Webデザイン

Webデザイン職のインターンに参加するメリットとは|探し方と準備

この授業は次のような方におすすめです。

・Webデザインのインターンを受けてみたくて情報を得たい方

・Webデザインって文系でもできるのかちょっと不安な方

・Webデザインのインターンをどうやって探すのかを知りたい方

この授業を受けていただけると、これらの疑問が解消し、実際にインターンを探すのに役立ちます。

どうぞ最後までご覧になってください。

目次
  1. Webデザインとはこんな仕事
  2. Webデザイナーのインターンをした方が良いの?
  3. Web系のインターンをおすすめする3つの理由
  4. インターンで学べるWebデザインの仕事
  5. Webデザインインターンの9つのメリット
  6. Webデザインインターンのデメリット
  7. インターンに応募する前にした方がいい3つのこと
  8. インターンの面接のための2つの準備
  9. 志望動機を書く際の3つのポイント
  10. Webデザインのインターンの探し方
  11. これからインターンを希望する方へおすすめの記事
  12. まとめ

Webデザインとはこんな仕事

Webデザインとは、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを使って、デザインを作る仕事のことを指します。

写真や文字の配置から、タイポグラフィという文字表現ができるスキルも必要になります。

まず、どんなデザインを作りたいのか、クライアントにヒアリングをして方向性を決めて、その決めた課題について調査や分析を行ってからデザイン制作に取り掛かります。

Webデザインは、HTMLやCSS、JavaScriptを使ったマークアップまでがその仕事ですが、サーバーサイド向けのWebプログラミングも行う企業もあります。

Webデザインってどんな仕事?仕事の流れや必要なスキルも紹介しますこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザイナーになりたい人 ・Webデザインの仕事内容を知りたい人 ...

Webデザイナーのインターンをした方が良いの?

先生
先生
先生としては、経験できるのであれば、Webデザイナーはインターンを経験した方がいいと思っているんだ。

デザインの実務を通してインプットとアウトプットをすることで、独学で学ぶよりも実践的で質も高いからです。

そして、Webデザインの仕事の感じをつかんで学べることが多いので、インターンが終わった後に転職する時、自分がどんな会社にいきたいのかを具体的にイメージしやすくなります。

Web系のインターンをおすすめする3つの理由

Web系のスキルを磨きたかったり、Webの知識を身につけたい方には、Web系のインターンに申し込むことをおすすめします。

先生
先生
Web系のインターンをおすすめする理由は次の3つだよ。

・文系理系を問わずに活躍できる

・Webの市場が伸びていて仕事に困らない

・若い人が多く活躍している

文系理系を問わずに活躍できる

実際、 Webマーケティング会社で働いている人には、文系出身も理系出身もいて、若干文系が多いところもあります。

Web系の仕事では、文系的なスキルも理系的なスキルも問われます。

広告に訪れたユーザーを分析するには数学的な思考が必要ですし、仮説を立てる推察力や魅力的な文章を書くライティング力、アイデアを出す発想力といったように、Web系の仕事で働くには、幅広いスキルが必要になります。

Webの市場が伸びていて仕事に困らない

Webの市場はぐんぐんと成長していて、これからも伸びていくことが予想されています。

先生
先生
YouTubeなどの広告で、Webデザイナー募集の広告が多いのは、実は、Web業界での人材が不足しているからなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
だから、就職しやすいかもしれないし、手に職をつけたい方にはおすすめなのかもしれないニャン。

先生
先生
でも、ただ手に職をつけたいというだけで、Webの仕事を選ぶのは、ちょっと難しいかもしれないんだ。

なぜかというと、 Webの仕事は苦労が多いからです。

専門的な仕事なので、覚えることもたくさんあって、HTMLやCSSのスキルをものにして、お金にするまでになるには、やっぱり努力が必要です。

そんな環境でしっかり働きたいという人こそがWeb業界で働くのに向いていると言えます。

そういった人にとっては、毎日新しい仕事があるWebの仕事は本当に楽しいものになるでしょう。

若い人が多く活躍している

会社にもよるかもしれませんが、Web系の会社では、若い人が活躍していることが多いようです。

先生
先生
年齢が若くても、実力次第で活躍できる業界だと思うよ。

インターンで学べるWebデザインの仕事

Webデザインの制作現場で、インターンは、主にWebサイトの構成のデザイン業務を行うことが多いです。

最近では、サイト内の画像を作ったり、デザインを含むプログラミングの仕事なども行っています

近頃では、インターネットでの一般向けのサービスも増えて来ているので、ソフトウェアやWebサイトが使いやすくなるようにすることが重視されています。

Webデザインの仕事に資格は必要ではありませんが、

・HTMLやCSS、JavaScript

・IllustratorやPhotoshopなどのソフトウェア

などの知識も必要です。

Webデザインに動きをつけるJavaScriptの基礎と学習サイトこの授業は次のような方にぜひ受講してほしいです。 ・Webサイトに動きをつけるJavaScriptについて知りたい方 ・...

Webデザインの具体的な仕事内容は、

・Webサイトのレイアウト

・Webサイトの配色やロゴやアイコンなどの配置

・レイアウトに沿ってHTMLやCSSを使ってのコーディング

という流れで行います。

先生
先生
デザインは、微調整が必要なので、根気がいるよ。
【わかりやすく徹底解説】Webデザイン制作|基本のレイアウトとは?この記事は、次のような人に向けて書きました。 ・センスのが良くて使いやすいWebサイトを作りたい ・それにはどこから手を...
Webデザインの印象を左右!カラーの基本知識と便利な配色ツールとはこの記事は次のような方のために書きました。 ・Webデザインを制作したいだけれど、配色で迷ってしまうので知識を知りたい ...
Webデザイナーはコーディングの知識があった方が有利な理由についてこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・そもそもコーディングとはなんなのかを知りたい ・Webデザイナーにコーデ...

Webデザインインターンの9つのメリット

先生
先生
Webデザインのインターンの経験には次の9つのメリットがあるよ。

・将来どんなデザイン会社に行くか検討しやすい

・Webデザイナーになるモチベーションを保ちやすい

・ギャップからテクニックを得られる

・デザインの情報やテクニックを教われる

・デザインツール以外のツールも学べる

・他のインターンがいたら刺激をもらえる

・お金と経験の両方が得られる

・インターンでの経験で転職活動が有利になる

・インターンしている会社に就職できることも

将来どんなデザイン会社に行くか検討しやすい

Webデザインのインターンで現場に入ると、職場の雰囲気を実際に感じることができるので、どんな会社を選ぶかの判断の参考になり、将来入社した後のギャップを減らすことができる可能性があります。

Webデザイナーになるモチベーションを保ちやすい

実際にインターンで働くことで、これまで独学で学んでいたことを実践することができるので楽しいです。

デザイニャー
デザイニャー
一人前のデザイナーに近づいて来ている感じがして楽しいんだろうニャン。

ギャップからテクニックを得られる

Webデザインといえば、バナーやランディングページ、Webサイトやポスターなどを華やかに作れるという感じがするかもしれませんが、実際にインターンは次のような作業を行うことが多いです。

・必要な写真のレタッチ

・イラストして使う素材の制作(似た形や同じようなものを何個も作る)

地道な作業ではありますが、それを通して得るデザインツールのテクニックはその後、どこに行っても応用できる大事な経験です。

デザインの情報やテクニックを教われる

インターンでWebデザインの現場に入ると、実践的な仕事に取り組むことができて、先輩等からデザイン業務やテクニックなど、いろいろなことを教わることができます。

専門的な仕事であるWebデザインは、普通なかなか教わる環境ではないのですが、インターンで現場で仕事をすることで、仕事のノウハウをプロのデザイナーから教わることができます。

Webデザインは、独学で学ぶのは限りがありますが、プロの仕事を直接見ながら経験を積むことで、大きく成長できます。

デザインツール以外のツールも学べる

インターンで現場に入ると、デザインのことだけでなく、全ての業務の一つ一つの流れを学ぶことができます。

連絡用ツールとしてSlackを使う会社も多く、Slackの運用方法も学ぶことができたりします。

先生
先生
でも、全ての会社が1から教えてくれるとは限らないから、状況に応じて自分から質問したりするなどが必要だよ。

他のインターンがいたら刺激をもらえる

自分の他にもインターンがいたら、そのインターンが作る制作物や取り組んでいる様子から学べることが多いです。

それによって、モチベーションが上がって、あなたのインプットとアウトプットの質も高まります。

お金と経験の両方が得られる

先生
先生
長期インターンになると、企業によっても違うかもしれませんが、給料をいただける場合もあるんだ。

インターンは学ぶことが主なこともあって、給料はわずかなものであることがほとんどですが、クリエイティブな職種であるWebデザイナーは、実力によっては高い給料をもらうことができることもあります。

転職活動が有利になる

Webデザインの仕事は、全くの未経験からのスタートのよりも、経験が少しでも経験がある方が、優先されることが多いです。

少しの間でもインターンの経験があることで、やる気があると思われ、チャンスを広げることもできます。

インターンしている会社にそのまま就職できることも

先生
先生
場合によってだけれど、インターンの期間が終わる頃に、その会社に就職しないかと声をかけられる可能性もあるんだ。

インターンでその会社の仕事を経験をしているので、全然知らない会社よりも安心です。

Webデザインインターンのデメリット

先生
先生
デザインインターンのデメリットには次のようなものがあるよ。

・先輩が何でも教えてくれるとは限らない

・福利厚生が完備されていないかもしれない

・私生活に影響が出ることもあるかもしれない

先輩が何でも教えてくれるとは限らない

先ほど、インターンのメリットで、先輩デザイナーから仕事を教えてもらえるかもしれないと述べましたが、デザイナーを育成をする制度が整っていない会社の場合は、なんでも教えてくれるとは限らないというケースもあります。

その場合は、今の自分に何ができていて、何を覚えられるのかを常に考えながら取り組むようにするしかありません。

または、教えてくれない場合は自分から聞いてみるか、ネット検索やYouTubeをみて解決するのもいいでしょう。

先生
先生
それでも解決しないようであれば、働く期間を決めて、覚えられることだけを吸収して辞めるのも一つの選択肢だよ。無理のない範囲内で取り組もう。

福利厚生が完備されていないかもしれない

インターンとして働く際に気をつけてほしいのが、会社によっては、契約内容に反した業務時間の強制や、コンプライアンスを無視される場合もあるということです。

先生
先生
そんな場合には、無理のない範囲内で続けていくようにしよう。

私生活に支障が出ることもあるかもしれない

中には、ダブルワークのような感じでインターンに取り組む必要があるため、私生活に支障が出る人もいます。

デザイナーに限らず仕事は体が資本です。生活のバランスを考えて無理のない範囲で取り組みましょう。

インターンに応募する前にした方がいい3つのこと

先生
先生
インターンに応募する前にしておいた方がいいのは次の3つだよ。

・ブログをやってみる

・プログラミングを学ぶ

・企業の情報を調べておく

ブログをやってみる

ブログをやってみることで、SEOの知識が身につき、会社で評価されることもあります。

プログラミングを学ぶ

luis gomesによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/546819/

 

プログラミングを1年でも学んでおくと、その後役立つこともあります。

先生
先生
プログラミングを学ぶのには例えば次のような手段があるよ。

・Progate

・ドットインストール

・良いサイトを模写する

Webデザインとプログラミング|これから目指すならどちらにすべき?この授業は次のような方へおすすめです。 ・Webデザインとプログラミングの仕事内容の違いについて知りたい ・Webデザイ...

企業の情報を調べておく

先生
先生
インターンの面接に行く前にその企業の情報を調べておくと良いよ。

特にSNSをチェックしていると、面接の時に話が弾みます。

インターンの面接のための2つの準備

先生
先生
インターンの面接をする前には次の2つの準備をしておこう。

・まずはポートフォリオを

・履歴書と職務経歴書

まずはポートフォリオを

先生
先生
ポートフォリオはどこの会社の面接でも必要だよ。

Webデザインの面接の際でも紙のポートフォリオがあったらなお良いです。

デザイニャー
デザイニャー
他の方よりもやる気をアピールするというメリットにもなるかもしれません。
【採用される】Webデザインのポートフォリオを作る3つの流れとコツこの授業は次のような方におすすめです。 ・未経験でWebデザインの仕事がしたくて就職や転職をする方 ・ポートフォリオを作...

履歴書と職務経歴書

履歴書や職務経歴書は必要なのが一般的です。

先生
先生
でも、稀になくても良いところもあるらしいんだ。

職務経歴書の自己PR欄に、現在通っているスクールの経歴や現在の状況を書くようにすると良いでしょう。

志望動機を書く際の3つのポイント

先生
先生
Webデザインの仕事で志望動機を書く際に大切なポイントは次の3つだよ。

・なぜこの会社がいいのかを明確にする

・活かせるスキルを書く

・ヤル気

なぜこの会社がいいのかを明確にする

面接を受ける際には、まず企業の特徴を調べておくようにしましょう。

また、面接を受ける企業がどんな商品を提供しているのかを理解しておきましょう。

Webデザインは、会社の売上に関係する大切な要素なので、自分ならこの商品をどのようにアピールするかという観点から志望動機を作成するようにしましょう。

活かせるスキルを書く

 Webデザインの仕事で働くために自分が持っている活かせるスキルがあるようなら書いておくようにしましょう。

もし、実績がないようであれば、デザインスキルコミュニケーションスキルをアピールするのがおすすめです。

ヤル気

Webデザインの仕事は、中途採用の場合は、ほとんどが経験者を採用しますが、新卒の場合は、未経験でも採用されることも多くあります。

多くの企業は、新卒に対しては、将来性を重視するので、将来的に会社でWebデザイナーとして活躍してくれる資質とやる気があれば、採用される可能性も高いです。

先生
先生
ただし、未経験からWebデザイナーとして一人前になるためには、人一倍の努力が必要だよ。

Webデザインの仕事に必要な知識やスキルを学んでいくというヤル気をアピールすることが大切です。

そのためにも、これからは何を学べば良いのかを理解した上で、Webデザインを学んでいるというヤル気をアピールするようにしましょう。

Webデザインのインターンの探し方

先生
先生
Webデザインのインターンの探し方は次の3つだよ。

・知人や学校からの紹介

・Twitterの募集

・インターン募集サイト

知人や学校からの紹介

Webデザインのインターンを探すには知人や学校から紹介してもらうという方法があります。

大学のキャリアセンターなどでもインターンを紹介してもらえます。

インターンを希望する企業がある場合は、先輩などの人脈を頼ってコネを作ってもらえます。

最近では、OB訪問ができるマッチングサイトやアプリを利用して、簡単にOB訪問ができるようになっています。

先生
先生
こういったものに登録することで、色々な人に出会えるし、インターン先も探せるのでおすすめだよ。

Twitterの募集

Brett Jordanによる写真: https://www.pexels.com/ja-jp/photo/iphone-ios-5417837/

 

Twitterでもインターン先を探すことができます。

しっかりと運営されているアカウントを見つけたら、ダイレクトメールを使って応募してみるのも良いでしょう。

インターン募集サイト

先生
先生
インターン募集サイトを利用して、インターン先を探すという方法もあるよ。

こういったサイトには、仕事内容が詳しく書かれていますし、募集していることが明確にわかるから、応募しやすいでしょう。

先生
先生
インターン募集サイトには、例えば次の3つがあるよ。

これからインターンを希望する方へおすすめの記事

先生

先生
先生
実際に1年間インターンを経験した方の体験談が書かれている記事を見つけたので、ご紹介しておくね。

まとめ

先生
先生
この授業では次の34個のことについてお話ししてきたよ。

・Webデザインとはこんな仕事

・Webデザイナーのインターンをした方が良いの?

・Web系のインターンをおすすめする3つの理由

・文系理系を問わずに活躍できる

・Webの市場が伸びていて仕事に困らない

・若い人が多く活躍している

・インターンで学べるWebデザインの仕事

・Webデザインインターンの9つのメリット

・将来どんなデザイン会社に行くか検討しやすい

・Webデザイナーになるモチベーションを保ちやすい

・ギャップからテクニックを得られる

・デザインの情報やテクニックを教われる

・デザインツール以外のツールも学べる

・他のインターンがいたら刺激をもらえる

・お金と経験の両方が得られる

・インターンでの経験で転職活動が有利になる

・インターンしている会社に就職できることも

・Webデザインインターンのデメリット

・先輩が何でも教えてくれるとは限らない

・福利厚生が完備されていないかもしれない

・私生活に影響が出ることもあるかもしれない

・インターンに応募する前にした方がいい3つのこと

・ブログをやってみる

・プログラミングを学ぶ

・企業の情報を調べておく

・インターンの面接のための3つの準備

・まずはポートフォリオを

・履歴書と職務経歴書

・ヤル気

・Webデザインのインターンの探し方

・知人や学校からの紹介

・Twitterの募集

・インターン募集サイト

・WEB知識ゼロの大学生が1年間のインターンで学んだこと

この授業で学んだことを参考にした上で、実際にWebデザインのインターンに挑戦していただけると嬉しいです。

私たちは頑張るあなたを応援しています!