Webデザイン

Webデザインでエディタを使うメリット6つと選び方のポイント9つ

この授業は次のような方におすすめです。

・Webデザイン初心者でWebサイトを作るためにどんなエディタがあるのかを知りたい方

・HTMLエディタを選ぶ際のポイントについて抑えておきたい方

この授業を受けていただくことで、上にあげたようなことについて理解することができて、あなたに合ったHTMLエディタを選べて効率的に仕事をすることができるようになりますよ。

どうぞ最後までご覧になってください。

Webデザインをするときに使うエディタって何?

先生
先生
エディタというのは、テキストエディタと呼ばれている、テキストを編集するためのソフトのことで、文章を作成するときの他に、Webサイトを制作したり、プログラミングをするときにも使われるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
身近なものでは、Windowsに入っている「メモ帳」もエディタの内だけれど、テキストエディタの中でも、HTMLの編集に特化したもののことをHTMLエディタと呼ぶんだよニャン。

先生
先生
HTMLエディタは、HTMLコードが使いやすくなる色々な機能がついているんだ。他例えば、次のようなものが挙げられるよ。

・タグの自動補完・入力補助

・エラー表示

・他ファイルとの連携

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタは、Webサイトを作ったりHTMLコードを書くときに必須なツールだと言えるニャン。

HTMLエディタの種類2つ

先生
先生
HTMLエディタには次の2種類があるよ。

・クライアントソフト

・オンラインサービス

クライアントソフト

デザイニャー
デザイニャー
クライアントソフトと言うのは、パソコンに直接インストールして使うHTMLエディタのことだニャン。

先生
先生
パソコンの内部にエディタが入っているから、インターネットに接続しなくても使うことができるし、動画が軽いのが特徴だよ。

完全ローカルなので、オンラインサービスと比べて、インストールの手間がかかります。また、複数人との共同作業には向きません。

オンラインサービス

デザイニャー
デザイニャー
オンラインサービスのHTMLエディタは、ブラウザ上でも利用するから、パソコンにインストールする必要がないエディタなんだニャン。

先生
先生
エディタをWeb上で操作するから、端末の種類やスペックに依存せずに使うことができるんだ。

場所を問わずに使える、複数人での共同編集ができますが、オフライン環境では使用できないというデメリットもあります。

先生
先生
常にインターネット上で作業をしていくので、クライアントソフトと比べると、動作が遅いという傾向もあるんだ。

Webデザインでエディタを使う6つのメリット

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタを使うと、どんなふうに作業効率を高めることができるのか、エディタを使うメリットについて知りたいニャン。

先生
先生
ここではリクエストにお応えして、HTMLエディタを使うメリットを6つ挙げてみたよ。

・自動入力機能がある

・自動インデント機能で見やすくなる

・便利なプラグイン機能がある

・色付けがされて見やすい

・瞬時にプレビューできる

・他のファイルとの連携が取れる

自動入力機能がある

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタにはコードを書くときに自動入力機能があるから、記述時間を短縮することができるんだよニャン。

先生
先生
HTMLのコード量は膨大だから、スペルミスをしてエラーが出たら、どこの記述が間違っているのかを探すのだけでも一苦労するんだ。

デザイニャー
デザイニャー
初心者にありがちなミスは、タグの入力漏れだよニャン。例えば、<h2>見出し</h2>の「>」を一つ書き漏らしただけでも機能しなくなるニャン。

先生
先生
その点で、自動入力機能があることで、コードを全部打ち込ませなくても、自動で予測変換の機能によって候補となるコードが表示されるんだ。そして、閉じタグも自動的に入力されるから、入力漏れを防ぐことができるんだ。

自動インデント機能で見やすくなる

デザイニャー
デザイニャー
コードの文字数が多くなると、全体の構造やタグの関係性などがわかりづらくなってそれが記述ミスにつながりやすいニャン。

先生
先生
そこで便利なのが、自動インデント機能だよ。これは、開業を行うと、自動的に行頭にタブやスペースが自動で入力される昨日のことで、コードが美しく整えられるし、全体の構造をみやすくなるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
自動インデントがないコードと自動インデントがあるコードを比べてみようニャン。

デザイニャー
デザイニャー
自動インデントの機能があるコードの方が、全体構造がみやすくて理解しやすいニャン。

先生
先生
インデント以外にも、色が自動でつく機能があるエディタも多くて、とても見やすくなるから、効率化のためには、こうした入力補助機能が充実しているテキストエディタを使うようにしよう。

便利なプラグイン機能がある

デザイニャー
デザイニャー
エディタには便利なプラグイン機能があって、プラグインをインストールすることで、必要な機能を追加していくことができるんだニャン。

先生
先生
例えば、コーディングをするときに色をしたい場合、専用のプラグインを追加することで、指定したい色をクリックすることで、カラーコード(#ff0022などの文字列)を自動で入力できる拡張機能があるよ。

デザイニャー
デザイニャー
その他にも、英語ソフトを日本語変換や、同一名称へのハイライト追加などの機能を持つプラグインがたくさんあるんだニャン。

先生
先生
自分が使いやすいようにカスタマイズして、HTMLエディタを使っていこう。

色付けがされて見やすい

デザイニャー
デザイニャー
さっきもちらっと紹介されたけれど、HTMLエディタはタグの色分けや文章の色付けをする機能があるんだニャン。

先生
先生
文字数が多くなるほどコードが見づらくなり、記述ミスも起きてしまうけれど、上の図のように色分けされていると、構造が見やすくなって理解しやすくなるんだ。

瞬時にプレビューされる

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタには、記述した内容がWeb上でどんなふうに表示されるのかを確認できるプレビュー機能があるんだニャン。

先生
先生
メモ帳やテキストエディタでしようとすると、手順を踏む必要があってちょっと面倒だけれど、HTMLエディタでは瞬時にプレビューすることができるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
わざわざWebブラウザを開かなくてもプレビューが見れるから、作業時間の効率化になるニャン。

先生
先生
細かい部分の微調整もサクサクと進めることができるよ。

他のファイルとの連携が取れる

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタの多くは、HTMLだけでなくて、その他の色々な言語も扱うことができて、それらを同じエディタの中で編集することもできるんだニャン。

先生
先生
HTMLを書く時には、他にもCSSやJavaScriptなどの言語も扱うことがほとんどなんだけれど、その時に別のファイルで他の言語を管理していると、その度に違うファイルを開く必要が出てくるから、手間がかかるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
その点、HTMLエディタは他のファイルと関連づけることが簡単にできるので、コーディング(HTMLやCSSなど)が簡単にできるんだニャン。
Webデザイナーはコーディングの知識があった方が有利な理由についてこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・そもそもコーディングとはなんなのかを知りたい ・Webデザイナーにコーデ...
【Webデザイン初心者】のためへWebデザインに欠かせないHTMLこの授業は次のような方におすすめです。 ・Webデザイン初心者で、HTMLの基礎について知りたい方 ・HTMLを初歩から...
Webデザイン初心者の方のためにCSSの基本について解説しました!この授業は次のような方におすすめです。 ・コーディングをすることになった新人Webデザイナーの方でCSSについてを知りたい方 ...

エディタを選ぶ9つのポイント

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタにも色々あって、わかるだけでも40種類以上あるから、どれを選べば良いのか迷っちゃうニャン。

先生
先生
ここでは、HTMLエディタを比較するときに押さえておくべき9つのポイントについてお話ししていくね。

・HTMLエディタの使い方をWebサイトで解説しているのが多いものを選ぶ

・動作が軽いHTMLエディタを選ぶ

・拡張機能あるものを選ぶ

・日本語でも開発環境が整えられるものを選ぶ

・自分が使っているOSに対応しているものを選ぶ

・操作が簡単か

・コードが書きやすいか

・記述ミスを防ぎやすいか

・文字コードの指定が簡単にできるか

HTMLエディタの使い方をWebサイトで解説しているのが多いものを選ぶ

デザイニャー
デザイニャー
まだ初心者でテキストエディタにまだ慣れていない場合は、HTMLエディタの使い方を解説しているWebサイトがたくさんあるかをチェックするんだニャン。

先生
先生
HTMLエディタ提供元の解説は英語な場合が多いから、理解するのが難しい場合もあるから、わかりやすく解説してくれているWebサイトをすぐに探すことができるのであれば、問題を解決しやすいからね。

動作が軽いHTMLエディタを選ぶ

デザイニャー
デザイニャー
次に挙げられるのが、動きが軽いHTMLであるかどうかという点だニャン。

先生
先生
HTMLエディタの乗り換えて多いのが、「動きが重い」ということなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタが重いのには大きなストレスを感じてしまうニャン。

先生
先生
だから、できるだけ動作が軽いHTMLエディタを選ぶようにしよう。

拡張機能があるものを選ぶ

先生
先生
HTMLエディタは、ダウンロードした時に、元からついている機能以外に、プラグインと呼ばれる拡張機能をインストールすることで、機能を追加することができるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
例えば、日本語変換や、カラーコードの自動入力といった、コーディングをする際に効率的な機能を持つプラグインがあるんだよニャン。

先生
先生
プラグインが豊富なエディタを使うことで、自分の好きなようにカスタマイズすることができるんだ。

日本でも開発環境が整えられるものを選ぶ

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタは、海外で作られたツールが中心になっているから、日本語に対応しているHTMLエディタは限られているんだニャン。

先生
先生
だから、英語が苦手な方は、日本語に対応しているエディタを選ぼう。

デザイニャー
デザイニャー
中には、プラグインなどで後から日本語化できるHTMLエディタもあるニャン。

先生
先生
ただ、HTMLの構文自体は英語だから、HTMLで頻繁に使うタグの意味は覚えておいた方が便利だよ。

自分が使っているOSに対応しているものを選ぶ

デザイニャー
デザイニャー
HTMLを選ぶ時には、自分が使っているパソコンのOSに対応したものにするんだニャン。

先生
先生
HTMLエディタをダウンロードする時に、MacOSやWindows、Linuxなど利用できるOSが表示されているんだけれど、非対応のパソコンにはHTMLエディタをダウンロードできないんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そんなことになら内容に、必ず確認することにするニャン。

操作が簡単か

先生
先生
HTMLエディタを比較する時に一番大切なのは、操作が簡単にできるかということなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
初めてHTMLエディタを使う方の場合、コードの記述だけでなく、エディタの操作でも時間がかかってしまうことがあるからニャン。

先生
先生
操作が簡単なHTMLエディタだったら、初めての方でも簡単に扱うことができるし、自動補完機能などを使ってコーディングする時に作業工数が少なく済ませることもできるんだ。

コードが書きやすいか

デザイニャー
デザイニャー
初心者がHTMLエディタを選ぶ時のポイントは、効率よくコーディングができるかということだニャン。

先生
先生
自動整形機能という機能があるんだけれど、それによってコードの記述ミスや表示ゆれを直してくれるから、効率的にコーディングすることができるんだ。

記述ミスが防ぎやすいか

先生
先生
HTMLを比較する時には、記述ミスが減らせるものであるかというのもポイントになるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
コードを効率的にかけても、ミスが多くて修正しなければならなくなっては、その効果も半減してしまうからニャン。前に挙げた自動整形機能に加えて、ミスを減らせる機能もついていることも重要だニャン。

先生
先生
HTMLの階層構造がシンプルで、タグごとの色分けの機能によって、記述ミスを減らすことができるんだ。

文字コードの指定が簡単にできるか

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタを比較する時に抑える最後のポイントは、文字コードの指定が簡単にできるかということだニャン。

先生
先生
HTMLコードを記述したOSとできたWebページを見るOSの種類が違うと、文字コードが違ってくるから、Webサイトが文字化けすることも多いんだ。

デザイニャー
デザイニャー
「S -JIS」「Unicode」「UTF8」など主な文字コードに対応していることを絶対に確認するようにするニャン。

おすすめのHTMLエディタ4選

デザイニャー
デザイニャー
HTMLエディタは、確認できるだけでも40種類以上もあるから、その中からどれが自分に合うエディタなのかどうか見つけるのは大変だニャン。

先生
先生
そうだね。そこで、多くの選択肢があるなかで、おすすめのHTMLエディタを4つ厳選してみたよ。

Visual Studio Code

デザイニャー
デザイニャー
Visual Studio Codeは、「VSCode」とも呼ばれていて、2015年にMicrosoft社がリリースした無料で使えるHTMLエディタだニャン。

先生
先生
Visual Studio Codeのメリットは、主に次の4つだよ。

・ほとんどのプログラミングに対応している

・優れた自動入力機能

・プラグインやチュートリアルが豊富

・初心者でも安心して使える

先生
先生
Visual Studio Codeは開発のスピードが早いから、これからも次々と新しい知識が加わって、どんどん使いやすくなっていくことが予想されているよ。

先生
先生
逆にVisual Studio Codeのデメリットとしては、新しい機能が加わっていく反面、アップデートの通知の回数が多いということだよ。

デザイニャー
デザイニャー
それに、英語のソフトだから、日本語化するためには拡張機能を使わなければいけなくて、その分の作業が必要になるから、手間がかかるんだよニャン。
Webサイト制作におすすめなVSCodeとは便利な機能について解説この授業は次のような方におすすめです。 ・Webサイトを制作するためにコーディングをしたい初心者の方 ・Webサイトを効...

Brackets

先生
先生
Bracketsは、Adobe社が開発した、GitHub常に公開されているオープンソースのテキストエディタだよ。

デザイニャー
デザイニャー
無料で使うことができる上に、初心者にも使いやすいソフトだニャン。

先生
先生
Bracketsのメリットは次の5つだよ。

・最初から日本語設定だから、英語に自信がなくてもインストールの後にすぐに使い始めることができる

・起動直後にHTMLコードのサンプルが表示されるため、知識がなくてもHTMLの感覚を確かめることができ

・変更した箇所をすぐにブラウザで確認できる機能(ライブプレビュー)がある

・画像ファイルの上にカーソルを乗せると画像がポップアップで出てくる(ホバービュー)

・追加できるプラグインが多くカスタマイズもしやすい

先生
先生
一方、Bracketsのデメリットは次の2つだよ。

・起動動作が遅い

・Webデザイナー向けの機能は豊富だけれど、JavaやPHPに対する機能が比較的少ない

Atom

先生
先生
Atomは、オープンソース型の無料エディタで、Github社が開発したものだよ。

デザイニャー
デザイニャー
パッケージと呼ばれる機能拡張の仕組みがあって、色々な開発者が公開している機能を組み込めるんだニャン。

先生
先生
Atomのメリットは次の4つだよ。

・色々な言語に対応していて、豊富なプラグインで、自由にカスタマイズすることができる。

・優れた自動入力機能

・操作画面のシンプルなデザインが魅力

・初心者に優しいエディタ

先生
先生
一方、デメリットは次の2つだよ。

・使う環境によっては動作が重くなることも

・初期設定が英語なので、英語が苦手なら日本語パッケージをインストールする作業が発生する

SublimeText

先生
先生
SublimeTextもたくさんのWeb製作者に使われているテキストなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
有料だけれど、ライセンス購入を催促する表示を我慢すれば無料で使うことができるんだニャン。

先生
先生
SublimeTextのメリットは次の2つが挙げられるよ。

・操作画面のデザインが優れている

・動作軽い上に、機能やプラグインが豊富

先生
先生
逆にSublimeTextのデメリットは次の通りだよ。

・プラグインを使いこなすためにはたくさんのコマンドを覚えないといけない

・無料で使うとライセンス購入を催促する表示が度々ある

 

SublimeTextを継続利用するには、80$のライセンス料を支払う必要があります。

まとめ

先生
先生
この授業では次のようなことをお話ししてきたよ。

・Webデザインをするときに使うエディタって何?

・HTMLエディタの種類2つ

・クライアントソフト

・オンラインサービス

・Webデザインでエディタを使う6つのメリット

・自動入力機能がある

・自動インデント機能で見やすくなる

・便利なプラグイン機能がある

・色付けがされて見やすい

・瞬時にプレビューできる

・他のファイルとの連携が取れる

・エディタを選ぶポイント

・エディタを選ぶ9つのポイント

・HTMLエディタの使い方をWebサイトで解説しているのが多いものを選ぶ

・動作が軽いHTMLエディタを選ぶ

・拡張機能あるものを選ぶ

・日本語でも開発環境が整えられるものを選ぶ

・自分が使っているOSに対応しているものを選ぶ

・操作が簡単か

・コードが書きやすいか

・記述ミスを防ぎやすいか

・文字コードの指定が簡単にできるか

おすすめのHTMLエディタ4選

・Visual Studio Code      

・Brackets                 

・Atom

・SublimeText

私たちは頑張るあなたを応援しています。