Webデザイン

Webデザインの成果の鍵はライティング|スキルアップする3つの秘訣

この授業は次のような方におすすめです。

・Webデザインに何故ライティングが重要なのかが知りたい方

・Webデザインの成果を上げるためのライティング力を身につけるコツが知りたい方

この授業を受けることによって、Webデザインにどうしてライティング力が必要なのかの理由を知ることができる上に、Webデザインの成果を上げることができるライティングができる秘訣を知ることができますよ。

どうぞ最後までご覧になってください。

Webデザインにはライティング力も必要な理由

先生
先生
意外かもしれないけれど、Webデザイナーと働くためには、ライティングスキルはかなり重要なんだよ。

デザイニャー
デザイニャー
えっ、確かに意外だニャン。その理由を教えてほしいニャン。

先生
先生
Webでユーザーを惹きつけるためには、かっこいいデザインとか可愛いイラストや、アニメーションだけでなくて、魅力的な文章があることも必要だからなんだ。

コピーが良いか悪いかでWebサイトの印象はぜんぜん変わります。あなたが魅力的な文章を読んで、仕事を頼もうと思われるかもしれません。

先生
先生
それを踏まえて、ここでは次の5つのことについてお話ししていくね。

・ライティング力もデザインのうちと考えられている

・UXデザインにおいてデザインそから言語そのものが重要になってきている

・デザイナーが作るマイクロコピーが注目されるようになってきている

・ビジュアルとライティングには共通点がある

・ライティングはAIにはできない仕事

ライティング力もデザインのうちと考えられている

先生
先生
ITなどの企業の仕事では、ライティング能力はデザインスキルに包括されていくと、言われているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
確かに双方向性的なデザインを考えると、モチベーションを高めたり、リアクションを促すような、画面上のデザインを行うことも大切だニャン。

先生
先生
でも、画面上では、ボタンやアイコンが必ずしも多くを閉めているというわけではなくて、文章を使うことでユーザーの行動を促すことだって多いんだ。

UXデザインにおいて重点がデザインから言語そのものが重要になってきている

デザイニャー
デザイニャー
最近ではチャットボットや対話型のインターフェイスが出てくるようになってきて、言葉のやりとりそのものが重要になってきているニャン。

先生
先生
もちろん、そのテキストを取り巻くデザインもシンプルで使い勝手がいいにこしたことはないよ。でも最近、普及してきている最良のデザインを作るには、そういう使い勝手がいいデザインは当たり前になってきていて、やり取りの言語そのもに価値が移動してきているということができるんだ。
WebデザインとUXデザインの違いとは?必要なスキルや資格についてこの授業は次のような方におすすめです。 ・ユーザーに満足してもらえるWebサイトを作りたい ・よくUIとかUXデザインと...

デザイナーが作るマイクロコピーが注目されるようになってきている 

デザイニャー
デザイニャー
ポスターやフライヤーなどの紙に印刷するデザインをする場合には、デザイナーがコピーを考えることも珍しくなかったんだよニャン。

先生
先生
もちろん写真を配置したり、タイトルや見出しのデコレーションも行うんだけれど、どうしたら効果的に見る人に伝えることができるのか、そのコピーを考えることもデザイナーに期待されていたんだ。

デザイニャー
デザイニャー
でも、Webサイトの制作では、デザイナーとライターは役割分担して仕事をしてきたことが長かったんだよニャン。

先生
先生
でも、今ではデザインだけでなくて、デザイナーだからこそ作れるマイクロコピーが注目されるようになってきているんだ。

ビジュアルとライティングには共通点がある

デザイニャー
デザイニャー
デザイナーの仕事をして活躍するには、デザインの原則を知っておくことはとても大事なんだよニャン。

先生
先生
重要な部分ははっきり大きく目立たせて、そうではない部分は控えめでシンプルなデザインをすることで、どれが重要でどれがそうでもないかを決めていくことはとても大切なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そして、情報を伝えるのには、ビジュアルだけでなくて、ライティングにも同じことが言えるんだよニャン。

先生
先生
ビジュアルと同じように、重要なことは大見出しにして大きく描いて、本文は読みやすいように、そして写真の下にあるキャプションは小さく控えめで、短くはっきりした言葉にして伝えていくんだ。

ライティングのスキルを極めることは、まず一番何を伝えたいことを決めてから、そのために不要な情報を削ぎ落とす練習にもなります。

先生
先生
コミュニケーションやUXを向上させるということにおいて、ビジュアルライティングには共通点があることが改めて認識され始めていて、スキルアップのためにもたくさんのデザイナーがライティングスキルを学び始めているんだ。

ライティングはAIにはできない仕事

先生
先生
世界はどんどん変化してきていて、人間がする仕事はAIに取られていくことが多くなることが予想されているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
Webデザインでも、ヘッダーやフッターをどこに配置するのかを決めたり、ソーシャルメディアのボタンの画像を作るだけのデザイナーは、希少価値がなくなってきているみたいだニャン。

先生
先生
AIや機械学習といった技術があらゆるところで取り入れられていて、ライティングの仕事も一部の仕事は機械がやっているところも出てきているんだ。

デザイニャー
デザイニャー
簡単な会話での対応や自動翻訳、チャットボットの返答などがその一例だニャン。

先生
先生
そういう部分もありはするんだけれど。やっぱり人間によって書かれた文章は、私たちの生活にはなくてはならないものなんだ。

デザイニャー
デザイニャー
つまり、ライティングはAIにはできない仕事ということだニャン。

デザイナーというのは、デザインやライティングも含めて、人間にしかできない創作活動を行う役目として期待されていて、専門分野の枠を超えてたクリエイティブな表現をすることができる人材が求められています。

Webデザインに必要なライティングスキル3つ

先生
先生
Webデザインに必要なライティングの種類は大きく分けて次の3つが挙げられるよ。

・商品やサービスを販売するためのコピーライティング

・Web上の情報を伝えるためのWebライティング

・ユーザー体験をサポートするUXライティング

商品やサービスを販売するためのコピーライティング

デザイニャー
デザイニャー
商品やサービスを買ってもらうには、言葉によってお客さんに興味を持ってもらって購入してもらうように行動を促さないといけないニャン。

先生
先生
短文でリズム感をつけてキャッチーなコピーライティングにすることが大切で、WebサイトのTOPページやLPのキービジュアルを作る時にそのスキルが必要になるんだ。

デザイニャー
デザイニャー
いらない要素を削ぎ落として簡潔な表現にして、お客さんの心を作ることが大切なんだけれど、これは難易度が高いから、練習や経験を重ねていく必要があるんだニャン。

Web上の情報を伝えるためのWebライティング

デザイニャー
デザイニャー
Webライティングというのは、パソコンやスマホ、タブレットで読まれる文章のことだニャン。

先生
先生
デバイスの大きさもいろいろあるけれど、どれで見ても読みやすいように、文章の長さや改行の位置を調整することが必要なんだ。

デザイニャー
デザイニャー
そして、難しい言葉を使わずに、結論から先に書くなどのテクニックも必要だニャン。

先生
先生
Webライティングに慣れてきたら、SEOを意識してコンテンツを作れるようになるとさらに良いよ。

ユーザー体験をサポートするUXライティング

デザイニャー
デザイニャー
UXというのは、「ユーザー体験」ということを意味していて、画像やイラストだけではWebサイトを訪れているユーザーが求めている体験をしてもらうことができないんだニャン。

・Webサイトの導線

・Webサイトの利用方法

・そのWebデザインで何ができるのか

といったように、ユーザー体験をサポートするためには伝えないといけないことは、たくさんあって、それには、言葉が必ず必要です。

先生
先生
ユーザーが直感的に理解できるように、Webサイトやユーザーのタイプに応じていちばん適切な言葉の表現を選んで書くことが、 Webデザイナーには求められているんだ。

ライティング力を向上させるための3つの秘訣

デザイニャー
デザイニャー
Webデザイナーがライティングスキルを伸ばしていくにはどうしたら良いのかニャン。

先生
先生
ここでは、次の3つの秘訣についてお話ししていくね。

・基本的なことは本で学ぶ

・基本のライティング力を身につけたら実践に移す

・ある程度記事が増えてきたらサイト分析をしてみる

基本的なことは本で学ぶ

先生
先生
まず最低限のライティングテクニックを身につけるには、まず本を読んで学んでいこう。

デザイニャー
デザイニャー
本を読んで基本的なことを身につけてから実践に移すと良いんだニャン。

Webライティング、コピーライティング、UXライティングはどれも欠かせないものなので、、その概念を一通り理解しておきましょう。その中で一番自分の仕事に関係のあるものや伸ばしたいものを選ぶようにするのがおすすめです。

先生
先生
Webライティングについて学ぶには、次の3冊の本がおすすめだよ。

一生使える Webライティングの教室

 

 

基本のライティング力を身につけたら実践に移す

先生
先生
本を読んで基本的なライティングのコツやテクニックを身につけたら、実際に書いてみよう。ライティング力を身につける練習でおすすめなのは、ブログを作って書いてみることだよ。

ブログのテーマを自分で決めて、記事を毎日投稿してみましょう。そこでは、本で得た知識を使いながら書くことが重要です。最初は慣れなくても書き続けているうちに、どんどん言語化するのが上手になっていきます。

先生
先生
ブログのタイトルや見出しは、キャッチコピーを、ブログ内のナビゲーションは、UXライティングを意識して書いてみよう。その時大切なのは、自分のブログに訪れるユーザーが知りたいことは何かということを、ユーザー目線になって考えてみることだよ。

ある程度記事が増えてきたらサイト分析をしてみる

デザイニャー
デザイニャー
どんどん記事を書き続けていけば、そこに訪れるユーザーの動向を分析することで、自分のライティングスキルがどれくらい向上しているのかがわかるようになるニャン。

先生
先生
とにかく最初は書き続けていって、記事が100件になってからサイト分析をしてみると良いよ。

アクセスが伸びているか、ユーザーが滞在している時間はどれくらいなのかを分析することで、手応えのある文章をかけているかどうかを測ることができます。

先生
先生
サイト分析はWebマーケティングでもとても大切なスキルなので、ぜひやってみてほしいな。

まとめ

先生
先生
この授業では次のようなことについてお話ししてきたよ。

・Webデザインにはライティング力も必要な5つの理由

・ライティング力もデザインのうちと考えられている

・UXデザインにおいて重点がデザインから言語そのものが重要になってきている

・デザイナーが作るマイクロコピーが注目されるようになってきている 

・ビジュアルとライティングには共通点がある

・ライティングはAIにはできない仕事

・Webデザインに必要なライティングスキル3つ

・商品やサービスを販売するためのコピーライティング

・Web上の情報を伝えるためのWebライティング

・ユーザー体験をサポートするUXライティング

・ライティング力を向上させるための3つの秘訣

・基本的なことは本で学ぶ

一生使える Webライティングの教室

・SEOに強い Webライティング 売れる書き方の成功法則64

・世界一やさしい Webライティングの教科書 1年生

・基本のライティング力を身につけたら実践に移す

・ある程度記事が増えてきたらサイト分析をしてみる

私たちは頑張るあなたを応援しています。