Webデザイン

Webデザイナーはコーディングの知識があった方が有利な理由について

この記事は次のような方に向けて書いています。

・そもそもコーディングとはなんなのかを知りたい

・Webデザイナーにコーディングはなぜ必要なのかを知りたい

・コーディングの知識を理解するとデザインの質が落ちるって本当なのかを知りたい

・コーディングに必要なスキルを知りたい

この記事を読んでいただければ、これらの疑問が解消することをお約束します。

ぜひ最後までご覧になってください。

コーディングって何?

デザイニャー
デザイニャー
コーディングってなんだニャン?

先生
先生
コーディングというのは、Webデザイナーが作ったデザインにコンピュータが理解できる言語でプログラムを書くことを指すんだよ。

コンピュータが理解できるHTMLとCSSという言語を使って、Webサイトを作っていく作業をコーディングと言います。

先生
先生
さらに、画像や要素をアニメーションで動かしたい場合は、Javascriptというプログラミング言語を使うこともあるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
Webサイトが動くのを何気なく見ることもあるけれど、これもコーディングの力なんだニャン。

Webサイトやコンピュータには、人間とは異なる言語がありますが、マークアップ言語やプログラミング言語を使って、コンピュータに指示を出します。

・マークアップ言語 ⇨ HTMLやCSS

・プログラミング言語 ⇨ PHP、Javascriptなど

マークアップ言語やプログラミング言語を使って、Webサイトを表示したり動かしたりするための言語を書いていくことをくるめて「コーディング」と呼びます。

デザイニャー
デザイニャー
コンピュータに伝わる言語で書くことをコーディングというふうに考えれば覚えやすいかもしれないニャン。

先生
先生
それもあるし、もう少し狭い意味でHTMLやCSSといったマークアップ言語で書くからコーディングと呼ぶこともあるんだ。

そして、コーディングを専門に行う人のことをコーダーと言います。

コーダーとフロントエンジニアはどう違う?

デザイニャー
デザイニャー
コーディングについては、わかったけれど、コーダーとフロントエンドエンジニアってどう違うんだニャン?

先生
先生
簡単にいうと、フロントエンドエンジニアというのは、コーダーの上流職種なんだ。

コーダーの仕事は、HTMLとCSSのコーディングが主ですが、フロントエンドエンジニアとは、JavascriptやJavascriptのフレームワーク・ライブラリを使って、フロントエンドの開発全般に関わる仕事をする人のことを指します。

WebデザインとWebエンジニアの特徴|身につけるべきスキルを解説この授業は次の方に受けていただくことをおすすめします。 ・WebエンジニアとWebデザインの仕事内容はどう違うのかを知りたい ...

コーダーとプログラマーはどう違う?

デザイニャー
デザイニャー
コーダーとプログラマーの違いについても教えてほしいニャン。

先生
先生
コーダーとプログラマーは、コーディングを行うという点ではよく似ているかもしれないね。

しかし、コーダーとは、Webサイトのレイアウトや画面が遷移させる部分を担当に行いますが、プログラマーとは、システムエンジニアが作った設計書をもとに、Webサイトから入力したものに対して、結果を返すという内部処理の部分を担当する職種の人のことを指します。

Webデザインとプログラミング|これから目指すならどちらにすべき?この授業は次のような方へおすすめです。 ・Webデザインとプログラミングの仕事内容の違いについて知りたい ・Webデザイ...

Webデザイナーにコーディングの基礎知識は必要

デザイニャー
デザイニャー
もう一つ疑問があるんだけれど、Webデザイナーにはコーディングの知識っているのかニャン?

先生
先生
結論から言うと、Webデザイナーにもコーディングの知識は必要だよ。なぜ必要なのかをこれから詳しくお話ししていくね。

Webデザインというのは、コーディングしてWebサイト上に表現されることを考えないといけません。

Webデザイナーが作ったデザインをちゃんと表現してもらうためには、コーディングをするコーダーやエンジニアという職種の人とよく連携させる必要がありますので、そのためにもWebデザイナーもコーディングの基本的な知識を知っておくことが重要です。

コーディングを理解せずにWebデザインを作っても、コーディングできない場合があるから注意が必要です。

ただ、Webデザイナーがコーディングまで担当するべきだということではありません。

コーディングを理解した上でデザインまでは作るけれど、コーディングはしないというWebデザイナーも存在します。

コーディングを理解するとデザインの質が下がる!?

デザイニャー
デザイニャー
でも、コーディングの知識を理解すると、デザイン力が下がるという声もあるニャン。

先生
先生
コーディングの知識を理解すると、凝り固まった硬いデザインになってしまって、デザインの質が下がってしまうっていうお話しだね。

しかし、だからと言ってコーディングを勉強しなくて良いと言うわけでは絶対にありません。

Webデザインの質が下がってしまうというは、コーディングの枠組みに囚われてしまう程度のデザインスキルしか持っていないと言うことでもあり、本当に実力のある一流のWebデザイナーであったら、コーディングもしやすく、エンドユーザーにも優しくて、斬新なデザイン表現を生み出している人ばかりです。

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーとしての理想は、コーディングの知識を理解した上で、素晴らしいデザインができることなんだニャン。

Webデザイナーにコーディングの知識がある4つのメリット

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーにもコーディングの知識があると良いということだけれど、具体的にどんなメリットがあるのか知りたいニャン。

先生
先生
コーディングの知識があるといろんなメリットがあるけれど、次の4つを紹介していくよ。

・レスポンシブデザインを考慮したデザインができる

・エンジニアからの信頼度が上がる

・Webデザイン力がアップする

・仕事の幅が広がる

レスポンシブデザインを考慮したデザインができる

先生
先生
今現在、存在するWebサイトの約9割はレスポンシブデザインに対応しているんだ。

いろんなサイズの媒体がある時代だからこそ、レスポンシブに考慮したWebデザインは必須です。

先生
先生
それなのに、コーディング知識がなくてWebデザインを作ると、横幅の可変に弱いWebサイトになってしまう可能性があるのかもしれないんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そうなると、ユーザビリティを低下させることになってしまうってこととだニャン。

先生
先生
その通り!自分でデザインを作るのであったら、どの幅の媒体でも綺麗に見てもらいたいし、それを見たユーザーにも満足してもらいたいよね。そのためには、Webデザイナーもコーディングの知識は必須だよ。
レスポンシブWebデザインで何ができるの?メリットや作る方法を解説この記事は次のような方へ向けて書いています。 ・レスポンシブWebデザインで何ができるのかを詳しく知りたい ・レスポンシ...
Webデザインとuiデザインの違いがわかる!仕事内容や必要なスキルこの記事は、このような人のために書きました。 ・WebデザインとUIデザインの違いを知りたい ・WebデザインやUIデザ...

エンジニアからの信頼度が上がる

先生
先生
Webデザイナーがコーディングの知識を理解しておくと、エンジニアと連携やコミュニケーションが円滑に取れるようになるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
デザイナーとエンジニアが完全に分業されている会社では、コーディングの知識がないと、エンジニアとのコミュニケーションが円滑に行えなくて、Webサイトの品質低下に繋がることもあるんだニャン。

なので、コーディングの知識を身につけて、エンジニアと積極的にコミュニケーションをとってサイトのクオリティを上げていくことが大切です。

WebデザインとWebエンジニアの特徴|身につけるべきスキルを解説この授業は次の方に受けていただくことをおすすめします。 ・WebエンジニアとWebデザインの仕事内容はどう違うのかを知りたい ...

Webデザイン力がアップする

先生
先生
コーディングの知識があるとWebデザイン力がアップすると言うことは、前にもちょっと触れたね。

実はこれがいちばん大きなメリットだと思うWebデザイナーも多いはずです。

コーディングの知識が詳しいと、Webサイトで表現できるデザインと表現できないデザインの違いが分かりますし、アニメーションを意識したWebデザインを作ることもできます。

このボタンをホバーした時に色が変わるようにしたり、スクロールしても背景を固定させたり、といったように、コーディングのことを考えながらデザインを作ることができるようになります。

このようなデザインができると、エンジニアとの連携はもちろん、Webサイトのクオリティが向上したり、工数の削減にもなったりするというメリットもあります。

仕事の幅が広がる

Webデザインの業界は変化が激しく、Webデザイナーという職業に求められることも年々変化していっています。

デザイニャー
デザイニャー
もしかしたらデザインしかできないデザイナーはいらないというふうに言われる時代も来かねないニャン。

先生
先生
海外ではコーディングができないデザイナーは、Webデザイナーとは名乗れなくなっているそうだよ。

そんな時代になってもコーディングの知識を持った上でデザインしたサイトのコーディングを自分で出来たり、または他のデザイナーが作ったデザインのコーディングができたり、また、ディレクターを任せてもらえるようになるなど、仕事の幅が広がります。

デザイニャー
デザイニャー
となると、収入がアップすることにも繋がるんだニャン。

このように、これからのWebデザインの業界でやっていくためには、コーディングの知識は絶対に持っていた方がいいです。

コーディングの知識を身につけていたら、Webデザイナーとしての未来は明るくなると言っても良いでしょう。

Webデザイナーはコーディングをどこまで学べば良いのか

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーとしてやっていくためには、コーディングの知識が必要なことはわかったけれど、どこまでコーディングを学べばいいのかニャン?

先生
先生
JavaScriptやフレームワークも覚えてコーディングを極めないと、という人もいるんだけれど、必ずしもそこまで学ぶ必要はないと言うのが、先生の考えだよ。

というのも、Webデザイナーは、デザインをするのが仕事なので、コーディングを極めるのも良いですが、できればUIやUXデザインや、サイトの設計や企画などに力を入れた方が良いと思います。

これらの力もコーディングの知識も両方持っている方が最強ですが、そこまでマスターするのは難しいです。

先生
先生
先生としては、HTMLとCSSを理解しておけばまず良いと思うよ。

HTMLとCSSを一通りできるようになってから、余裕ができたらJavaScriptやフレームワークなどを学ぶというくらいの捉え方で良いのではないかと思います。

コーダーに必要な5つのスキル

コーダーは、Webデザイナーが作ったデザインの原案をもとに、クライアントが求めるイメージのWebサイトを作る職業の人です。

先生
先生
コーダーに必要な知識は次の5つだよ。

・コーディングスキル

・SEOについての知識

・JavaScriptについての知識

・CMSについての知識

・UI/UXについての知識

【未経験OK】これからWebデザインの仕事をするために必要なスキルこの授業は次のような方に向けて行います。 ・Webデザインの仕事をしたいので必要なスキルを知りたい方 ・未経験からWeb...

コーディングスキル

コーダーとして働くには、HTML5とCSS3と言う、Webサイトを表示する基本の言語のコーディングスキルが必要です。

他の人がコードを書き換える必要が出てくることもあるので、誰が見ても分かりやすいコードを書くことが求められます。

さらに、期日に間に合うように素早く正確にコーディングを行うことも大切です。

今は、HTML5が主流になっていますが、インターネットでは新旧色々なWebサイトがたくさんあります。

昔主流だった古いブラウザで動くXHTMLやHTML4.0で作られたWebサイトもあると思います。

このXHTMLやHTML4.0のコーディングスキルを持っていると、それらのWebサイトのメンテナンスをすることもできて重宝がられることもあります。

SEOについての知識

SEO(検索エンジン最適化)とは、検索エンジンで検索してWebサイトを訪れる人を多くすることで、Webサイトの成果をアップさせる施策のことです。

先生
先生
SEOについての知識を持っていることも、Webデザイナーの強みになるんだ。

SEOには色々な手法がありますが、その中でもHTMLコーディングするのが特に重要です。

コーディングをする際には、見た目のデザインを再現するだけでなくて、クローラーにサイト構造を正しく把握してもらえるように、最適なHTMLを記述することが重要です。

タグの設定や内部リンク構造の設計、ナビゲーションやパンクズリストの設置などの知識を身につけて、正しいコーディングを心がけましょう。

JavaScriptについての知識

デザイニャー
デザイニャー
最近は、Webサイトに求められることが年々上がってきていて、アニメーションなどのような動的なコンテンツを埋め込む技術が必要とされているようだニャン。

先生
先生
そのためには、HTMLやCSSの基本を抑えた上で、動的なコンテンツを扱うスクリプト言語の知識が必要だよ。

その中でも特にJavaScriptはよく使われています。

コーダーがJavaScriptを1から書いていくことは少ないですが、JavaScriptをある程度理解しておかなければ、コーディングができないケースも少なからずあります。

最近ではJavaScriptのフレームワークやライブラリを利用してコーディングすることも増えています。特にjQueryは、Webサイト制作の現場で多く利用されていたことが一時期あり、コーダーでも使うことがあるライブラリの一つです。jQueryには欠点もあるので、新規導入するデザイン会社は少ないですが、身につけておくと役に立つことがあります。

Webデザインに動きをつけるJavaScriptの基礎と学習サイトこの授業は次のような方にぜひ受講してほしいです。 ・Webサイトに動きをつけるJavaScriptについて知りたい方 ・...

CMSについての知識

CMSとは、コンテンツ管理システムと言って、Webコンテンツの更新がWeb上の管理画面から比較的簡単に行うことができるシステムのことです。

デザイニャー
デザイニャー
HTMLの知識がなくてもサイトの更新をすることが簡単にできるんだニャン。

先生
先生
大規模なサイトで、CMSを取り入れることも増えているから、コーダーもCMSのシステムを知っておく必要があるんだ。

WordPressは、世界で使用されているCMSの代表的なもので、日本でも多くの会社で導入されています。

そしてWordPressはPHPを使って作られているので、カスタマイズを行うには、PHPの知識が必要です。

先生
先生
PHPの知識を身につけておくことで、コーダーとしての仕事の幅が広がることにもなるんだ。
Webデザインが楽になるCMS!4つのメリットや選ぶポイントを解説この授業は次のような方におすすめです。 ・専門知識がないんだけれどWebサイトを作りたい方 ・Webサイトを作りたいんだ...
【未経験OK】これからWebデザインの仕事をするために必要なスキルこの授業は次のような方に向けて行います。 ・Webデザインの仕事をしたいので必要なスキルを知りたい方 ・未経験からWeb...

UI/UXについての知識

Webサイトを作ることにおいて、エンドユーザーが使いやすいように意識することが大切ですが、そのためにはUI/UXの知識を身につけておくことは必須です。

UI/UXの知識を身につけることで、コーダーの仕事の幅が広げることができるようになります。

WebデザインとUIデザインってどう違うの?仕事内容についても解説この授業は次のような方におすすめです。 ・UIデザインってWebデザインとどう違うのか知りたい ・UIデザインについての...
WebデザインとUXデザインの違いとは?必要なスキルや資格についてこの授業は次のような方におすすめです。 ・ユーザーに満足してもらえるWebサイトを作りたい ・よくUIとかUXデザインと...

まとめ

先生
先生
ここまで、次の17個のことについてお話ししてきたよ。

・コーディングって何?

・コーダーとフロントエンジニアはどう違う?

・コーダーとプログラマーはどう違う?

・Webデザイナーにコーディングの基礎知識は必要

・コーディングを理解するとデザインの質が下がる!?

・Webデザイナーにコーディングの知識がある4つのメリット

・レスポンシブデザインを考慮したデザインができる

・エンジニアからの信頼度が上がる

・Webデザイン力がアップする

・仕事の幅が広がる

・Webデザイナーはコーディングをどこまで学べば良いのか

・コーダーに必要な5つのスキル

・コーディングスキル

・SEOについての知識

・JavaScriptについての知識

・CMSについての知識

・UI/UXについての知識

HTMLやCSSの基本のスキルに加えて、新しい技術を積極的に導入して、デザイナー自身の付加価値を高めることができますし、将来のキャリアパスも広がります。

デザイニャー
デザイニャー
このような仕事をしてスキルを磨きながら、日頃からのインプットやアウトプットを心がけて、次の将来のステップアップを目指して行けたらいくニャン!

私たちは頑張るあなたを応援しています!