Photoshop

・Illustrator

・コーディング(HTML、CSS)

そこから

・JavaScript

・PHP

といったサーバーサイドのプログラミング言語を使うことができるようになれば、Webやアプリを作るエンジニアと協業しやすくなって仕事の幅も広がり、年収が上がる可能性がぐっと高まります。

キャリアアップをする

先生
先生
Webデザイナーとして年収を上げていくためには、Webデザイナーの仕事をしているだけでなく、キャリアアップして次のような仕事もできるようになる必要があるよ。

・WebディレクターやWebプロデューサーになる

・UI/UXデザイナーになる

・フロントエンドエンジニアになる

WebディレクターやWebプロデューサーになる

「Webディレクター」の仕事は、ウェブ制作に携わるデザイナーやプログラマーなどを取りまとめて、クライアントが気に入るサイトを作っていくための監督的な役割を担当するものです。

デザイニャー
デザイニャー
手を動かすよりも人を動かすといった存在なのかニャン。

先生
先生
ディレクターがカメラをとったり取材やライティングを行うこともあるんだよ。

Web制作チームのマネジメントを行って、スケジュールを管理したり、コンテンツの品質を管理したりします。

色々な職種の人と関わるので、コミュニケーション能力が必要なのですが、そのためには、デザインだけでなく、プログラミングWebマーケティングの知識も必要になります。

デザイニャー
デザイニャー
知識がなければ、当然Web制作チームに的確な指示を出すことができないニャン。

先生
先生
そうだね。そのためにもWebディレクターを目指すためには、幅広い知識を身につけるための勉強をする必要があるということなんだ。

UI/UXデザイナーになる

先生
先生
UIデザイナー(User Interface)とUXデザイナー(User Experience)は簡単にいうと次の通りだよ。

・UIデザイナー ⇨ Webサイト全体のデザイン

・UXデザイナー ⇨ ユーザー体験全体

UIデザイナー ⇨ Webサイト全体のデザイン

UIデザイナーは、どの場所にどんなボタンを設置すれば良いかなど、Webサイトを訪れたユーザーの使いやすさを考慮してデザインするデザイナーのことです。

いかにストレスを感じずにWebサイトを利用できるかを考えてデザインを作るのがUIデザイナーの仕事で、ターゲットになるユーザーのプロフィールや年齢層に応じてボタンをどこに置くかを考えたり、レイアウトを考えたりします。

先生
先生
つまり簡単にいうと、使いやすい見た目を作るのがUIデザイナーの仕事だね。
UXデザイナー ⇨ ユーザー体験全体

そして、UXデザイナーとは、Webサイトに載せた製品やサービスを利用することで、心地よく楽しい気持ちになってくれる、いわゆるユーザーの体験全体のことを指します。

UXデザイナーは、サイトの見た目に上乗せして、ユーザーに「楽しく満足する体験」を提供するには、そのサイトに何が必要なのかということを考えるのが仕事です。

そのために実際にユーザーの意見を聞いたり、サイトのアクセス解析やSEO対策を行ったりしながら、サイトの評価を高くしていくというのがUXデザイナーの役割です。

フロントエンドエンジニアになる

まず、「フロントエンド」というのがどんな意味があるのかというと、Webサイトで直接ユーザーとデータのやり取りを行う要素のことを指します。

つまり、Webブラウザ側を指します。

それに対して、「バックエンド」という領域があるのですが、これはフロントエンドで集めたデータに基づいて、その処理をしたり保存をしたりするなど、ユーザーの見えないところで行う仕事のことを指します。

つまり、Webサーバー側のことを指します。

フロントエンドエンジニアの仕事とは、UIを実装するエンジニアのことを指します。

HTMLやCSSを使ったマークアップはもちろん、JavaScriptなどのプログラミング言語を扱って、Webデザイナーが作ったデザインが、きちんとWebサイトに反映されるように作っていくのがフロントエンドエンジニアの仕事です。

Webデザイナーはコーディングの知識があった方が有利な理由についてこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・そもそもコーディングとはなんなのかを知りたい ・Webデザイナーにコーデ...

自分に合った会社で働く

Webデザイナーが年収をあげるには、自分に合った会社で働くこともその鍵を握ります。

先生
先生
次のことを考慮しながら、自分に合った会社を選ぶ参考にしよう。

・生涯のことを考慮して会社を決める

・会社の業界ごとにどんなスキルを磨けるのかを把握する

・会社の中身をよく見て選ぶ

生涯のことを考慮して会社を決める

転職して一時的に年収が上がっても、そのポジションで新たなスキルを身につけられないと、10年後も年収は増えないままということも考えられます。

40代や50代になって自分の理想とする年収を得るために考えてもらいたいことは、どんな仕事を経験するべきか、どんなスキルが必要かということを頭に入れて働く会社を決めましょう。

会社の業界ごとにどんなスキルを磨けるのかを把握する

Web制作会社は、複数のクライアントから色々な案件を受注しているので、幅広い業務経験ができます。

事業会社では営業やエンジニアなどとも会社内で関わる職種が多いので、コミュニケーション能力が身につきますし、Web業界の専門性も深めることができます。

【未経験OK】これからWebデザインの仕事をするために必要なスキルこの授業は次のような方に向けて行います。 ・Webデザインの仕事をしたいので必要なスキルを知りたい方 ・未経験からWeb...

会社の中身をよく見て選ぶ

労働環境を改善したくて、事業会社を選ぶ人も多いのですが、最近では働き方改革で、ワーク・ライフ・バランスが推進されている流れもあるので、会社によって働き方の事業は異なってきます。

なので、会社の中身をよく見てから選ぶようにしましょう。

Webデザイナーから転職したWebクリエイターの平均年収

職種 平均年収(全体) 平均年収(年代別) 求人
20代 30代 40代 50代以上
クリエイティブディレクター

アートディレクター

489万円 387万円 506万円 605万円 682万円 求人を見る
Webプロデューサー

Webディレクター

442万円 365万円 462万円 527万円 542万円 求人を見る
Web編集/Webコンテンツ企画 352万円 316万円 371万円 423万円 408万円 求人を見る
グラフィックデザイナー

イラストレーター

336万円 294万円 360万円 396万円 390万円 求人を見る

出典:doda「平均年収ランキング

 

Webデザイナーから転職したWebクリエイターの平均年収は、上の表示の通りです。

クリエイティブディレクター/アートディレクター

クリエイティブディレクターやアートディレクターは、ブランドや広告をはじめとした制作物全体のクリエイティブをまとめるポジションで、Webデザイナーを経験した人が多いです。

先生
先生
クリエイティブディレクターやアートディレクターに求められるスキルは次の3つだよ。

・デザインセンス

・タスク管理

・クリエイティブチームをまとめるマネジメントスキル

Webプロデューサー/Webディレクター

WebプロデューサーやWebディレクター企画を立てることから、方針や進め方を決めたり、実際の進行までを担当するポジションです。

Webサイトを作るために、Webデザイナーやエンジニアなどと連携して、進行管理を行います。

先生
先生
コミュニケーション能力やタスク管理をするスキルが必要だよ。

Web編集/Webコンテンツ企画

Webサイトに載せる記事やページの企画・編集や、ウェブ制作のディレクションを行う仕事で、取材やライティング、原稿チェックなどを担当することもあります。

先生
先生
Webディレクターやプランナー経験者がキャリアチェンジしてくることもあるよ。

グラフィックデザイナー/イラストレーター

グラフィックデザイナーやイラストレーターは、イラスト制作やグラフィックデザインだけを担当する仕事です。

先生
先生
Webデザインよりも担当する範囲が狭い分、より完成度の高いデザインやイラストなどの制作物を作ることが求められるよ。

フリーランスWebデザイナーとして働く

会社に勤めていると、自分がやっている仕事の対価が給料に反映されていないと感じるWebデザイナーは多いです。

Webデザイナーとして収入をあげるには、いつかはフリーランスとして働きたいと思うでしょう。

フリーランスのWebデザイナーといっても、人によってその役割は大きく異なってきます。

Webページの制作全般をするWebディレクターのような役割をするデザイナーもいれば、WebエンジニアのようにJavaScriptのプログラミングをするデザイナーもいます。

また、マーケティングを得意として、コンサルタントのような仕事をするデザイナーもいます。

先生
先生
高収入なフリーランスWebデザイナーを目指したいのであれば、Webデザインの基本的なスキルにプラスして、このようなスキルも習得すると、より稼げるようになるよ。
フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なことこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不...

フリーランスWebデザイナーの平均年収

経験が少なくてもフリーランスWebデザイナーになることはできますが、最初から平均年収ほど稼げるとは限りません。

むしろ会社で働いていた時よりも使えるお金が減ってしまう、なんて人もいます。

経験年数別のフリーランスWebデザイナーの平均年収は次の通りです。

・経験年数1年の平均年収は200万円〜400万円

・経験年数3年の平均年数は400万円〜600万円

・経験年数5年の平均年数は600万円以上

経験年数1年の平均年収は200万円〜400万円

Webデザイナーの仕事は、スキルを身につければ、経験がほとんどなくてもできますが、この経験年数1年レベルでの平均年収は200万円から400万円くらいです。

クライアントから言われた通りのものを作って、判断してもらっている段階では、ただ作業をやっているだけで、仕事をしているといえるものではありません

プロのWebデザイナーとして稼いでいくためには、クライアントに欲しいと思ってもらえるようなデザインを自分で考えて提案して、採用してもらえるようでなければなりません。

先生
先生
このレベルのWebデザイナーは、まずはデザインを学んでスキルアップして、プロレベルになることを目指そう

経験年数3年の平均年数は400万円〜600万円

Webデザイナー中級者になると、クライアントと打ち合わせをして、デザインを検討したり、初心者の方に対する仕事の指示をしたりします。

中には中級者と言ってもWebディレクターと同じレベルの仕事をできるWebデザイナーもいて、そのようにバリバリ仕事ができる、フリーランスWebデザイナーの平均年収は400万円から600万円くらいになります。

先生
先生
でも、フリーランスWebデザイナーの中ではこの年収は高い方ではないからね。

これよりも高い年収を目指したい場合は、Webデザイナーのスキルだけでなく、もっと高い報酬を得られるだけのスキルを身につけることが必要です。

経験年数5年の平均年数は600万円以上

IT業界で働く方の中では、Webデザイナーの平均年収は高い方ではありませんが、それでも年収1000万円以上もらえている方もいます。

それと同じく、フリーランスWebデザイナーの報酬も他の業種の方に比べると低い方ではありますが、それでも1000万円以上もらえる上級者もいます

多くの方がインターネットを利用できる今の時代では、会社のWebサイトはその会社のイメージを決める重要な広告媒体の役目をしていますが、そのWebサイトを上手に活用できていない会社も多いです。

経験年数5年以上のWebデザイナーは、このような会社を相手に、会社のイメージを向上させるようなWebページを提案することができます。

先生
先生
フリーランスWebデザイナーとして活躍するためには、このような働き方をぜひ検討してもらいたいよ。

フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得する2つの方法

デザイニャー
デザイニャー
フリーランスWebデザイナーになった場合、最初から高い案件が受けられるとは限らないようだけれど、高い単価を受注できるようになるには、どうしたら良いのかニャン?

先生
先生
そのためには次の2つ方法があるよ。

・SNSにポートフォリオを公開する

・フリーランスエージェントに登録する

SNSにポートフォリオを公開する

未経験からWebデザイナーのフリーランスになっても、高い案件をなかなか受けられないというのは、それはなぜかというと、あなたにどれだけのスキルがあるのかを仕事を注文する方がわからないからです。

デザイニャー
デザイニャー
だったら、Webデザイナーとして高いスキルを持っていることを示せば高い案件の仕事をお願いしてもらえるということかニャン。

先生
先生
そうだね。Webデザイナーが自分が持っているスキルを紹介するために、ポートフォリオを作ってアピールするんだ。

ポートフォリオとは、フリーランスのWebデザイナーなどのクリエイターが、自分の実績を評価してもらうための作品集みたいなものです。

あなたが今のスキルで作れる作品をポートフォリオにしてSNSに公開してみて、営業活動で役立てましょう。

フリーランスエージェントに登録する

フリーランスになったら、仕事をどうやって受注するのかは、かなり重要な課題になります。

知り合いから紹介してもらっても良いけれど、それだけでは、高い単価の仕事ができないと、悩まれる方も多いでしょう。

最近では、フリーランスで働くWebデザイナーが増えてきたことで、フリーランス向けのエージェントが増えてきました。

先生
先生
仕事を依頼したい企業と仕事を受注したいフリーランスとのマッチングを行っているんだ。

エージェントを利用すると手数料を引かれますが、あなたの実力にあった単価の高い案件を紹介してもらえますので、ぜひ、そのようなフリーランス向けのエージェントに登録して活用してみましょう。

フリーランスWebデザイナーとして働くために気をつけたい3つのこと

フリーランスになると、ミスをしても誰も助けてはくれません。

全て自分の責任でやるのがフリーランスの基本です。

フリーランスのWebデザイナーとして働くのであったら、このことをしっかりと肝に入れて仕事に取り組みましょう。

ここでは、フリーランスWebデザイナーとして働くために気をつけてもらいたい3つのことについてお話ししていきます。

・クライアントと信頼関係を

・仕事が途切れないように工夫する

・常にスキルアップの努力をする

クライアントと信頼関係を

フリーランスWebデザイナーとして働くために、いちばん注意してもらいたい点が、信用を失うことをやらないという点です。

時間をかけて信頼関係を築けても、失ってしまうのは一瞬なので、信頼を失うようなことはしてはいけません。

フリーランスWebデザイナーがクライアントから信頼を得るためには、クライアントに納得してもらえるような仕事をすることを心がけましょう。

小さなことでも隠さずに必ずクライアントと相談するようにして、誠意を見せるようにしましょう。

仕事が途切れないように工夫する

フリーランスになると、自分で仕事を探さないとお金がもらえません。

フリーランスのWebデザイナーとして働き続けるためには、仕事が途切れないように工夫することが必要になります。

前述しましたが、フリーランスWebデザイナーが仕事を受注するためには、知り合いから仕事を紹介してもらったり、エージェントを利用することが一般的です。

仕事が途切れないようにするためには、仕事を紹介してくれる知り合いやエージェントを複数持つようにして、今やっている仕事が終わる前に、次の仕事を獲得できるように工夫しましょう。

常にスキルアップの努力をする

前述しましたが、フリーランスは、クライアントとの信頼関係が大事です。

なので、親しい顧客からの依頼は簡単に断ることはできません。

しかし、依頼される仕事の中には、今のスキルではできないような難しい仕事も含まれているかもしれませんが、そんな仕事に挑戦することは、あなたのスキルアップにつながります

フリーランスのWebデザイナーは、自分で仕事を選べる点がメリットではありますが、仕事に追われていて、新しいことを学ぶ機会をなかなか作れません。

スキルアップできなければ、やれる仕事も減ってしまいますので、これからもフリーランスのWebデザイナーとして働くためには、難しい仕事もできるだけ受けてスキルアップする機会を作りましょう

経験からフリーランスWebデザイナーを目指す2つの方法

Webデザイナーは基本スキルが比較的簡単なことから、たくさんの方がWebデザイナーになりたいと目指しています。

その中には未経験からフリーランスを目指す方もいます。

そこでここでは、未経験からWebデザイナーを目指す2つの方法を紹介します。

・スクールでWebデザインのスキルを学ぶ

・仕事を獲得する方法

スクールでWebデザインのスキルを学ぶ

Webデザイナーに必要なスキルは、スクールで学べます。

Webデザイナーになるためには、スクールでデザインに関する知識とツールを使いこなすスキルを習得するのがおすすめです。

最近では、YouTubeなどで無料でWebデザインのスキルアップについて学べる動画がありますので、独学で学ぶのであれば、スクールに通う必要はないかもしれません。

そしてフリーランスのWebデザイナーとして働くためには、デザインの知識やツールの他にも身につけておきたいスキルはたくさんあります。

ツールを使ってWebデザインができるようになってもそれで安心しないで、必要に感じるスキルを積極的に学んでいくように習慣づけましょう。

クラウドソーシングを利用する

フリーランスのwebデザイナーになったら、仕事を切らさないことが最も重要です。

会社で勤めていたら、営業が仕事を持ってきてくれますが、フリーランスになったら自分で仕事を獲得しないと収入が入りません。

特にフリーランスになりたての頃は、知名度も信用もありませんから、苦労します。

そのためにも、未経験でフリーランスのWebデザイナーになって働く場合は、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングのサービスを利用して、簡単な案件をこなしながら、知名度と信用、そして実力をつけていきましょう。



Webデザインってどんな仕事

 

Webデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインを作ることが主です。

見栄えがよく使いやすいWebサイトを作るために、レイアウトや構成をデザインして、場合によってはコーディングまでを行います。

デザイニャー
デザイニャー
最近では、会社やお店が自分の会社のWebサイトを持つことが多くなってきているようだニャン。

しかし、会社内でWebデザインができる人材がいない場合も多く、自分の会社のWebサイトを外注して作ってもらうことが多いです。

先生
先生
だから、Webデザイナーは世の中で必要とされている職業だと言えるんだ。

Webデザインと似た職業にグラフィックデザインがありますが、グラフィックデザインの仕事はポスターやチラシなどの印刷物を作る仕事であって、Webサイトのデザインは行わないというところが区別する点です。

Webデザインってどんな仕事?仕事の流れや必要なスキルも紹介しますこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザイナーになりたい人 ・Webデザインの仕事内容を知りたい人 ...

Webデザインの将来性は明るい

スマートフォンが普及して、誰でも簡単にインターネットができるようになった現代では、Webサイトの役割はどんどん大きくなっていくと予想されます。

また、現代は情報がたくさんあふれているので、デザイン力が重要性をましていて、そのため、Webデザイナーの需要も伸び続けていくでしょう。

ただ、これから競合が増えてくると、Webデザインのスキルだけでは、生き残れなくなる可能性も出てきます。

なので、プログラミングやライティングなどのスキルも身につけることで、これからも活躍し続けられるでしょう。

Webデザインに役立つおすすめの資格

Webデザイナーになるのに、資格は必ずしも必要ではありませんが、持っていると有利になり働きやすくなります。

代表的なものとして次の資格が挙げられます。

・ウェブデザイン技能検定

・HTML5プロフェッショナル認定資格

・Illustratorクリエイター能力認定試験

・Photoshopクリエイター能力認定試験

その中でもウェブデザイン技能検定は、Webデザインに関するただ一つの国家資格ですので、評価されやすい資格です。

【合格対策】ウェブデザイン技能検定の試験内容と勉強方法の秘訣を解説この記事は次のような方に向けて書きました。 ・ウェブデザイン技能検定を受験して合格したい ・ウェブデザイン技能検定ではど...
Webデザインとはどんな職業か?未経験からの勉強方法から就職までこの記事は次のような人のために書いていています。 ・未経験からWebデザイナーになりたい ・Webデザインの勉強はどんな...

他の3つはそれぞれの技術力を問われる資格です。

未経験から挑戦するのであれば、知識を体系的に学べる資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

まとめ

先生
先生
この授業では次の41個のことについてお話ししてきたよ。

・Webデザイナーの平均年収

・勤務形態別の平均年収

・地域別の平均年収

・条件別の平均年収

・年齢別の平均年収

・Webデザインの仕事で年収を上げる方法

・経験を積む

・Webデザインの幅を広げる

・ポートフォリオを作って実績を示す

・スキルを磨く

・キャリアアップをする

・WebディレクターやWebプロデューサーになる

・UI/UXデザイナーになる

・フロントエンドエンジニアになる

・自分に合った会社で働く

・生涯のことを考慮して会社を決める

・会社の業界ごとにどんなスキルを磨けるのかを把握する

・会社の中身をよく見て選ぶ

・Webデザイナーから転職したWebクリエイターの平均年収

・クリエイティブディレクター/アートディレクター

・Webプロデューサー/Webディレクター

・Web編集/Webコンテンツ企画

・グラフィックデザイナー/イラストレーター

・フリーランスWebデザイナーとして働く

・フリーランスWebデザイナーの平均年収

・経験年数1年の平均年収は200万円〜400万円

・経験年数3年の平均年数は400万円〜600万円

・経験年数5年の平均年数は600万円以上

・フリーランスWebデザイナーが高単価案件を獲得する2つの方法

・SNSにポートフォリオを公開する

・フリーランスエージェントに登録する

・フリーランスWebデザイナーとして働くために気をつけたい3つのこと

・クライアントと信頼関係を

・仕事が途切れないように工夫する

・常にスキルアップの努力をする

・未経験からフリーランスWebデザイナーを目指す2つの方法

・スクールでWebデザインのスキルを学ぶ

・クラウドソーシングを利用する

・Webデザインってどんな仕事?

・Webデザイナーの将来性は明るい

・Webデザインに役立つおすすめの資格

Webデザインの仕事は、基本スキルが比較的簡単ですし、時代の流れから見ても、需要が多いです。

未経験でもこれからスキルを身につけることで、Webデザインの仕事に就職や転職することも可能だということがわかりました。

IT業界ではWebデザインの平均年収は少し低めかもしれませんが、この記事に書いてあることを実践して、あなたの年収を上げられたら、嬉しい限りです。

私たちは頑張るあなたを応援しています。