Webデザイン

Webデザインにマーケティング力が必要な理由|売れるサイトを目指す

この授業は次のような方に受けていただきたいです。

・売り上げが伸びるWebサイトにしたい

・マーケティングが必要な理由を知りたい

・マーケティングの考え方を知りたい

・マーケティングの勉強法を知りたい

この授業を受けていただくと、これらのことが理解でき、あなたが作るWebサイトの売り上げが上昇するでしょう。

どうぞ最後までご覧になってください。

Webデザインとは

デザイニャー
デザイニャー
Webデザインとは、Webサイトのデザインをする仕事だよニャン。

先生
先生
HTMLやCSSなどのコーディングまで行うこともあるよ。

Webデザイナーは、基本的に、クライアントからの要望に沿って、Webサイトの見栄えを整えていきます。

Webデザイナーは、ホームページデザイナーWebクリエイターと呼ばれることもあり、Webマーケティングをするときに必要な存在です。

Webデザインってどんな仕事?仕事の流れや必要なスキルも紹介しますこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザイナーになりたい人 ・Webデザインの仕事内容を知りたい人 ...

Webデザイナーが目指すと良い目標

先生
先生
Webデザイナーとして働くためには、自分が作ったデザインで事業の成果に貢献することが一番の目標だよ。

綺麗で見栄えがいいだけでなく、企業や商品、サービスのブランディングに貢献したり、Webサイトを通して今バーション数を増やすなど、Webデザイナーには求められることが多いです。

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーは責任重大なんだニャン!

では、先ほど言った、事業の成果に貢献するというWebデザイナーの目標のために必要なことは、なんだと思いますか?

先生
先生
そのために必要なもののうちの一つが「マーケティング」なんだ。

マーケティングとは

先生
先生
マーケティングというのは、売れる商品と売れる仕組みを作ることなんだ。

商材や業態によっても違ってきますが、市場調査やユーザーインタビューなどをもとにして新商品の企画をしたり、商品を知ってもらって購入してもらうためにTVCMやWeb広告を活用したりするというもののことです。

Webマーケティングに絞ると次のようなものがあります。

・サイトコンテンツ企画

・ランディングページ企画

・Web広告(リスティング、ディスプレイ、SNS)の運用や管理

・SEO(検索エンジン最適化)

・自社SNSアカウント運用

・LPO(ランディングページ最適化)

先生
先生
これらはマーケティングの一例で、Webデザイナーも全てのマーケティングに関わるわけではないので、全部完璧に理解しなくても大丈夫だよ。

Webデザイナーに必要なのは、マーケティング思考を持つことです。

マーケティング思考って何

マーケティング活動で成果を出すための共通する考え方のことをマーケティング思考と言います。

先生
先生
例えば次のようなポイントを抑えて施策を考えるんだ。

・顧客理解(顧客の顔が浮かぶくらいパーソナル情報から仕事上の目標や課題までを理解する

・事業理解(事業全体で成果を出すために昇竜や他の他の部署の業務までも把握する)

・顧客フェーズ理解(商品を知ってもらってから購入・リピートするまでの顧客の思考・感情・行動の流れを理解する)

自分の会社の商品の顧客を理解して、事業全体で成果を出すために商流を把握して、顧客が購入に至るまでの過程をはっきりとイメージした上で、具体的な施策にそれを落とし込むことをマーケティングと言います。

Webデザイナーも、自社サイトの閲覧者に多い年齢層などは理解しているとは思いますがそれだけではなく、先ほど述べたような、顧客理解・事業理解・顧客フェーズ理解を明確にすることで、マーケティング思考に基づいて意見を言ったり、デザインに落とし込むことができるようになります。

Webデザイナーにはマーケティング力も必要

Webサイトにユーザーを集めて売上を伸ばすためには、Webデザイナーにもマーケティングの知識は必要です。

ユーザーが魅力を感じるWebサイトにするためには、ユーザー目線で設計することが大切です。

デザインの見栄えにユーザーが満足するかどうかはまた別の問題です。

このWebサイトに訪れるユーザーに刺さるのはどんなインターフェイスで、どんな体験ができることを期待しているのかということを考えながらUI/UXを構築していくために必要なのが、Webマーケティングの知識です。

WebデザイナーもWebマーケターも、お互い知識を重ね合わせることができたら、よりユーザーに届きやすいものになって、売り上げが向上したり、ブランドの認知度が高くなります。

WebデザイナーもWebマーケターも、どちらもお互いにの知識を覚えておいても損にはならず大きな強みになります。

Webデザイナーがマーケティング力をつける3つのメリット

先生
先生
Webデザイナーがマーケティング力を身につけると、次の3つのようなメリットを得られます。

・サイト運営で成果を出せるようになる

・マーケターと話し合いながら仕事を進められる

・Webデザイナーとしての仕事の幅が拡げられる

サイト運営で成果を出せるようになる

Webデザイナーがマーケティング力をつけると、サイト運営で成果を出しやすくなります。

マーケティング思考が身につくと、ユーザーの商品理解購買意欲の向上に繋げることができるようになります。

そして、顧客視点でサイト改善を行うことで、成果を出すことができるようになります

マーケターと話し合いながら仕事を進められる

マーケティング力を身につけたことによる2つ目のメリットとしては、マーケターと話し合いながら仕事を進められることです。

会社によっては、Webデザイナーとマーケターが一緒になって仕事を進めることもあります。

そのときに、ただマーケターから言われた通りにデザインするだけではなく、Webデザイナーもマーケティングの能力を持って、お互いに話し合いながらユーザーファーストのデザインを作ることで、成果が上がりやすくなり、モチベーションも保ちやすくなります

Webデザイナーとしての仕事の幅が拡げられる

先生
先生
Webデザイナーがマーケティング力を身につける3つ目のメリットは、市場価値が高まるということなんだ。

最近は、UI/UXデザインというものが浸透してきて、ユーザーファーストなデザインができるWebデザイナーが現れてきています。

クライアント側から見ても、綺麗なデザインが作れるWebデザイナーよりも、ユーザー目線のデザインを作れるデザイナーの方が、売上に繋がりやすいです。

もし転職をしようとする場合にも、マーケティング力を持っているWebデザイナーの方が、希望の企業に評価してもらい、採用される可能性も高くなります

Webマーケティング力の3つの対策

先生
先生
Webマーケティング力には主に次の3つの施策があるよ。

・集客対策

・接客対策

・リピーター獲得対策

集客対策

集客対策というのは、Webサイトへ訪れるユーザーの数を向上させるための対策です。

先生
先生
集客対策には次の4つが挙げられるよ。

・SEO

・リスティング広告

・アフィリエイト

・SNS

SEO

SEO(検索エンジン最適化)を使うことで、リスティング広告から発生する宣伝費を抑えながらたくさんのユーザーからの集客することが見込めるため、ほとんど予算をかけないで施策を行うことができます

リスティング広告

リスティティング広告とは、GoogleやYahoo! JAPANなどで検索した際に、検索したキーワードに沿った形で現れる広告のことを指します。

種類は、検索連動型広告コンテンツ連動型広告の2つに分けられます。

デザイニャー
デザイニャー
GoogleやYahoo! JAPANで検索したときに一番出てくる広告のことをリスティング広告というんだニャン。

アフィリエイト

先生
先生
アフィリエイトとは、成功報酬型広告のことを指すんだ。

企業の商品やサービスを紹介し、ユーザーが申し込み申請をしたり購入したりすることで報酬が発生する仕組みの広告です。

アフィリエイトとGoogleアドセンスの違いは、アフィリエイトの場合はアクション報酬とクリック報酬の2種類に分けられることに対して、Googleアドセンスの場合は、クリック報酬だけになるところです。

SNS

SNS(ソーシャルネットワークサービス)は、FacebookやTwitter、Instagramなどでアカウントを作成して、たくさんのユーザーと接して情報を提供することで、見てほしいWebサイトへのアクセスを促すというやり方です。

接客対策

接客対策とは、Webサイトに訪れたユーザーに、わかりやすく商品やサービスの特徴を知ってもらって、快適にWebサイトを利用してもらって成果に繋げていくものです。

接客対策には、ランディングページがよく使われています。

ランディングページとは、リスティング広告や検索結果、SNSといったユーザーが直接アクションや問い合わせをしてもらうことに結びつけるために特化したページのことを言います。

Webデザインの一つであるランディングページ(LP)とは?詳細解説この授業は次のような方におすすめです。 ・ランディングページ(LP)とは何かについて詳しく知りたい ・ランディングページ...

リピーター獲得対策

リピーター獲得対策とは、メールマガジンを使って、Webサイトにまたきてもらうことを狙った対策です。

Webサイトは作った後の改善が大事

Webサイトは、作ってしまったらそれきりではなく、ユーザーの行動や満足度によって常に改善していく必要があります。

そのために、

・ABテスト

・ヒートマップの実装

・サイト分析

上にあげた3つの知識を活かすことで、どのくらいユーザーがWebサイトに滞在しているか、ユーザーが素早く知りたい情報を取りに行くことができているかなどがわかります。

もし、狙ったようにユーザーが行動で来ていなかったりだとか、アクセス数が少ない場合には、何が足りていないのかを分析して、それをデザインに反映していって、改善を重ねることが大事です。

Webデザインに役立つマーケティングの考え方

先生
先生
ここではWebデザインに役立つマーケティングの考え方についてお話ししていくね。

デザイニャー
デザイニャー
ここを押さえて成果が出せるデザイナーを目指そう。

先生
先生
それには次の4つが挙げられるよ。

・ユーザーの利益を考える

・ポジショニング分析をする

・ターゲティングする

・ペルソナを想定する

ユーザーの利益を考える

ユーザーが商品やサービスを購入するときに、欲しいのは商品そのものではなくて、その商品によって得ることができる課題の解決です。

わかりやすく例を挙げると、例えば料理をするときに使うナイフを購入するときの目的は、食材などを切ることであって、包丁そのものではありません。

ユーザーは商品そのものを求めているのではなく、商品が与えてくれる利益を求めて購入しています。

先生
先生
これをWebサイトに置き換えると、キーワードを検索して訪問するユーザーは、情報を得ることが目的なのであって、デザインを見ることが目的ではないよね。

デザイニャー
デザイニャー
デザインの美しさを優先して、ユーザーが求める情報が埋もれてしまっているようなら、意味がないよニャン。

ユーザーが本当に求めている利益を第一に考えることはマーケティングの基本です。

ポジショニング分析をする

マーケティングにとってのポジショニングというのは、市場における商品の位置づけのことで、クライアントの商品やサービスのポジショニングを分析して、競合他社との差別化のポイントを知ることができます。

商品やサービスが持つ魅力や強みを伝えることがデザインの役割です。

クライアントの商品やサービスの強みはどういったものなのか、どの部分で競合他社と差別化しているのかを知ることは、本来、デザインワークに必要なことです。

ポジショニングの分析には、ポジショニングマップというものを使います。

発注したときに、クライアントから商品やサービスの強みや差別化のポイントが提示されているのであればいいのですが、クライアント自身が商品の魅力を理解していない場合もあります。

そんなときに、ポジショニングマップを使って打ち出すべきポイントをWebデザイナーから提案できれば、クライアントから高く評価されることでしょう。

先生
先生
ポジショニングマップについて詳しく書かれている記事を見つけたから、リンクしておくね。

ターゲティングする

Webマーケティングで成果を出すためには、ターゲティングが欠かせません。

大衆うけを狙って当たり障りのないデザインになってしまうと、誰の心にも刺さりません。

そうならないためにもターゲットを明確にして、狙ったユーザーの心に刺さるデザインをした方が、成果にも繋がりやすいです。

ターゲティングする相手が変われば、デザイン表現も変更する必要があります。

女子中高生に響くデザインと中年の男性に響くデザインでは全く違ってきます。

デザイニャー
デザイニャー
だからターゲットを明確にして、その趣味や価値観などを考慮したデザインをすることで高い成果をあげることができるんだニャン。

ペルソナを想定する

マスマーケティングが中心だった時代は、大雑把な括りのターゲティングでもそれなりに成果をあげていましたが、趣味嗜好が色々ある現在では、ターゲティングをより詳細に設定することを求められることが増えています。

先生
先生
それに役立つ手法のうちの一つがペルソナマーケティングだよ。

ペルソナマーケティングとは、架空のユーザーを立てて、たった1人のユーザーを満足させるために、粗油品やサービスを設計したり改良したりするマーケティングのことを指します。

設定した1人の架空のユーザーの背後には、同じような価値観を持ったユーザーが多く存在します。

なので、1人の架空のユーザーを満足させることで、その背後にいる多くのユーザーを満足させることができるというのが狙いです。

ペルソナマーケティングでは、例えば

・27歳未婚女性

・埼玉県蓮田市在住

・年収300万円

・銀行勤務

・趣味はエアロビクスと料理

といったように、ターゲットを具体的に設定します。

デザインをしていると、色々と要素を付け足してしまいがちになりますが、このようにペルソナを設定しておくことで、このペルソナだったらどんなふうに感じるか、どんなふうにして使うのかを基準にできるので、余計な要素が増えにくいですし、ブレがなく明確なデザインをしやすくなります。

Webマーケティングに必要な3つのスキル

先生
先生
Webマーケティングに必要なスキルは次の3つが挙げられるよ。

・Webサイトの構築力

・ライティング、Webデザイン、コーディングなどの知識

・データ収集や分析力

Webサイトの構築力

Webサイトの構築についての知識は、Webサイトを解析したり改善したりするために不可欠です。

Webデザイン、コーディング、ライティングなどの知識

Webサイトを作るためには、HTML、CSS、JavaScript、PHPといったプログラミング言語についての知識とそれに加えてライティングの知識を身につけておきましょう。

Webデザインに動きをつけるJavaScriptの基礎と学習サイトこの授業は次のような方にぜひ受講してほしいです。 ・Webサイトに動きをつけるJavaScriptについて知りたい方 ・...

データ収集や分析力

Googleアナリティクスなどのアクセス解析のツールの使い方を覚えておきましょう。

そしてそれに加えてSEO対策も覚えておくと、より良いWebサイトを制作できます。

Webマーケティングの勉強法

Webマーケティングを学ぶには、本などで勉強して基本的な知識を得ながら実践を重ねながらアウトプットしていく方法がおすすめです。

自分で簡単なWebサイト作るとか、SNSをうまく活用しながら運用するとか、できることはたくさんあります。

SNSは基本的には無料でできますし、Webサイトもサーバー代が月々数千円かかるくらいなので、安い予算で色々なマーケティングを試してみることができます。

まずはターゲットを決めて、ユーザーが集まるにはどんなコンテンツにすれば良いのか、ユーザーが使いやすくするにはどんなデザインにすれば良いのか、といったように、ユーザーの目線に立って考えて、改善しながらどんどんサイクルを回していきましょう。

先生
先生
とにかく実際にやってみることで身についていくから、基本的なことが書かれている本を参考にしながら、実践していこう。

どうやってマーケティングを学ぶか

先生
先生
マーケティングの勉強方法は次の3つが挙げられるよ。

・独学する

・スクールなどで学ぶ

・転職する

独学する

まず、マーケティングについて手っ取り早く学びたいという方は、マーケティングに関するブログや本を読んでみましょう。

マーケティングの専門的な内容から初心者や他業種の方向けに書かれたものまで、いろんな内容のブログや本があります。

スクールなどで学ぶ

最近は、Webマーケティングを学べるスクールがたくさんできてきています。

コロナ禍に入った今では、オンライン上でもマーケティングに関するセミナーが行われたりしています。

費用がかからないことも多くて、気軽に参加できますので、少しでも隙間時間にマーケティング思考を鍛えたい方におすすめです。

先生
先生
Webマーケティングも学べるスクールは次のものがおすすめだよ。

Tech academy

無料メンター相談の新規申し込み完了

 

転職する

 

Webデザイナーにも、事業会社のインハウスWebデザイナーと、Web制作会社のWebデザイナーがいます。

事業会社のインハウスWebデザイナーは、デザイン以外の幅広い仕事をすることができるという魅力がありますし、Web制作会社では、クライアントに貢献するためにマーケティングを活かしたWebデザインはユーザー視点でデザイン制作するということが自然に身に付くという魅力があります。

また、良いデザインとは何かということは、意見が分かれることもありますが、見栄えの良いデザインよりも、ユーザーに適したデザインの方が評価される時代になってきました。

ユーザーを第一に考えたデザインが、見栄えが悪いという理由で修正が求められることが多いようだったら、転職するなど環境を変えた方が良いかもしれません。

Webデザイナーを兼ねたWebマーケターの求人

先生
先生
Webデザイナーを兼ねたWebマーケターの求人を見つけたからリンクしておくね。

まとめ

先生
先生
この授業では次の34個のことについてお話しして来たよ。

・Webデザインとは

・Webデザイナーが目指すと良い目標

・マーケティングとは

・マーケティング思考って何

・Webデザイナーにはマーケティング力も必要

・Webデザイナーがマーケティング力をつける3つのメリット

・サイト運営で成果を出せるようになる

・マーケターと話し合いながら仕事を進められる

・Webデザイナーとしての仕事の幅が拡げられる

・Webマーケティング力の3つの対策

・集客対策

・SEO

・リスティング広告

・アフィリエイト

・SNS

・接客対策

・リピーター獲得対策

・Webサイトは作った後の改善が大事

・Webデザインに役立つマーケティングの考え方

・ユーザーの利益を考える

・ポジショニング分析をする

・ターゲティングする

・ペルソナを想定する

・Webマーケティングに必要な3つのスキル

・Webサイトの構築力

・ライティング、Webデザイン、コーディングなどの知識

・データ収集や分析力

・Webマーケティングの勉強法

・どうやってマーケティング学ぶか

・独学する

・スクールなどで学ぶ

・転職する

・Tech academy

・Webデザイナーを兼ねたWebマーケターの求人

Webサイトを運用していくには、Webデザイナーもマーケティングの知識があった方がいいことがわかりましたね。

そして、デザイナーもマーケターもお互いの知識を知っておくことで、さらに力強くなるということもお話ししました。

この授業でお話ししたことを元に、さらに売り上げが伸びるWebサイトを作れるようになると、嬉しいです。

私たちは頑張るあなたを応援しています。