Webデザイン

フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なこと

この記事は次のような方に向けて書いています。

・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不安

・フリーランスで働くのは、会社で働くのとどう違うのかを知りたい

・フリーランスWebデザイナーになるのに必要な準備を知りたい

この記事を読んでいただければ、このような疑問を解決することができます。

どうぞ最後までご覧になってください。

フリーランスのWebデザイナーの働き方

デザイニャー
デザイニャー
場所を選ばないで、通勤ラッシュにも揉まれることもなく、落ち着いて仕事ができるのがフリーランスの魅力とも言える働き方だよニャン。

先生
先生
でも、会社員のように収入が保証されているわけではないところが悩みになることもあるんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
フリーランスで働くか、会社員として働くかを選ぶのは自分自身だよニャン。

先生
先生
フリーランスとして働きたいのであれば、それなりに「覚悟」が必要だよ。

最近では、フリーランスの人気が高まっています。

フリーランスWebデザイナーとは、依頼主になるクライアント(企業・店・個人)と業務委託契約を結んで、Webデザインを行う職業です。

先生
先生
フリーランスWebデザイナーとはどういう働き方をするのかをこれからお話ししていくね。

会社員・フリーランス・在宅のWebデザイナーの働き方の違い

Webデザイナーの働き方は、大きく分けて、

①会社員

②フリーランス

③在宅で働く

の3つです。

先生
先生
この3つの働き方の違いは次の2つだよ。

・働いた分だけ収入が入る

・デザイン以外の仕事も全部自分でする

働いた分だけ収入が入る

先生
先生
まず、大きな違いは収入の形態だよ。

会社員は月経制で収入が入りますが、フリーランスや在宅で働く場合は、出来高制や仕事単位での報酬制になります。

デザイニャー
デザイニャー
つまり、働いた分だけ収入が入るということだニャン。

先生
先生
そう。だから自分の実力次第では、高収入も夢じゃないよ。

デザイン以外の仕事も全部自分でする

先生
先生
フリーランスは、働いた分だけ稼げることはお話ししたけれど、逆に仕事がなければ当然、収入はゼロなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
となると、仕事をするためには、自分で営業することが必須だニャン。

先生
先生
そうだね。広い人脈とある程度のコミュニケーションの能力が求められるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
それに、仕事を受けてから納品までの事務処理も、自分でやらないといけなくなるんだニャン。

先生
先生
請求書を発行したり、また毎年の確定申告も自分でする必要があるから、そういう知識も重要になるんだ。

フリーランスWebデザイナーとして独立するのはおすすめ?

たくさん仕事をしていけば、その分だけ収入もたくさん得られるので、デザインのスキルやキャリアを持っているのであれば、フリーランスとして働いた方が、仕事の幅が広がります。

人脈から仕事の依頼が来ることも多いので、そういった人付き合いができるのだったら、フリーランスが向いているかもしれません。

先生
先生
ただ、さっきも触れたけれど、事務処理も自分でこなさないといけないので、フリーランスになるかどうかはよく考えてから決めることをおすすめするよ。

フリーランスWebデザイナーには継続して仕事が入るの?

フリーランスは働いた分だけ稼げますが、仕事が継続的に入ってこないと、収入は減ってしまいます。

先生
先生
でもWebデザイナーだったら、Web制作が一つ終わったらその仕事は終了だけれど、その仕事でクライアントから満足してもらえたら、また新しい仕事を依頼してもらえたり、また他のクライアントを紹介してもらえるなど、次の仕事につながることもあるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
仕事の出来次第で信頼してもらえて、次の依頼が来ることもあるだニャン。

先生
先生
また、Webサイトの制作以外にも、Webサイトの運用や更新を頼まれることがあって、そうなると、定期的に収入が入ることになるんだ。

仕事がなくなったら、エージェントに登録して案件を紹介してもらうこともできるし、また、クラウドソーシングで仕事を探すこともできます

フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なことこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不...
Webデザイン初心者がクラウドソーシングで報酬をもらえる方法を解説この授業は次のような方におすすめです。 ・クラウドソーシングのことについて詳しく知りたい ・クラウドソーシングで報酬をも...

フリーランスのWebデザイナーが、継続的に仕事を得るためには、それなりの努力が必要。

フリーランスWebデザイナーの収入を安定させるには

デザイニャー
デザイニャー
じゃあ、どうしたらフリーランスで収入を安定させることができるのかニャン?

先生
先生
未経験のフリーランスWebデザイナーは、最初のうちは収入を安定させることは難しいことが多いかもしれないね。

まずはたくさん案件をこなしていって、自分のキャリアを積んでいくことがとても重要です。

先生
先生
でも、一つの仕事にしがみつかなくても良いのがフリーランスの強みなんだ。

Web制作のスキルが十分になってきたら、それ以外で収入を得ることも考えてみると良いでしょう。

自分のWebメディアを起こしてブログを運営して、定期的な広告収入を得ることができます。また、Webデザインに加えて、マーケティング・ライティング・動画作成というようにプラスαの知識があることで、仕事の範囲が広がっていきます。

Webデザインの他にもプラスαがあると、クライアントから信頼され、収入アップにつながることもあります。

フリーランスWebデザイナーになる前に知っておきたいこと

とても魅力的な働き方であるフリーランスのWebデザイナーという職業ですが、仕事としてやっていくために、次の2つのことを押さえておきましょう。

・クライアントがフリーランスWebデザイナーに仕事を依頼する理由

・フリーランスと会社員の収入面の違い

クライアントがフリーランスWebデザイナーに仕事を依頼する理由

デザイニャー
デザイニャー
少し疑問があるんだけれど、どうしてクライアントがフリーランスに仕事を依頼するのかという点が気になるんだニャン。

先生
先生
色々な理由が考えられるけど、主なポイントは次の2つだよ。

・コストを削減させるため

・スピードとスキルを求めているため

コストを削減させるため

先生
先生
普段買い物をすることがあると思うけれど、その時、できるだけ良いものをできるだけ安く買いたいと考えるよね。

それは仕事でも言えることで、クライアントがフリーランスのWebデザイナーに仕事を依頼する理由もそれと同じです。

Web制作会社などの場合は、会社の家賃や光熱費、人件費といった経費がかかります。

先生
先生
Web制作会社などに頼むと、その経費の分も入ってしまうので、どうしても金額が高くついてしまうんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
だから、できるだけ安く請け負ってくれるフリーランスのWebデザイナーに依頼するというわけなんだニャン。

スピードとスキルを求めているため

先生
先生
普通、会社が拡大すると、意思決定に時間がかかってしまいがちなんだけれど、もしクライアントがスピードを求めている場合、時間がかかってしまうという性質はマイナスに作用してしまうんだ。

費用を押さえながらクオリティを追求するのであったら、実績のあるフリーランスのWebデザイナーに仕事を依頼するのが有効なこともあります。

デザイニャー
デザイニャー
コストとスピード感、そして実力をかね揃えているフリーランスのWebデザイナーに仕事をお願いするのは、お得なことになるんだニャン。

フリーランスと会社員の収入面の違い

先生
先生
Webデザイナーだけでなく、フリーランスと会社員では収入面で違いがあるんだ。

税金のことを考えてみても、会社員は給与所得控除が適用されるので、税制面で優遇されますが、フリーランスになると、一定の周遊を超えると税金(個人事業税・消費税)を支払わなければならなくなります。

デザイニャー
デザイニャー
税金や社会保険料などのことも考える必要があるんだニャン。

先生
先生
フリーランスとして働くのであれば、会社員と比較して税制面の違いや手取りで受け取れる金額についても押さえておくことが大切だよ。
Webデザインの年収は?今より収入アップの秘訣や必要なスキルも解説この記事は次のような方におすすめです。 ・Webデザインの仕事に転職したいので、年収がどれくらいなのか知りたい ・Web...

フリーランスWebデザイナーになるための4つの準備

Webデザインを学習して、Webサイト制作ができるようになったら、誰でもフリーランスデザイナーを名乗ることはできますが、フリーランスWebデザイナーとして働くためには、十分な準備が必要です。

・仕事のための人脈

・ポートフォリオ

・運営資金の確保

などの準備をしておくことで、良い仕事にしていくことに繋がります。

そういった準備をしないでフリーランスを名乗っても、仕事がなくて廃業ということにも。

フリーランスwebデザイナーとして仕事をしていくことはそんなに簡単ではありません。

ここでは、事前に準備しておきたい準備を4つご紹介します。

・人脈を作っておく

・ポートフォリオや自分のWebサイトを作る

・クラウドソーシングに登録したりSNSで発信をする

・運営のための資金を準備しておく

人脈を作っておく

デザイニャー
デザイニャー
仕事を得るためには、人脈って必要だよニャン。

学生時代の友人や前の仕事で一緒に働いた人、そのほかちょっとした集まりで知り合いになった人を人脈にしておきましょう。

その中からお客さんになりそうな人が見つかれば、仕事にも繋がります。

また、一度仕事をして信頼を受ければ、それが元で口コミなどで仕事が入ってくることもあります。

先生
先生
そういった人脈を大切にして、仕事を受けたときには丁寧さを心がけ、お客さまになってくれた人の立場に立って取り組んでいければ、仕事は絶えず入ってくるようになるよ。

また、Webデザインの勉強をしているスクールの先生や仲間たちとの交流も絶やさず、仕事の相談や情報交換ができるような関係性を保てれば理想です。

ポートフォリオや自分のWebサイトを作る

ポートフォリオというのは、Webデザイナーが自分が作ったデザインを載せたり、人柄や実績、能力をアピールするために作った作品集のことです。

就職活動をするときに必要なものですが、フリーランスWebデザイナーにとっても仕事を得るために重要なツールになります。

自分ができることを適切に示せる色々なテイストのデザイン作品を載せてアピールしましょう。

また、自分のWebサイトを作ることもおすすめします。

あなたがどんな人でどんな作品を作るのかがわかるWebサイトがあれば、クライアント側から理解されやすく、また、あなたに向いた仕事を任せてもらえる機会も増えます。

ポートフォリオも自分のWebサイトも、あなたができる最高の技術で丁寧に作りましょう。

【採用される】Webデザインのポートフォリオを作る3つの流れとコツこの授業は次のような方におすすめです。 ・未経験でWebデザインの仕事がしたくて就職や転職をする方 ・ポートフォリオを作...

ポートフォリオに掲載できるような作品がない場合は

ポートフォリオに載せられるような作品がまだない場合は、あなたが好きなものや前職の業界などをテーマにしてオリジナル作品を作ってみましょう。

そうすると、あなたがどんな分野に興味を持っているのかがお客さんにもわかるので、それに関係した仕事が入ってくる可能性もあります。

クラウドソーシングに登録したりSNSで発信をする

先生
先生
フリーランスのWebデザイナーとしてしておすすめなのが、クラウドソーシングへ登録して案件に挑戦してみることだよ。

クラウドワークスとは、企業がネットを介して不特定多数の人に仕事を発注するという仕組みのことです。

クラウドワークスランサーズなどの大手のクラウドソーシングサイトに登録して、案件に応募すると、受注のチャンスが増えます。


先生
先生
また、SNSを利用して積極的に発信してみよう。

TwitterやFacebook、Instagramなどで、あなたが仕事に取り組んでいることを共有すると、それを見た多くの人にアピールできます。

先生
先生
うまくいけば、仕事の依頼がくることもあるかもしれないよ。

SNSを営業ツールとして利用して、仕事が取れるフリーランスを目指しましょう。

Webデザイン初心者がクラウドソーシングで報酬をもらえる方法を解説この授業は次のような方におすすめです。 ・クラウドソーシングのことについて詳しく知りたい ・クラウドソーシングで報酬をも...

運営のため資金を準備しておく

先生
先生
フリーランスになったら、しばらくの間収入がないこともあるかもしれませんので、生活ができるように、ある程度お金を貯めておくようにしよう。

フリーランスになったら、サラリーマンとして働いていた時のような、安定した収入はないと思っておきましょう。

フリーランスで仕事を受注することができても、納品するまでは収入は入ってきません。

仕事をしている間に発生する交通費や資料代などは、報酬が入ってくるまで立て替えることになるので、運営のための資金を準備しておく必要があります。

Webデザイナーだったら、使用するソフトの料金やレンタルサーバー代の料金も必要です。

もし一人暮らしで生活をしているのであれば、家賃やなどの生活費のことも頭に入れておかなければなりません。

なので、ある程度安心できるように、お金を資金として用意しておきましょう。

フリーランスWebデザイナーとして活躍する6つのポイント

フリーランスWebデザイナーになって、活躍できるようになるには、当然ながら努力が必要です。

先生
先生
何もしないでいて仕事が入ってくるわけではないからね。

ここでは、フリーランスWebデザイナーとして活躍できるようになるためのポイントを6つご紹介します。

・クライアントからのニーズを把握

・仕事のスケジュールを管理

基本的な進行管理の能力

・営業力

・マーケティングの知識

・常にスキルアップの努力を

クライアントからのニーズを把握

先生
先生
Webデザイナーの仕事は、クライアントからの仕事の依頼があってからこそ受注できるんだ。

仕事を依頼してくれるクライアントが望んでいることはなんなのかを考えてみましょう。

・Webサイトを制作するときに、クライアントは誰に何を伝えたいのだろうか

・Webサイトを制作することで達成したいことはなんなのか

先生
先生
こういった目標を明確にして、クライアントが望む目標の達成のためには、どんなデザインにしたらいいのかを提案するのがWebデザイナーの仕事だよ。

Webサイトが出来上がってしまったら終わり、ではなくて、その後にフォローすることも頭に入れておきましょう。

仕事のスケジュールを管理

先生
先生
フリーランスのWebデザイナーの仕事は、Webサイトのデザインを作ることだけではなく、それも含んだ仕事のスケジュールを管理することも大切だよ。

仕事をバリバリやればやるほど、収入が増えるからといって、たくさん仕事を引き受けるのはいいですが、納期に間に合わなかった、というようなことがあってはなりません。

納期を厳守することはフリーランスWebデザイナーとして大切なことです。

先生
先生
キャパオーバーなようだったら、ときには断ることも大切なんだニャン。

自分でスケジュールを管理して、納期に間に合うような責任感を持ててこそ、プロのフリーランスデザイナーです。

基本的な進行管理の能力

先生
先生
フリーランスWebデザイナーとして仕事をしていくには、複数の案件を同時進行できる能力も必要だよ。

フリーランスWebデザイナーは、基本的な仕事の進行管理は自分で管理する必要があります。

複数の案件が同時にある場合には、それらの案件に遅れが出ないように、自分で調整できる能力が必要です。

タスクに遅れが出ると、クライアントに迷惑がかかりますし、それだけでなく、次の仕事の案件をもらえないという事態になることもあります。

デザイニャー
デザイニャー
タスクを適切に管理できる能力はとても大切なんだニャン。

営業力

会社で働いているWebデザイナーは、営業がクライアントから仕事をもらってきてくれますが、フリーランスの場合は、自分で仕事を獲得しないといけません。

会社員時代にWeb業界で大きな実績を作ったことがある人であったら、営業をしなくても仕事が入ってくることもあるかもしれませんが、多くのフリーランスWebデザイナーの場合は、そうはいきません。

デザイニャー
デザイニャー
だから、フリーランスのWebデザイナーが仕事をしていくためには、営業力が必要なんだニャン。

・人脈を広げる

・営業の電話やメールをする

・自分で情報発信する

などの方法で、Webデザインの仕事の案件獲得のために営業をしていくことが大切です。

フリーランスWebデザイナーが仕事を得る6つの営業方法と3つの準備この授業は、次のような方におすすめです。 ・フリーランスとして独立してWebデザインの仕事をしたいんだけれど、仕事を獲得できる...

マーケティングの知識

先生
先生
マーケティングの知識を持っていると、ビジネスの成果が出ることに繋がるWebサイトを作るのに役に立つんだ。

Web制作会社がサイトの制作を請け負うときには、

・マーケティング

・ディレクション

・デザイン

・コーディング

など、何人かのメンバーでチームを組んで業務を進めていくことが普通なのに対して、フリーランスWebデザイナーの場合は、これらのことを全部1人でやらないといけないようなこともあります。

クライアントのビジネスのターゲットを理解して、ターゲットに合ったWebサイトを作れることは、フリーランスWebデザイナーに求められる重要なスキルです。

Webデザイナーはコーディングの知識があった方が有利な理由についてこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・そもそもコーディングとはなんなのかを知りたい ・Webデザイナーにコーデ...
Webデザインにマーケティング力が必要な理由|売れるサイトを目指すこの授業は次のような方に受けていただきたいです。 ・売り上げが伸びるWebサイトにしたい ・マーケティングが必要な理由を...

常にスキルアップの努力を

Web業界はどんどん進歩していっています。

昨日まで新しいと言われていたデザインも、すぐに古くなってしまうということもあります。

プログラミングの知識も、常に新しい情報をどんどん取り入れて更新していくこともフリーランスWebデザイナーとして大切です。

Web関連のサイトをチェックしたり、Web関連のセミナーに参加するのもいいでしょう。

このように、常にスキルアップの努力をしながら学んでいくことを心がけましょう

Webデザインのスキルは独学で習得できる!勉強法や便利なツールも紹介この授業は次のような疑問を持っている方におすすめです。 ・Webデザインは独学で学べるの? ・Webデザインは大学や専門...
【未経験OK】これからWebデザインの仕事をするために必要なスキルこの授業は次のような方に向けて行います。 ・Webデザインの仕事をしたいので必要なスキルを知りたい方 ・未経験からWeb...
Webデザインを無料でも勉強できるサイト9選|試しにやってみよう!この授業は次のような方へおすすめです。 ・Webデザインに興味を持ち始めている方 ・お金をかけずに気軽にWebデザインの...

Webデザイナーのスキルアップのコツ

Webデザイナーがスキルアップできるコツが書かれている記事を見つけましたので、ご紹介します。

未経験からフリーランスのWebデザイナーになりたい方へ読んでもらいたい記事

未経験からWebデザイナーを目指している方向けの記事を見つけちゃいました。

すごく読みやすくて良かったですので、読まれることをおすすめします。

Webデザインのスキルを未経験から独学で6ヶ月で習得する秘訣を紹介この授業は次のような方におすすめです。 ・未経験からWebデザインを学びたくて詳しいことが知りたい ・独学でWebデザイ...

まとめ

先生
先生
この授業では次の27個のことについてお話ししてきたよ。

・フリーランスのWebデザイナーの働き方

・会社員・フリーランス・在宅のWebデザイナーの働き方の違い

・働いた分だけ収入が入る

・デザイン以外の仕事も全部自分でする

・フリーランスWebデザイナーとして独立するのはおすすめ?

・フリーランスWebデザイナーには継続して仕事が入るの?

・フリーランスWebデザイナーの収入を安定させるには

フリーランスWebデザイナーになる前に知っておきたいこと

・クライアントがフリーランスWebデザイナーに仕事を依頼する理由

・コストを削減させるため

・スピードとスキルを求めているため

・フリーランスと会社員の収入面の違い

・フリーランスWebデザイナーになるための4つの準備

・人脈を作っておく

・ポートフォリオや自分のWebサイトを作る

・ポートフォリオに掲載できるような作品がない場合は

・クラウドソーシングに登録したりSNSで発信をする

・運営のための資金を準備しておく

・フリーランスWebデザイナーとして活躍する6つのポイント

・クライアントからのニーズを把握

・仕事のスケジュールを管理

基本的な進行管理の能力

・営業力

・マーケティング

・常にスキルアップの努力を

・Webデザイナーのスキルアップのコツ

・未経験からフリーランスのWebデザイナーになりたい方へ読んでもらいたい記事

デザイニャー
デザイニャー
フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていくために必要なことや、スキルアップしていくにはどうしたらいいのかを学べてニャン。

先生
先生
まずは、制作会社などで働いてから、十分に実力がついてからフリーランスとして働くのが、失敗しにくい流れだよ。

私たちは、頑張るあなたを応援しています。