Webデザイン

Webデザインのスキルは独学で習得できる!勉強法や便利なツールも紹介

この授業は次のような疑問を持っている方におすすめです。

・Webデザインは独学で学べるの?

・Webデザインは大学や専門学校に行かないと習得できないのでは?

結論から言えば、Webデザインを独学で学ぶことは可能です。

Webデザインを学ぶのに、大学や専門学校へ行かないと学べないのでは?と思われるかもしれませんし、事実、大学やスクールに通うにこしたことはないかもしれません。

それでも、金銭的な理由や住んでいる場所が理由で、Webデザインが学べる大学へ通えない!方もいらっしゃるかもしれません。

この授業は、そんなあなたに向けて、独学でWebデザインを学ぶ方法についてお話ししていきます。

どうぞ最後までご覧になってください。

目次
  1. あなたも独学でWebデザインを学べる
  2. 独学でWebデザインの勉強をするのに向いている人
  3. 独学でWebデザインを学ぶ方法
  4. 独学でWebデザインの勉強をするために準備する4つのもの
  5. 独学でWebデザインをするには本をベースにするのが王道
  6. 独学でWebデザインを学ぶ5つの流れ
  7. 独学でWebデザインを学ぶ6つのポイント
  8. 独学でWebデザインを学ぶ4つのメリット
  9. 独学でWebデザインを学ぶデメリット
  10. 独学でWebデザインができるようになるには「良いデザイン」をたくさん見て真似しよう
  11. どれくらい勉強すればWebデザインのスキルが身に付く?
  12. Webデザインの仕事を見つけるには
  13. 独学でWebデザインを学び始めてから独立するまでどれくらいの期間かかる?
  14. Webデザインの情報を集める方法は?
  15. 独学が不安ならスクールや職業訓練に通う手も
  16. まとめ

あなたも独学でWebデザインを学べる

先生

この記事にたどり着いた方には、独学でWebデザインを学ぶことができるのかと、不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。

結論を言うと、Webデザインは独学でも習得できます。

Webデザイナーは美大やデザインの専門学校を卒業していないとなれないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、最近では無料で学べる学習サイトやYouTubeの動画も増えてきていて、独学で学びやすくなっています。

独学でWebデザインの勉強をするのに向いている人

独学でWebデザインを学ぶメリットには、費用があまりかからず、自分の好きな時間や方法で勉強することができる点です。

先生
先生
なので独学で学ぶのに向いているのは、自分で学び方を組み立てて、自分で時間を作って学んでいくことができる人であると言えるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そして反対に独学で学ぶのに向いていない人は、自分を律することが苦手な人ということだニャン。

先生
先生
そういう人は、独学ではなく、スクールで学ぶ方が向いていると言えるね。

デザイニャー
デザイニャー
お金を払った方が、覚悟が生まれて途中で投げ出さずにづけられるからニャン。

先生
先生
でもこの授業では、スクールに通わず独学でWebデザインの勉強をしていく方法についてお話ししていくね。

独学でWebデザインを学ぶ方法

先生
先生
独学でWebデザインを学ぶ方法は次の2つだよ。

・本から学ぶ

・無料オンライン講座や学習ツールを利用する

本から学ぶ

PexelsのKarolina Grabowskaによる写真

 

先生
先生
Webデザインを独学で学ぶ方法でまず挙げられるのが、本から学ぶことなんだ。

自分に合った本を選ぶことで、身につけたいデザインスキルを段階的に学ぶことができます。

・何から手をつけて良いのかわからない場合は入門書

・より専門的なことを学びたい場合は、その分野の専門書

・気になることを効率的に探したい場合は、逆引きできる本

というように目的に応じて本を選ぶのがおすすめです。

そもそもWebデザインとは何なのかわからないのであれば、何から手をつけていいのか分かりませんし、勉強の期間や目標を設定することもできません。

本を読んで、Webサイトの仕組みについてやWebデザインとはどんな仕事なのかという基本的な知識を身につけていきましょう。

本を読むと、Webデザインの基本から応用まで幅広く学べるので、知識が全くない状態から学ぶのに向いています

先生
先生
Webデザインを学ぶために良い本は別の授業で紹介しているから、あなたに合った本をチェックしてみよう。
【厳選20冊】初心者がWebデザインをわかりやすく学べるおすすめ本この記事は次のような方に向けて書いています。 ・Webデザインを物にしたいのだけれど、何から手をつけたらいいのか迷ってしまう ...

無料オンライン講座や学習ツールを利用する

 

先生
先生
本を読んでWebデザインの知識が少し身についてきたら、インターネットを利用してみよう。

デザイニャー
デザイニャー
無料で質の高い講座を提供しているサービスもあるようだニャン。

先生
先生
独学でWebデザインのスキルを身につけたい方にとっては、活用しない手はないよ。

インターネットで学ぶには次のようなものがあります。

・Progate

・ドットインストール

・Schoo(スクー)

・Udemy

・YouTube

Webデザインを無料でも勉強できるサイト9選|試しにやってみよう!この授業は次のような方へおすすめです。 ・Webデザインに興味を持ち始めている方 ・お金をかけずに気軽にWebデザインの...

Progate

先生
先生
Progateは、プログラミングを楽しく学べるサービスだよ。

各項目で、必要な知識を簡単に学習でき、理解できたら自分の手でコードを書いてプログラミングを練習することができる、画期的なサービスです。

先生
先生
書いたコードが正しいか間違っているかの判定もしてくれるため、自分の苦手分野を把握することができるんだ。

基礎レッスンであれば無料で受講可能ですが、月額980円の有料会員登録をすると、全てのレベルの受講ができるようになります。

デザイニャー
デザイニャー
基礎レッスンだけでも活用してみるのも良いかもニャン。

ドットインストール

先生
先生
ドットインストールは、プロが実際にコーディングしている動画を見ながら解説を聞くことができるサービスだよ。

動画1本あたり3分でまとめられていて、要点を学べたり、手早く復習できる便利なサービスです。

デザイニャー
デザイニャー
ドットインストールは完全無料で利用できるみたいだし、隙間時間に動画を見て学習できるところが魅力的だニャン。

Schoo(スクー)

先生
先生
Schooは、生放送のオンラインでWebデザインを学べるんだ。

わからないことがあったら、その場で質問できたり、受講者同士でコミュニケーションも取れたりします。

Webデザインだけでなく、グラフィックデザインや自己啓発、英語などいろんな分野についての動画も公開されています。

大手企業や専門のプロフェッショナルが講師として解説してくれるので、学べる内容も充実しています。

先生
先生
生放送だけだったら無料で授業を受けることができるけれど、月額980円で、過去に放送されてきた4600本の録画動画をいくらでも見ることができるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
これだけ動画の数が多ければ、Webデザインに関する動画もたくさんありそうだニャン。

これからのWebの未来像UI/UXデザインなどといった最先端の情報に触れた授業もあるので、スキル習得や知識の幅を広げるのにも役立ちます。

Udemy

先生
先生
Udemyは、色々なジャンルのオンラインセミナーを提供している学習アプリです。

Webデザインについてや、プログラミングマーケティングなど、Webデザイナーに必要な知識を幅広く学ぶことができます。

ただ、1本の動画につき1万円以上とお高めになるのですが、時々行われるセールの時に、1本1000円ちょっとくらいになって随分お買い得になることがありますので、その時を狙って動画を購入するようにすると良いです。

YouTube

先生
先生
YouTubeでも、Webデザインについて学べる動画があるのだけれど、特におすすめなのは次の2つだよ。

・mikimiki web スクール

・ゼロイチWEBデザイン:未経験からWEBデザイナーへ

この2本はいずれも現役のWebデザイナーによって実践的なWebデザインが学ぶことができる動画です。

mikimiki web スクール」では実践的なWebデザインが学べる動画で、初心者向けの動画やフリーランスの働き方について話してくれる動画もあり充実しています。

ゼロイチWEBデザイン:未経験からWEBデザイナーへ」も、Webデザインの基礎知識やデザインソフトの使い方、そして単価の高い案件と低い案件の見分け方などといった実践的なことを話してくれます。

独学でWebデザインの勉強をするために準備する4つのもの

先生
先生
独学でWebデザインを学ぶために準備するものは次の4つだよ。

・メモリがあるパソコン

・PhotoshopとIllustrator

・フォントを準備

・無料のテキストエディタ

メモリがあるパソコン

Webデザインをするには、たくさんの画像やイラストなどの重いファイルデータを扱います。

先生
先生
Webデザインにおすすめのパソコンは次のような条件を満たすものがおすすめだよ。

・15インチ以上

・できればMac

・メモリ:16 GB

・CPU:Core i5以上

・ハードディスク:500GB以上

・モニター:20インチ以上、フルHD(1920✖️1080)

PhotoshopやIllustratorを快適に使うためには、このような性能のあるパソコンが必要です。

特にデザインやコーディング、サイト検証などを同時進行で行う場合は、メモリが足りないとパソコンの動作が重くなってしまいます

それに加えて、ディスプレイや使いやすいマウスキーボードなども用意できるとより良いです。

パソコンはWindowsの方がスペックが良いものがあり、ゲーム開発に関わりたい場合はWindowsの方が良いのかもしれません。

しかし、

・Macの見た目

・フォントが豊富

・Retinaディスプレイ(ディスプレイの発色が綺麗)

などといったところから、私個人的にはMacの方が良いと思います。

デザイン会社では基本的にMacを使っているところが多いので、将来的なことを考えたら、Macに慣れておいた方が良いかもしれません。

PhotoshopとIllustrator

出典:Dac Solution Service

 

Webデザイナーになりたいのであれば、パソコンにPhotoshopIllustratorをインストールしておきましょう。

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランを契約するとこの2つだけでなく、Adobe XDDreamweaverなどのソフトも使えるようになりますので、重宝するようになるでしょう。

ただ、コンプリートプランになると、1年契約で65,760円と少々お高いのがネックです。

これだと厳しい場合は、Photoshopだけを使えるフォトプランを契約すると、月額980円で利用することができます。

フォント

フォントの数が少ないと、デザインの幅が狭くなってしまいますので、よく使うフォントは、Google FontsAdobe Fontsを利用すると良いでしょう。

Google FontsはWebフォントで、サイトを制作するときにとても便利です。

Adobe Fontsにも最近は日本語フォントが豊富に揃えられています。

本格的にグラフィックデザインで日本語フォントを使いたいのであれば、モリサワパスポートを契約すると、年間約5万円くらいで使うことができます。

無料のテキストエディタ

Pexelsのolia danilevichによる写真

 

先生
先生
コーディングやプログラミングをするのには、テキストエディタを使うんだ。

メモ帳やテキストエディタを使っても問題はありませんが、プログラミング用のエディタを使った方が快適ですし、エラーを指摘してくれたり、プロパティごとに色を変えるなどといった便利な機能がついています。

さまざまなエディタがあって、それぞれに独自の特徴があります。

エディタの種類には、

・Atom

・Visual Studio Code

・SublimeText

・Brackets

などがあります。

独学でWebデザインをするには本をベースにするのが王道

先生
先生
Webデザインを独学で勉強するには、本をベースにするのが王道だよ。

そして、Webデザインの本を買ったら次のようなことを実践してみましょう。

・本を購入して、それに沿って学習していく

・存在するWebサイトを模写する

・オリジナルのWebサイトを作って、企画、デザイン、集客までの工程を実際に考えて作って見る

Webデザインを本で学ぶデメリットは、フィードバックを受けにくい点があるところです。

Webデザインの上達のポイントは、プロのWebデザイナーやユーザー目線を持った人からフィードバックを受けることにあります。

Webデザインの基礎がかたまったら、知り合いやクラウドソーシングなどを利用して実績を積んでいくのがおすすめです。

Webデザイン初心者がクラウドソーシングで報酬をもらえる方法を解説この授業は次のような方におすすめです。 ・クラウドソーシングのことについて詳しく知りたい ・クラウドソーシングで報酬をも...

独学でWebデザインを学ぶ5つの流れ

先生
先生
独学でWebデザインを学ぶ流れは次の5つの通りだよ。

①HTMLやCSSを学ぶ

②PhotoshopとIllustratorを学ぶ

③デザイン理論を学ぶ

④Webサイトを作ってみる

⑤ライティングやWebマーケティングを学ぶ

このような流れでWebデザインのスキルやデザイン理論を身につけてから、Web制作会社などに就職したり、フリーランスとして案件を取得してWebデザイナーにデビューできます。

【疑問を解決】未経験から独学で挫折しないWebデザイナーの勉強方法この記事は次のような疑問を持っている方のために書きました。 ・独学でWebデザインを学んでから一人前になるまでにはどれくらいか...
Webデザインの成果の鍵はライティング|スキルアップする3つの秘訣この授業は次のような方におすすめです。 ・Webデザインに何故ライティングが重要なのかが知りたい方 ・Webデザインの成...

独学でWebデザインを学ぶ6つのポイント

先生
先生
独学でWebデザインを学ぶ点で大事なポイントは次の6つだよ。

・目標を決める

・計画的に学ぶ

・周りの人にも協力してもらう

・まとまった勉強時間を確保する

・質問や交流できる仲間がいる環境を

・学んだことを実践してみる

目標を決める

先生
先生
まずWebデザインを何のために学ぶのか目標を明確に決めよう。

Webデザインを何のために学ぶのかという理想や目的、そしてそこまで到着するために目標立てておかないとモチベーションが続きません

なので、勉強を始める前に目標を立てて、Webデザイナーになってどうなりたいのかをしっかりとイメージすることが大切です。

計画的に学ぶ

独学でWebデザイナーになりたいのであれば、いつまでにどうなっていたいのかという計画をしっかりと立てておきましょう。

そうでないと、ダラダラとしてしまって勉強すること自体をやめてしまいかねません。

無理のない範囲で勉強の進め方やペースを決めておきましょう。

周りの人にも協力してもらう

独学で勉強しようとする場合、どうしてもダラダラと勉強してしまいがちです。

なので、

・他の人に自分の作品をみてもらってフィードバックを受ける

・いつまでにWebサイトを作る

など周りの人に宣言して勉強するようにすると、強制力が働きます。

デザイニャー
デザイニャー
独学では自分を律することが肝心だニャン。

まとまった勉強時間を確保する

独学でWebデザインを学ぶには、まとまった勉強時間を確保しましょう。

少しずつ勉強しようと思っていたら、今日は疲れているから、とか忙しいからと理由付けて後回しにしてしまうことにも繋がります。

朝から早起きをして仕事の前に勉強時間を確保したり、休日にまとまった時間をとって勉強したりするなど、勉強時間をしっかり確保するようにしましょう。

質問や交流できる仲間がいる環境を

独学でWebデザインを勉強するには、交流や質問ができるような環境を確保すると、モチベションが上がります。

デザイニャー
デザイニャー
1人で勉強するよりも、一緒に励まし合いながら勉強できる仲間がいた方が心強いニャン。

自分ではどうしてもわからないことがある場合などに、相談できる仲間がいると、疑問が解決するのも速くなります。

学んだことを実践してみる

Pexelsのpicjumbo.comによる写真

 

独学でWebデザイン学ぶときには、学んだだけで満足せず、実際に制作してみることが大切です。

Webデザインは知識だけ身につけても、できるようにはなりません。

学んだ知識を使って手を動かして実際にWebサイトを作ってみましょう。

テーマを決めて自分でWebサイトを作ってみたり、コンペに参加してみたり、実際に仕事の案件を受けてみたりして、とにかく実践することを意識しましょう。

独学でWebデザインを学ぶ4つのメリット

先生
先生
スクールではなく、独学で学ぶメリットは主に次の4つが挙げられるよ。

・自由に自分の好きなペースで学べる

・自分なりのカリキュラムを立てて学習できる

・費用があまりかからない

・短期間で自分が好きなものが作れるようになる

自由に自分の好きなペースで学べる

独学でWebデザインを学ぶ最大のメリットは、自由に自分の好きなペースで学べることです。

自分がやりたい時に自分の好きなペースで好きなだけ学習を進めていくことができます。

自分で何をどのように学ぶかを考えて、好きな時間に学んでWebデザインのスキルを身につけていくことができます。

自分なりのカリキュラムを立てて学習できる

PexelsのBich Tranによる写真

 

スクールで学ぶ場合は、カリキュラムが決まった中で勉強していきますが、独学で学ぶ場合は、自分でカリキュラムを立てて、スケジュールから学習内容まで自分で自由に決めることができます

費用があまりかからない

独学でWebデザインを学ぶには、費用があまりかかりません

スクールだとどうしても高い学費がかかってしまいますが、独学で学ぶ場合はその費用がかかりません。

短期間で自分が好きなものが作れるようになる

Webデザインをスクールで学ぶ場合は、基礎から体系立てて学んでいくため、一つのオリジナルのWebサイトを作るまでに半年くらいかかってしまいます。

しかし、独学の場合は、2〜3ヶ月間くらいでサイト制作もできるはずです。

また、独学で学ぶ場合は、自分の好きなものを作って良いので、楽しんでスキルを身につけていくことができるのは、学ぶものにとっては大きな魅力です。

学でWebデザインを学ぶデメリット

先生
先生
独学でWebデザインを学ぶデメリットは次の2つだよ。

・モチベーションが保ち難い

・就職や転職活動のサポートが受けられない

モチベーションが保ち難い

独学の場合、自由に学べる反面、モチベーションが保ちづらいというデメリットがあります。

勉強を進めていってわからないことが出てきても、質問する人がいません。

また、作ったWebサイトに対してフィードバックを受けることができにくいので、その作品が良いのか悪いのかを判断することもできません。

このようだと、独学でWebデザインの勉強を進めていくことが辛くなってしまうこともあるかもしれません。

なので、前述しましたが、オンラインなどで一緒に学習を進めていく仲間を作って交流できるようになると良いでしょう。

就職や転職活動のサポートが受けられない

独学でWebデザインを勉強できても、Webデザインスクールのように、就職や転職活動のサポートを受けられないというデメリットもあります。

就職活動をしていくには、自分の実力をアピールするポートフォリオが必要なのですが、独学で学んでいる場合は、ポートフォリオの作り方で悩んでしまうこともあるかもしれません。

良いポートフォリオが作れないことで、就職や転職が不利になってしまう可能性もあります。

独学でWebデザインができるようになるには「良いデザイン」をたくさん見て真似しよう

PexelsのANTONI SHKRABAによる写真

 

独学でWebデザインのスキルを身につけるためには、良いデザインをたくさんみて真似することがおすすめです。

勉強を始めたての内は、どんなデザインが良いというのを言葉で説明するのは難しいでしょう。

どうしてそのデザインが良いと思えるのかを自分なりに考えてみることを癖にすることで、見る目を養うことができ良いデザインを吸収することができます。

良いデザインは、論理的な根拠に基づいて作られています。

デザインの基礎知識を本やインターネットでデザインを学んで、その後にたくさんの良いデザインに触れてみましょう。

また、日常の生活には、デザインがたくさん溢れています。

お気に入りのデザイナーの作品を見たり、ギャラリーサイトを見るのも良いでしょう。

良いデザインをインプットしたら今度はWebデザインのトレースをしてアウトプットの練習です。

インプットとアウトプットを繰り返しながら、自分の引き出しを増やしていきましょう。

どれくらい勉強すればWebデザインのスキルが身に付く?

勉強方法にもよりますが、集中的に勉強すれば3〜4ヶ月くらいでWebデザインの基礎は固めることができます

しかし、独学で勉強する時間が短いと半年から1年以上かかってしまうこともあります。

デザインの基礎を学ぶには、頭で考えることも重要ですが、手を動かしながら体で覚えていくことが大切です。

時間をかけてダラダラと学ぶよりも、たくさん学ぶ時間を確保して、短期間で集中して学ぶことがおすすめです。

【未経験OK】これからWebデザインの仕事をするために必要なスキルこの授業は次のような方に向けて行います。 ・Webデザインの仕事をしたいので必要なスキルを知りたい方 ・未経験からWeb...

Webデザインの仕事を見つけるには

先生
先生
独学でWebデザインを学んで、仕事ができるレベルまでになったら、実践に移してみよう。

Webデザインの仕事を見つけるには次の方法が挙げられます。

・クラウドソーシングでWebデザインの案件を見つけてやってみる

・ポートフォリオを作って就職・転職活動をする

・SNSで仕事を募集する

このような方法でWebデザインの案件を見つけたりするなどの活動をしていきましょう。




Webデザイン初心者がクラウドソーシングで報酬をもらえる方法を解説この授業は次のような方におすすめです。 ・クラウドソーシングのことについて詳しく知りたい ・クラウドソーシングで報酬をも...

独学でWebデザインを学び始めてから独立するまでどれくらいの期間かかる?

PexelsのAndrea Piacquadioによる写真

 

独学でWebデザインを学び始めてから独立できるまでには、

・Webデザインの知識や技術が身につくには半年から1年

・仕事をしていく中でWebデザインの基礎力を高める下積みに2年

・ある程度の実力を持ったWebデザイナーとして活動するのに2年

このように合計4〜5年かかって独立を考えるWebデザイナーもいれば、10年以上働いてから独立するWebデザイナーもいます。

しかし、学習は長さよりも濃度が肝心です。

だらだらと2〜3年かけてなんとか基礎を押さえる人もいれば、集中して3ヶ月くらいで習得できる人もいます。

個人事業主の開業届を出せば、誰でもフリーランスになることができます。

ただ、開業した後にどう働くかが問題です。

独立してから自分が作ったデザインでどんな価値を世の中に届けたいかをよく考えて、レベルアップしてから独立するようにしましょう。

フリーランスWebデザイナーになるための準備と成功に必要なことこの記事は次のような方に向けて書いています。 ・フリーランスとしてWebデザイナーの仕事をしていきたいが本当にやっていけるか不...
【採用される】Webデザインのポートフォリオを作る3つの流れとコツこの授業は次のような方におすすめです。 ・未経験でWebデザインの仕事がしたくて就職や転職をする方 ・ポートフォリオを作...

Webデザインの情報を集める方法は?

ここまで基本的な学習方法についてはお話ししてきましたが、実際にプロのWebデザイナーがどんなことを考え、どんなアウトプットをしているのかを学ぶこともとても大切です。

デザインに関する雑誌を定期的に購読したり、TwitterやInstagram&でデザイナーのアカウントを多数フォローしたりするなどして情報を集めたりすることをおすすめします。

独学が不安ならスクールや職業訓練に通う手も

ここまでこの授業を受けて、自分には独学は難しいかもと感じた場合は、スクールに通って勉強する方法もあります。

スクールではプロのデザイナーの講師から体系的に学ぶことができ、目的別に最適なカリキュラムも用意されています。

もしあまりお金をかけたくないという場合は、職業訓練でWebデザインを学ぶという手もあります。

あなたに合った方法でWebデザインを学びましょう。

まとめ

先生
先生
ここまで次の38個のことについてお話ししてきたよ。

・あなたも独学でWebデザインを学べる

・独学でWebデザインの勉強をするのに向いている人

・独学でWebデザインを学ぶ方法

・本から学ぶ

・無料オンライン講座や学習ツールを利用する

・Progate

・ドットインストール

・Schoo(スクー)

・Udemy

・YouTube

・独学でWebデザインの勉強をするために準備する4つのもの

・メモリがあるパソコン

・PhotoshopとIllustrator

・フォントを準備

・無料のテキストエディタ

・独学でWebデザインをするには本をベースにするのが王道

・独学でWebデザインを学ぶ5つの流れ

・独学でWebデザインを学ぶ6つのポイント

・目標を決める

・計画的に学ぶ

・周りの人にも協力してもらう

・まとまった勉強時間を確保する

・質問や交流できる仲間がいる環境を

・学んだことを実践してみる

・独学でWebデザインを学ぶ4つのメリット

・自由に自分の好きなペースで学べる

・自分なりのカリキュラムを立てて学習できる

・費用があまりかからない

・短期間で自分が好きなものが作れるようになる

・独学でWebデザインを学ぶデメリット

・モチベーションが保ち難い

・就職や転職活動のサポートが受けられない

・独学でWebデザインができるようになるには「良いデザイン」をたくさん見て真似しよう

・どれくらい勉強すればWebデザインのスキルが身に付く?

・Webデザインの仕事を見つけるには

・独学でWebデザインを学び始めてから独立するまでどれくらいの期間かかる?

・Webデザインの情報を集める方法は?

・独学が不安ならスクールや職業訓練に通う手も

先生
先生
Webデザインの勉強には専門的な知識が多いから、何から学んでいいかわからないかもしれない。

しかし、この授業で紹介したように

・Webデザイナーに求められるスキルとレベル感を把握すること

・Webデザインのスキルを身につけるためにはどんな勉強ほうが効果的か

・Webデザインのスキルを身につけるために着実に努力していく

というようなことを実践してくことで、あなたも独学でWebデザイナーになることは十分可能です。

今は本やオンライン講座、そしてブログなどでもWebデザインの勉強に役立つことが多いので、上手に情報収集をしながら独学でWebデザインの勉強を楽しむことも大切です。

ここまで最後まで読んでいただきありがとうございました!

私たちは頑張るあなたを応援しています。