Webデザイン

【あなたに向いている会社を選ぼう】Webデザインの制作会社の特徴

この記事は次のような方のために書いています。

・Webデザイナーとして働きたいのだけれど、どのタイプの会社に入ったらいいのかわからない

・Webデザインの会社にも色々あるけれど、どんな特徴があるのか知りたい

この記事を最後まで読んでいただけたら、Webデザイナーが働くにはどんな会社があるのか、それぞれの特徴がわかりますし、あなたがどんなタイプの会社に入るのが向いているのかまでチェックできます。

どうぞ最後までご覧になってください。

目次
  1. Webデザイナーの仕事内容
  2. Webデザイナーの働き方の3つの選択肢
  3. Web・広告制作会社で働くメリットとデメリット
  4. 事業会社で働くメリットとデメリット
  5. フリーランスとして働くメリットとデメリット
  6. 【おすすめ記事】Webサイト制作会社の一日を公開してみた
  7. あなたはWeb・広告制作会社と事業会社のどちらに向いている?
  8. 転職するときに考えられる雇用形態
  9. Webデザイナーの就職や転職活動は今後のキャリアプラン次第に
  10. Webデザインの求人
  11. Webデザインの年収
  12. まとめ

Webデザイナーの仕事内容

先生
先生
Webデザイナーは、別名で「Webクリエイター」や、「ホームページデザイナー」とも呼ばれているんだ。

Webデザイナーの仕事内容は主に、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを制作するというものです。

先生
先生
なので、クライアントが思い描いているようなWebサイトを制作することが仕事なんだ。

全体の構成を考えながら、使いやすくて魅力が伝わるようなWebサイトになるようにデザインします。

Webデザインってどんな仕事?仕事の流れや必要なスキルも紹介しますこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザイナーになりたい人 ・Webデザインの仕事内容を知りたい人 ...

Webデザイナーの働き方の3つの選択肢

Webデザイナーは、自分が持っているスキル次第で色々な働き方を選択できます。

先生
先生
Webデザイナーの主な働き方は次の3つだよ。

①Web・広告制作会社で働く

②事業会社(自分の会社のサイトを制作している会社)で働く

③フリーランスとして働く

Web・広告制作会社で働くメリットとデメリット

先生
先生
Webデザイナーが、Web・広告制作会社で働く場合は、色々な企業のサイトの制作に携わることができるんだ。

Webサイトの制作でいろいろな経験を積みながら、安定した収入を得ることができます。

Web・広告制作会社で働く4つのメリット

先生
先生
Web広告制作会社で働くメリットは、次の4つだよ。

・Webサイト制作の専門的なスキルが身に付く

・デザイン制作に専念できる

・いろんな会社のWebサイトのデザインに携われる

・Webデザインの流れが見える

Webサイト制作の専門的なスキルが身に付く

色々な企業のWebサイトを作るので、Webに関する専門的な知識を得ることができます。

パソコンやデザインソフトなどの最新のWebツールが整っていますし、会社内には最新のWeb技術を持っている社員も多いです。

先生
先生
技術を磨いて専門性を身につけたいなど、なりたいなどの目標が明確なWebデザイナーにはいい環境だよ。

なので、Webデザインのスキルアップを考えてている方には、このWeb・広告制作会社への転職がおすすめできます。

デザイン制作に専念できる

大きなWeb・広告制作会社になると、デザイン専門のデザイナーチームと、コーディングや開発専門のコーダーやフロントエンドエンジニアチームの2つに分かれてWebサイトを作っているところもあります。

先生
先生
デザインの仕事を専門にしてデザインスキルを磨きたいという方だったら、デザインとコーディングと分かれているWeb・広告制作会社へ転職することをおすすめするよ。

デザイン技術もコーディング技術のどちらも身につけていきたいのであれば、デザインからコーディングまで担当できるWeb・広告制作会社もたくさんあります。

デザイニャー
デザイニャー
自分がどういう働き方をしたいかで、働く会社を選ぶようにするニャン。

いろんな会社のWebサイトのデザインに携われる

先生
先生
Web・広告制作会社で働くと、さまざまな企業のサイトを手がけられることができるんだ。

自分が好きな映画のサイトを手がけられて嬉しかったり、さまざまなクライアントとコミュニケーションを取れて、自分の知見を広げられたりするから、仕事が楽しいというWebデザイナーの声もあります。

Webデザインの流れが見える

先生
先生
Web・広告制作会社で働くと、企画や立案などからデザインまで、仕事の工程の幅が広いことが多いようだよ。

サイトのコンセプトや構造までもWebデザイナーが作ることもあります。

Webサイトができるまでの全部の工程がわかってキャリアを積むことができますし、新しい技術や流行のデザインを投入しながら、Webサイトを1から完成するのが楽しいというWebデザイナーの声もあります。

Web・広告制作会社で働くデメリット

先生
先生
一方、Web・広告会社で働く上でこんなデメリットもあるんだ。

・社員の待遇面に課題があることもある

・会社内でのキャリアの選択肢が少ない場合がある

・残業が多いことも

社員の待遇面に課題があることもある

Web・制作会社は企業や個人のクライアントのサイトを作るのが仕事です。

クライアントの納期に左右されて残業が多いこともあったり、また会社によってですが、給料や待遇の改善がなかなかできない場合もあるようです。

先生
先生
でも最近では、待遇面を改善して働きやすい環境にしていている会社も増えていっているよ。

会社内でのキャリアの選択肢が少ない場合がある

Web・広告制作会社でキャリアアップを考えたとき、このままその道を進んでいって、チーフデザイナーかアートディレクター、もしくはWebディレクターになるという風に選択肢が限られてしまうこともあるかもしれません。

残業が多いことも

先生
先生
色々なWebサイトの制作に携われる反面、複数の案件を同時に担当することもあって、とにかく忙しいという声をよく聞くよ。

FacebookやTwitterなどのSNSが出てきてからは、サイト制作での価格競争が激しくなってきているようです。

そのため、与えられた予算と時間で、要求の範囲内でWebサイトを作るので、もう少し時間があったら、とか、短い納期で日々激安案件をこなしていっているが、新しいWeb技術や流行についていきたいのに、勉強をする時間がない、とぼやくWebデザイナーもいるようです。

事業会社で働くメリットとデメリット

自社サービスで仕事をしているWebデザイナーは、ウェブデザインだけでなく、サイト運営全体に関わることができるのが特徴です。

事業会社で働く3つのメリット

先生
先生
事業会社で働けるメリットは次の3つだよ。

①ディレクションのスキルが身に付く

②マーケティングの知識が身に付く

③エンドユーザーとのコミュニケーションが取れる

ディレクションのスキルが身に付く

事業会社では、デザイン業務だけでなくて、Webサイト自体の性質、方向性までがWebデザイナーに任されることもあります。

先生
先生
小さな会社のWebデザイナーだったら、ディレクターも兼任することも多いんだ。

Webディレクションや制作のリーダー業務までを幅広く手がけていきたいと思っているWebデザイナーであったら、次のようなWebサービスを提供する事業会社へ転職することがおすすめです。

・インターネットプロバイダー

・インターネットメディア関連

・ネット通販業

マーケティングの知識が身に付く

事業会社のWebデザイナーは、自分の会社のサービスを企画したり、制作、運営、効果測定といった、Webサイトに関する一通りの流れを経験することができます。

先生
先生
それぞれのWebサイトの一つ一つに深く関わることになるから、Webサイトの制作スキルだけでなくて、マーケティングの知識も身につけることができるんだ。
Webデザインにマーケティング力が必要な理由|売れるサイトを目指すこの授業は次のような方に受けていただきたいです。 ・売り上げが伸びるWebサイトにしたい ・マーケティングが必要な理由を...

エンドユーザーとのコミュニケーションが取れる

事業会社が大切にしているのは、エンドユーザーです。

Web・広告制作会社では、クライアントの好みや意見が反映するのが多いのに対して、事業会社の場合は、エンドユーザーとコミュニケーションをしながら、面白いアイディアが発生するともあります。

先生
先生
エンドユーザーの意見を取り入れることによって、数値が改善したりすると、大きなやりがいを感じると言っているWebデザイナーの声もあるんだ。

そして、リリースした後も、エンドユーザーの意見をもとに改良をしていって、より良いWebサイトを制作することができるのも、事業会社のWebデザイナーの仕事の良い点です。

デザイニャー
デザイニャー
Webサイトのサービスが成長していく様子を見守るという楽しさもあるんだニャン。

事業会社で働くデメリット

先生
先生
一方、事業会社で働くデメリットは次の通りだよ。

・デザインのパソコンやソフトが整っていないことも

・制作会社と比較するとサイトをゼロから作ることが少ない

・デザイン以外の雑用も多い

・社内に他のWebデザイナーが少ない

デザインのパソコンやソフトが整っていないことも

先生
先生
事業会社では、Webサイトを作るために必要なパソコンやソフトがあまり整っていないことが少なからずあるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
クリエイティブな仕事をたくさん手がけていきたいと思っているWebデザイナーにとっては、少し物足りないかもしれないニャン。

Webサイトをゼロから作ることが少ない

先生
先生
事業会社で働くWebデザイナーの仕事内容は、すでに立ち上がっているWebサイトの運営をすることが多く、Webサイトをゼロから作ることが少ないんだ。

デザイニャー
デザイニャー
サイトを新しく立ち上げたり、リニューアルすることでもない限りは、Webサイトをゼロから制作していくということは、比較的少なそうだニャン。

先生
先生
それでも、キャンペーンサイトを作ったり、新しいデザインを取り入れることもあって、デザインワークに挑戦できる機会もあるようだよ。

デザイン以外の雑用も多い

先生
先生
事業会社で勤めているWebデザイナーは、デザイン以外の雑用も多いんだ。

自社ICサイトの仕事だったら、Webデザイナーが発送業務を手伝うことも少なくはないです。

先生
先生
中には、丸一日発送業務を行っていることもよくあるそうだよ。

また、メインがメディア事業で副業としてECサイトの運営をしているWebデザイナーが、気がついたら、デザイン業務よりもイベントの企画運営が中心になってしまっていたと、ぼやいているということも耳にしたことがあるよ。

社内に他のWebデザイナーが少ない

先生
先生
事業会社では、ウェブ制作担当者が少なくて、車内にいるWebデザイナーは自分1人だけということもあるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
会社内にWebデザインの知識がある人がいないこともあるということだニャン。

社内に切磋琢磨できる仲間がいないので、モチベーションが保ちにくいということもあるようです。

先生
先生
ほとんどのWebデザインの仕事が社内で完結してしまうので、会社外のWebデザイナーと交流することも少なくなりがちだよ。

締切に追われることがなく、自分のペースで働けるのはいいですが、Webデザイナーは、向上心を持って動かなければならないと言えます。

フリーランスとして働くメリットとデメリット

フリーランスのWebデザイナーとして働くようになると、自分で仕事を選ぶことができます。

自分の好きなように働けるので、実力次第で自分のスタイルにあった働き方をすることができます。

フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なことこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不...

フリーランスとして働くメリット

先生
先生
フリーランスのWebデザイナーとして働くメリットは次の通りだよ。

①勤務地や時間を自由に決められる

勤務地や時間を自由に決められる

先生
先生
フリーランスで働くWebデザイナーは、自宅やカフェなど、好きな場所で仕事をして成果物を納品するケースと、企業に常駐してWebデザインの仕事をするケースがあるよ。

成果物を納品するケースの場合、インターネットに接続できていれば、基本的にどこでも仕事ができます。

デザイニャー
デザイニャー
家事や育児など、家族の面倒を見ないといけない場合には、自宅で働けるフリーランスが向いているかもしれないニャン。

フリーランスとして働くデメリット

先生
先生
一方、フリーランスとして働くデメリットは次の通りだよ。

・制作以外の仕事にも時間を取られる

・収入が実力によって左右される

制作以外の仕事にも時間を取られる

フリーランスのWebデザイナーだと、仕事を得るために、営業活動や事務や経理など全部自分でやらないといけなくなります。

デザイニャー
デザイニャー
確定申告も自分で行わないといけないんだニャン。

収入が実力によって左右される

フリーランスで仕事をするには自分で仕事を得ないといけないことはお話ししました。

仕事の管理や労働時間も全部自分で管理しないといけません。

雇用保険や労災保険もありませんし、Webデザイナーとしての知識やスキル、センスといった実力が十分になければ、仕事を続けていくことも難しいです。

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーの実力で収入が左右されるんだニャン。
フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なことこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不...

【おすすめ記事】Webサイト制作会社の一日を公開してみた

先生
先生
Web業界で働きたいと思っている方へ向けて、Webデザイナーの一日が大公開されている記事を見つけたよ。

Webデザイナーがどんな仕事をしているのか知りたい方はぜひ読んでみてください。

↓       ↓

【Webデザイナー編】サイト制作会社での一日を公開してみた~仕事内容・やりがいまで教えちゃいます~

あなたはWeb・広告制作会社と事業会社のどちらに向いている?

ここでは、Web制作会社で働くのと事業会社で働くのとどちらが向いているのかについて、お話ししていきます。

Web・広告制作会社に向いているタイプのWebデザイナー

先生
先生
次の2つに当てはまるようでしたら、Web・広告制作会社に向いていると言えるよ。

・いろんなジャンルのWebデザインをしたい

・自分がデザインしたWebサイトがコンペで勝ち抜いていくことにやりがいを感じる

また、Webデザイナーとしての経験が少なくて、実績や経験を積んでいきたいというのであれば、そうなるまで、Web・広告制作会社で働くのもいいでしょう。

ただ、Web・広告制作会社で働いていくためには、いろいろな業種のクライアントや代理店など、会社外の人たちとコミュニケーションをとっていくことが多いので、デザインのスキルとコミュニケーション能力をバランスよくとっていける能力を求められます。

また、複数の案件を同時進行でやっていくことも多いので、一つの仕事づつしか作業ができない場合は、難しいです。

事業会社に向いているタイプのWebデザイナー

先生
先生
事業会社に向いているタイプのWebデザイナーは次の通りだよ。

・PVやクリック数を分析して、エンドユーザーのニーズを知ることにやりがいを感じる

・サイトの改善をしたことで大きな利益や反響があることにやりがいを感じる

デザイニャー
デザイニャー
Webサイトを育てていく楽しさを味わえるということだニャン。

制作会社と比べて納期が厳しくないし、落ち着いて仕事をすることができますが、同じサイトに関わることが多いので、自分の会社のサービスを愛せていないと厳しいという声もあります。

また、Webデザイン以外の仕事をすることも多いので、そういったことに苦痛を感じるようでは難しいかもしれません。

転職するときに考えられる雇用形態

先生
先生
Web・広告制作会社や事業会社に転職する場合は、次のような働き方があるよ。

・正社員・契約社員

・紹介予定派遣

・派遣社員・アルバイト

正社員・契約社員

会社の正社員や契約社員として働くWebデザイナーは、その会社から直接雇用されているので、安定して働くことができますし、責任ある仕事を任されることも多いです。

紹介予定派遣

正社員や契約社員へ登用されることを前提に、最長6ヶ月までの期間、派遣社員として働ける仕組みのことを紹介予定派遣と言います。

正式な社員になる前に、会社の仕事内容や雰囲気を知ることができるので、自分に合った環境なのかを見極めることができます。

派遣社員・アルバイト

自分のライフスタイルに合った柔軟な働き方ができます。

Web経験が浅かったり未経験で合っても入りやすかったり、色々な会社で実績を積むことができます。

Webデザイナーの就職や転職活動は今後のキャリアプラン次第に

ここまでお話ししていましたが、会社によってWebデザイナーの仕事内容は、どこまでの業務を受け持つのかは、様々です。

将来のキャリアは、今どんな会社でどんなスキルを身につけていくかによって変わってくるでしょう。

自分のデザイナーとしてのスキルや経験はどのくらいあるのかという現状を把握し、そして数年から10年後の自分がどうなっていたいのかという将来のビジョンを明確にして、会社を選ぶことが大切です。

先生
先生
転職するときには、今後の自分がどうなっていたいのかというキャリアプランをよく考えながら、会社を選ぼう。

Webデザインの求人

Webデザインの社員の募集は、ほとんどの会社が実務経験を必須としています。

・Webディレクションの経験

・募集企業と同じ業界でのWebサイトの制作経験

・UI/UX設計の経験

などの経験を持っている人を歓迎する会社が多いようです。

アルバイトや派遣社員になると、ソフトウェアの基本操作が身についていたら、実務経験がなくても応募できる求人も多いので、独学やスクールでスキルを身につけてから挑戦してみるのも意でしょう。

先生
先生
在宅ワークの求人もあるので、自宅で空き時間にWebデザインの仕事をする人もいるよ。

デザイニャー
デザイニャー
小さな子供がいる主婦の方などにおすすめの働き方だね。

また、Webデザイナーの求人は、インターンの募集も多いです。

アシスタントとしてWebデザインの仕事をしながら、実際の仕事の流れを学ぶことができます。

Webデザイン職のインターンに参加するメリットとは|探し方と準備この授業は次のような方におすすめです。 ・Webデザインのインターンを受けてみたくて情報を得たい方 ・Webデザインって...

最近では、クラウドソーシングサイトを利用して、Webデザインの仕事をすることも増えてきています。

デザイニャー
デザイニャー
簡単な画像の加工からWebサイト制作まで、色々なレベルのものがあるようだニャン。

先生
先生
だから、初心者からWebデザインの経験が豊富な経験者まで、チャレンジすることをおすすめするよ。
Webデザイン初心者がクラウドソーシングで報酬をもらえる方法を解説この授業は次のような方におすすめです。 ・クラウドソーシングのことについて詳しく知りたい ・クラウドソーシングで報酬をも...

Webデザインの年収

出典:Webデザイナーの給料・年収は?|Webデザイナーになるには

Webデザイナーの年収は、会社の規模やスキルによっても変わってきますが、正社員の場合は400万円台が最も多く、300万から500万円台が全体の70%くらいを示しています。

中には800万円から1000万円台稼いでいるWebデザイナーのもいますが、全体の5%で、少数派です。

派遣社員やアルバイトの場合は、時給が1800円前後が多くみられます。

仕事の難易度によっても違いますが、時給が1000円前後や2000円以上の人もいるようです。

フリーランスの場合は、仕事の受注件数や単価によっても変動しますが、継続して仕事を獲得するためには、人脈を広げておくことも重要です。

Webデザインの年収は?今より収入アップの秘訣や必要なスキルも解説この記事は次のような方におすすめです。 ・Webデザインの仕事に転職したいので、年収がどれくらいなのか知りたい ・Web...

まとめ

先生
先生
この授業では次の46個のことについて学んできたよ。

・Webデザイナーの仕事内容

・Webデザイナーの働き方の3つの選択肢

・①Web・広告制作会社で働く

・②事業会社(自分の会社のサイトを制作している会社)で働く

・③フリーランスとして働く

・Web・広告制作会社で働くメリットとデメリット

・Web・広告制作会社で働く4つのメリット

・Webサイト制作の専門的なスキルが身に付く

・デザイン制作に専念できる

・いろんな会社のWebサイトのデザインに携われる

・Webデザインの流れが見える

・Web・広告制作会社で働くデメリット

・社員の待遇面に課題があることもある

・会社内でのキャリアの選択肢が少ない場合がある

・残業が多いことも

・②事業会社(自分の会社のサイトを制作している会社)で働く

・事業会社で働く3つのメリット

・①ディレクションのスキルが身に付く

・②マーケティングの知識が身に付く

・③エンドユーザーとのコミュニケーションが取れる

・事業会社で働くメリットとデメリット

・事業会社で働く3つのメリット

・①ディレクションのスキルが身に付く

・②マーケティングの知識が身に付く

・③エンドユーザーとのコミュニケーションが取れる

・事業会社で働くデメリット

・デザインのパソコンやソフトが整っていないことも

・制作会社と比較するとサイトをゼロから作ることが少ない

・デザイン以外の雑用も多い

・社内に他のWebデザイナーが少ない

・フリーランスとして働くメリットとデメリット

フリーランスとして働くメリット

・勤務地や時間を自由に決められる

・フリーランスとして働くデメリット

・制作以外の仕事にも時間を取られる

・収入が実力によって左右される

・【おすすめ記事】Webサイト制作会社の一日を公開してみた

・あなたはWeb・広告制作会社と事業会社のどちらに向いている?

・Web・広告制作会社に向いているタイプのWebデザイナー

・事業会社に向いているタイプのWebデザイナー

・転職するときに考えられる雇用形態

・正社員・契約社員

・紹介予定派遣

・派遣社員・アルバイト

・Webデザインの年収

・Webデザインの求人

デザイニャー
デザイニャー
この授業を受けて、デザインのそれぞれの企業のことについて学べたし、自分の希望を叶えるには、どのタイプの会社を目指したらいいのかがわかったニャン。

先生
先生
ここまで長丁場だったけれど、これからWebデザイナーを目指す人へ、少しでも役に立てたら嬉しいよ。

私たちは、頑張るあなたを応援しています。